味岡氏が広めようとしている「コンテンツデザインマスター講座」

河上純二氏(以下、河上):まぁちょっと宴もたけなわだけどね。もう後半戦になってきたからさ、締めのトークをしていきたいと思うんだけど、未来の話をしていこうかなと思うんだけど。

こういう新しい取り組みも始まって、近々の話からいくと、今年来年ぐらいのところで、このプロジェクトの話でもいいけど、なにか2人にとって話せるトピックス、なにかこういうことをやろう・やりたい・やるつもり・やることが決まっています含めてね、なにかあればそれぞれ聞いてみたいんだけれど。倫歩のほうからいってみようか。味岡さんだ。ごめん。

味岡倫歩氏(以下、味岡):大丈夫です(笑)。

松永エリック・匡史氏(以下、松永):ずっと味岡って言ってなかったよ。

河上:味岡さん。

松永:ぜんぜん言ってなかった。味山さんだっけ?

河上:違う違う。味川さん。

磯村尚美氏(以下、磯村):(笑)。

河上:味岡さん。

味岡:私、さっきもちらっと話したんですけど、「コンテンツデザインマスター講座」。コンテンツデザインって何かというと、これまで、PRはPRで考えていることがあって、マーケティングはマーケティングで考えていることがあって、広報活動は広報活動で考えていることがあって、それぞれ違うことを発信してたりとかしてて。

それがもう今は情報が透明になってきていて、それぞれの情報に当たっている人が別の情報も見ることによって、「あれ、この会社、こっちではこういうことを言ってたのに」みたいなことを、一気通貫でデザインしましょうという。それをコンテンツデザインという考え方で名づけたんですね。その講座を広めていきたいなと思っていて。

「広報」という職をちょっとかっこよく

今までは私これまで個社でコンサルに入って、それぞれの会社さんに今必要なものを一緒につくりあげていたんですけど、それをもうちょっと、すごい少人数なんですけど、少人数で集まって、そこの場があることでもっとパワフルにしていきたいなっていうのが、めちゃくちゃ直近の話ですね。

河上:なるほど。じゃあそれを広めていくことが一番大事、今はね。

味岡:そうですね。そのいい場所をつくりたい。私は広報担当者向けにずっといろいろサポートしていきたいと思っているので、そこがあることで安心して自分のキャリアを相談できたりとか、こっちでこういう問題があったら、自分のところでこういうことがあってと言って、ここで課題解決できていったりとか。それで広報という職業がもうちょっとかっこいいものになっていったらいいなと思っています。

人の愛と熱量で、日本のバスケットボールを盛り上げていく

河上:なるほどね。OK。じゃあエリック。

松永:僕はね、やっぱり実践的にこれをやりたいと思ってると。1つは本当に思いがあって愛がある世界に出ていきたい人をサポートしたいと思ってるということで、今「フレンズ東京Z」という(バスケットボールの)Bリーグの山野さんというオーナーさんがいて、彼と一緒に僕はそれを全身全霊で助けていって、あのチームを世界に出していく1つ支えてになっていきたいなと思ってる。

もちろん契約とかの話で「どこまでできるんですか?」という話はあると思うんですけど。実は今回、次回かな、僕『Forbes』のOFFICIAL COLUMNISTってやってるんですけど、『Forbes』の中でも次回、彼がやっていることがちゃんとメディアに(出て)僕がインタビューしたやつが出るので。

それも読んでいただけると、たぶん今まで僕が言ってたところと、なぜ僕が山野さんに固執しているのかと(いうのもわかります)。別にそんな僕、バスケが好きなわけじゃないんだけど、でもそれもたぶん理由がわかると思うし。

僕はやっぱりやりたいことの僕の一番はやっぱり人の愛と熱量なんですよ。やっぱり「この人と一緒にやりたい」ということ僕はベースに全部生きていこうと思っているので、今年の僕のメインテーマはバスケットボール。

河上:バスケットボール?(笑)。

ビジネスモデルを語るより、熱量を語ってほしい

松永:バスケットボール。だから、もうBいきますよ。そこに例えばテクノロジーで言えばVRだったりとかe-Sportsだったりとかっていう、いろんな自分がやってきた今までのチャンネル。

そういうところで実は、もしかしたらご覧になっていただいているスタートアップの方もどんどん連絡してほしいんですよ。こんなおもしろいのがあるよと言ったら、もうどんどん僕は紹介したいし、自分も勉強していきたいので、もうとにかく熱量がある人。サービスができてなくてもぜんぜんいい。別にこんなサービスで、ビジネスモデルが……」とか、俺そういうの大嫌いなので。

じゃなくて、「なんかわからないんですけど、こんなものあるんですけれども、俺これ大好きなんですよ!」って言ってきたら、僕いくらでも話聞くので、そういうのはもうどんどん来てほしい。熱量のある人に来てほしい。それが僕の今年のやりたいことです。

磯村:いいですね(笑)。

河上:ちょっとエリックがいい人で終わりそうだけど。

(一同笑)

磯村:私、いい人だと思ったんだけど。

松永:いい人です、俺。

磯村:いい人です。悪い人なの?

河上:いや、悪くないよ。ナイスガイだよ。

松永:ナイスガイです。

松永氏と味岡氏が考える10年後の未来

河上:どうしよう。俺ね、10年後のありたき姿まで聞こうかなと思ってたけど、今いい話だったらもうこのへんで終わる?

味岡・松永:(笑)。

河上:どっちがいいかね。適当になってくる。

磯村:ここで止めたらなんかおかしくなっちゃうから、もうちょっと盛り上げたほうがよくない?

河上:そっか、じゃあ10年後の姿も聞いていこうかな。最後のさ。どう?

味岡:わからないです。

河上:わからない?

味岡:はい。

河上:どうなってるかもわからない?

味岡:まったくわからなくて。

河上:これいろいろ出るんだよ、味が。

味岡:私、むしろわからなくしていたいです。

河上:もうどうなるかわからないぐらいいつも変動的な状態で、10年後もありたい?

味岡:そうですね。私、2年ごとに変わっていくと決めているので、ぜんぜん想像つかない。

磯村:まだ若いもんね。

味岡:いやいや(笑)。

(一同笑)

松永:誰も何もコメントしない(笑)。

河上:エリックはどう?