竹中氏が囚人たちを熱狂させた一言

福嶋聡氏(以下、福嶋):それをやるようになったきっかけは何なんですか?

竹中功氏(以下、竹中):吉本興業の会社の仕事で呼ばれたんがきっかけです。慰問ですね。フォーク歌手や落語家さんの慰問があるじゃないですか。僕が60分、芸人が30分という時間の割り当てでやっていました。

あるとき、お笑いタレントを連れて行って。若手漫才師は持ち時間が30分ぐらいあるくせに、10分で帰ってきたんです。「なにしてんねん。お前」と。お客さんにしたら年に一回の楽しみですからね。吉本興業の芸人でいうたら、「もらった時間を全うしなさい」と言ってんのに10分で帰って来て、「今日無理ですわ」と。「無理ですわって、お前が言うなボケ」言うて。

だから20分早く終わったから、僕の60分の予定が80分せなあかん。何も考えてへんのに。歌うわけでも踊るわけでもないのにね。その日は「何で若い人たちは芸人を目指すのか? 売れる芸人と売れない芸人の差は何だ?」とか1時間しゃべったんですよ。

そして、最後に20分残った。実は情報を得ていたんですよ。そこの刑務所ケンカが多かったんですね。泥棒とかヤクザとかばっかりだったんで。こんなこと言うてええんですかね。

(会場笑)

泥棒やヤクザとか、小さい犯罪者は刑務所内でケンカが多いのですよ。そう聞いてたから、「ここでケンカして、何か得しましたか? 褒められたとこありますか?」って。何もないんですよ。「勝っても負けてもええことないでしょ。男っていうのはこんなとこでしょうもないことせんと、世の中に出たときに、同性の男から惚れられたり、崇められたり、尊敬されたり、なんでも相談される。そんな男を目指してください。こんなとこのしょうもないケンカなんかして、勝った負けたはありません。男は漢字の『漢』一文字で「おとこ」って言うんです」みたいなどっかで読んだこと、そのまま言うたんですね。

(会場笑)

そしたらみんな、「オーーー!!!!」と声は出せないので、心の中で叫んで。

(会場笑)

そこから一年間、そこの刑務所でケンカがなくなったそうです。僕の考え方も損得ですよね。ここで勝ってもなんも得せえへんやん。ほんまに得すんのは、義理人情でやんのやったら、それで男になれですよ。

僕は「あんたたちヤクザやめなさい」って言うほどの力はないですから、「好きに生きていけ」ですけども。「男なら『漢』というおとこになりなさい」って言ったことが評判がよかったんで、今行ってる山形刑務所で出所者専門の釈放前の先生で呼ばれることに繋がりました。

「人殺しに合うのは、毎回僕のネタですよね」

竹中:交通費と泊まり代と弁当代が出ないんですよ。去年の4月から弁当代500円払うんですよ。予算がなくなったって、法務省どないしてくれるってね。

(会場笑)

刑務官に言うたんですよ。「法務省の問題が俺知らんけ、どこの教育課の1人が100円出したら、5人で俺の弁当代になるやないかい」って言ったらみんな、シーンとなって。「そんなこと大きい声で言わんといてください。一応みんな公務員ですから」「公務員でも100円くらい出せや。部長にも、部長も1人500円は出しや」言うて。俺は金のこと言うてんのとちゃうで。まあ言うてるんですけどね。

(会場笑)

嫌じゃないですか。500円の弁当を急に払わされるんですよ。おかずが選べないんですよ。刑務所で「ほっともっと」みたいなところに、明日は500円の弁当3つとか20個とか、そんな注文するらしいんで「もうちょっとお金払うから、おいしいの食べたい」言うて、「すいません。みんな一緒のですねん」と言われると。

ほんで交通費も出えへんし、ホテル代も出えへんでしょ。そしたら、一時間何円って時給は出るようになったんです。国立の大学の先生が講師で行ったときにくれるような、はした金あるでしょ、あれはした金ですよ。

それでやっと、東京の事務所から、トントンで行けへんぐらいですね、でも人殺しに会うのは、毎回僕のネタですよね。いろんな人に会えるっていうのは、自分にとってプラスなんで続けてますね。

