今明かされる、みらいワークスの誕生秘話

岡本祥治氏(以下、岡本):みなさん、おはようございます。

参加者一同:おはようございます。

岡本:株式会社みらいワークスの岡本です。今日は「『経営理念』×『ビジネスモデル』=『日本を元気に』」ということで、みらいワークスの生い立ち等について話をさせていただきたいと思います。

今日はログミーさんの取材が入っているということで、朝慌てて「あ、これ話せない」と思って資料を変えたんですけど(笑)。さっき途中でこれ(カットのジェスチャー)もできると聞いたので、全部話すことにしました。資料も元に戻しました。

ということで、いろいろと綺麗事じゃないようなことが今まであったので、そこも含めて話をさせていただきたいと思います。

今日のアジェンダは大きくこの3つとなっていますので、よろしくお願いします。まず最初は自己紹介と会社紹介となります。

先ほど経歴もご紹介いただきました通り、私自身は2000年に慶應(義塾大学)を出て、アクセンチュアに入社して、5年ほどコンサルタントとして経験を積みました。最初の3年はITコンサルタントとして、残りの2年は戦略のコンサルタントとして経験を積んでいます。

その後、上場していたベンチャー企業に転職して、そこで2年ほど経営企画室の責任者として働き、その後2007年に起業しました。最初は1人会社の社長としてフリーランスで4年半活動して、その後アクセンチュアの後輩と一緒にみらいワークスを立ち上げました。

現在のビジネスモデル

みらいワークスがやっているビジネスモデルは、プロの登録者の方々の“みらい”の働き方をサポートしている人材サービス会社。これが1つ目の側面です。

もう1つの側面は、経営課題を抱えている大企業を中心としたクライアント企業の経営課題を、プロの人材と一緒に解決する。そんなコンサルティング会社でもあります。みらいワークスはコンサル会社でもあり、人材会社でもある会社です。

実際にやっている内容は、お客様から業務委託で仕事を受託して、さらに業務委託で登録のフリーランスのプロ人材に仕事を再発注する。これが基本的なビジネスモデルです。現在登録いただいているプロの方は9,000名を超えており、あらゆる業界の大企業に勤めていた方が中心となっており、平均年齢は約45歳です。

一人ひとりがプロ人材、依頼には「なんでもできますよ」

このプロの方々にお支払いする月額報酬は、平均でも月100万円を超えています。フリーランスのマッチングサービスをやっている企業というのは、クラウドソーシングが一番有名だと思いますが、他にも世の中にはたくさんあります。

クラウドソーシングだと、月額報酬が4万円ぐらいのようですが、我々は月に100万円以上稼ぐようなフリーランスのプロ人材のためのプラットフォームを作っています。

これだけ高額の報酬を得ているフリーランスのプラットフォームをやっている会社は、他ではなかなかないので、ここが我々の特長であり、強みとなっています。

大企業を中心にさまざまな経験を積んできている方が9,000名いますので、基本的にはクライアント企業から受ける仕事は、企画、専門、マネジメント領域のオフィスワークであれば、だいたいなんでもできるというのが弊社の強みになっています。

約9,000名のビジネスパーソンの転職支援も

また、この9,000名の登録フリーランスや起業家の方々の再就職の支援もやっています。独立、起業した方は、片道切符みたいな印象があって、一度そちらに行くと戻って来ない。基本的には、またサラリーマンに戻ることってない印象ですが、実はそんなことはなくて。

一度起業したり、フリーランスになったりしても、またサラリーマンに戻ったり、起業したり、そんな人生観を持つ方がけっこう増えてきています。世の中の一般的な人材会社は、1度独立・起業した方はなかなか扱ってくれない風潮がありますが、それを我々が解決しています。あとは会社から会社への一般的な転職支援サービスも展開しています。

今までは、大企業向けを中心にサービスを提供して上場したきましたが、最近は成長ベンチャー向けにも同じように人材サービスを展開しはじめました。プロのフリーランスの業務委託で提供することと、即戦力の正社員の採用をする2つのソリューションを展開しています。

自身の経験にもとづいたフリーランスの活用

しかし、月100万円以上稼ぐようなフリーランスを、ベンチャー企業が使うにはちょっと高すぎると正直思いますので、我々は、外部の専門家のように、週1回や月2回等、短期間だけサポートするような人材を、25万円から40万円で提供するようにしています。

20代の若手社員を採用するのと同じくらいのコストで、プロ人材を活用することができれば、ベンチャー企業の成長を支えることになると思っています。実際ベンチャー企業は、採用に苦労するところもけっこう多かったりするので、そんなサービスを展開しています。

正直にいうと、我々自身も上場プロセスの中でフリーランスの方にすごく手伝ってもらいました。今もオフィスに来ている方の4分の1から3分の1くらいの方は、フリーランス契約で仕事を手伝っていただいています。あとは正社員で働いていた方がフリーランスになって、そのまま手伝ってくれるパターンもあります。

我々がこのビジネスモデルをやっている以上は、フリーランス活用をいろんなベンチャーさんにも展開していきたいなという想いも持っております。