6万人に2400億円の税金を使っている

福嶋:ありがとうございました。僕らの全然知らない世界なんで、どういう感じなのかなっていうのは気になっていました。それと実際、刑法の議論があるときに、一番問題なのは再犯率ですので、それがほぼゼロというのはすごいなと思います。

竹中:すごいことですよね。だいたい年間で1人400万円くらい税金から彼らに経費がかかっている。女子刑務所もありますんで、6万人おるんで2400億円ぐらい、みなさんの税金を使ってるんですね。

たまに病気とかしはって、脳血栓や脳腫瘍で大きい病院行って頭蓋骨開きますやん。切って開いて治して閉めて、ハイ3ヵ月経って連れて帰って来ましたって言って、800万円くらいの請求書が来るんですね。

残念ながらあの人らは保険に入ってないんですね。「そんな高いんですか?」「そりゃ保険きけへんかったら800万円ですよ。どうしますの?」「それまた回してハンコついてもろたら、みなさん税金で負担してますねん」言うて。僕ら、彼らの高額医療費を払ろてるんですよ。

でも世間では、ばあちゃんの高額医療費も払われへんくて亡くなるんですけど、刑務所ではみんな生きてるんですよ。部屋も一番ええ部屋なんです。民間の人、みんな一緒の4人部屋とか嫌でしょ。手錠つけた人がいる部屋、三方向くらい窓があってユニットバス付のえらいええ1人部屋に手錠して寝かしてます。

矛盾ですけども、病気を責めてもね。人殺しやから病気で死んでええっちゅうわけじゃないと思うんで。ただ手厚いいうのもちょっとどうかと思う。それ、頭切るの半分にしとけちゅうにいかんでしょうからね。古い注射を打っとけというのもいかんでしょうからね。これは難しいんですね。

再犯防止を目的に 日本の刑務所は矯正施設としてまだ弱い

竹中:でもさっき言うたみたいに、再犯を犯さずに社会でしっかり生きていってもらうことが目的であれば、2400億円が減るわけですよ。その前に高い戦闘機を買うのやめや言うてね。この前墜落した飛行機も高いでしょ。2400億円くらいすぐやんね。

でも再犯っていうのは大事ですよね。日本はまだまだ矯正施設としての機能が弱くて。これはお金の問題なんです。ヨーロッパでめちゃくちゃ再犯率が減ったところっていうのは、向き合うスタッフたちがマンツーマンなんですね。

泥棒するやつだから、泥棒したらあかんでって先生が付くんですね。強姦魔には強姦したらあかんでって先生が付く。そうやって犯罪者に対応した教育をせなあかんけど、日本はここにまとまって20人とか30人みたいなことなっている。

個人対応がしきれてないんで、最後の最後は再犯してしまうらしいですね。プログラム作りはヨーロッパのほうが上手ですよね。

200年に一度の災害でも「想定すること」が大切

福嶋:さっき竹中さんが、あとでこの話をしたいとおっしゃっていた、「想定すること」についておうかがいできますか?

竹中:想定の話、しましたよね。謝罪の件でもそうなんですけども、謝罪のリスクマネージメントのなかで大事なことは、会社や団体、ご家族でもそうなんですけども、起こるべくする事故を想定するということなんですね。

言いたかったひとつが、去年一昨年とわりと大きな災害事故があったときに、テレビでは200年に一度のことやから、予想もつきませんでしたわと言うてね。

別に笑ろてへんですよ。でも気象庁が発表するんですけども、200年に一度のことやから想定できなかったと言うてるけども、じゃあそのときに鉄砲水に子どもさんと奥さんが流されて死んでても、200年に一度だから仕方ないないなみたいな言い方できますか? と思ったんですね。

200年に一度の災難であっても、それを想定するのが想定やと思うんです。そういう意味でいうと、僕は最近いろんなとこでやっていて。(企業に対して)リスクの想定として、リスクを書き出してもらうんですね。1人50個ぐらい書く。

朝寝坊と言う人もおりますよ。SNS炎上もありますよ。会社によったら工場爆発もあるし、異物混入とかもありますし、いろんなケースがあるんです。それを全部書いてみませんか? っていうのが今のやっている想定なんですね。

想定できなかったってことは、知恵を出してないだけであって、ぜひともあらゆることを想定してほしい。今日いらっしゃっている友人と一緒にさせてもらったときは、ぜんぜん職種が違う方が20人参加しました。