アドラー心理学を実践する方法

江川:先ほどアドラー心理学の考え方の5本柱ということで教えていただきました。それこそアドラー心理学に今日初めて触れたような方は、覚えるというよりも「こういう考え方なんだな」と理解するのが大事ですかね。

永藤:そうです、そうです。小難しいことは何もいらないです。ここからお話をしていくのが、「実践につなげるアドラー心理学」なんですね。それは理論云々ではなくて、じゃあ、どういう心の持ちようでいれば、「幸せか」とか「楽か」っていうところ(になれるか)だと思うんですね。

私自身も理論が云々というので心惹かれたわけではなくて。そんなことを言っちゃいけないんですけれども(笑)。自分の実践で活かすやり方が「こういうことですよ」というのを教えてもらって、それをやったときに「ああ、こんなに楽なものだったんだ」と。それこそ先ほどの『嫌われる勇気』の主人公のように、私が今まで「こうあらねばならない!」と思っていたものがですね。

江川:はい、「青年」。

永藤:「こうじゃなきゃ」「ああじゃなきゃ」と思っていたんですが、「いや、そんなことないんだよ。だってこういうふうに考えたほうがいいでしょ」というところに一番心惹かれて。これをみんなに伝えたいなって思ったところなんですね。ですので、その実践の部分をみなさんに、ちょっとだけでも今日お伝えできればいいなと思っています。

尊敬から出ている、「勇気」と「共感」

江川:はい。では基本的な考え方を学んだところで、どうやって実践するのか? というのを教えていただきたいと思います。

永藤:はい。先ほども出ましたように、勇気というのは「困難を克服する活力」であり、勇気づけというのは「困難を克服する活力を与えること」なんですね。その勇気づけのためのキーワードとして出てくるのが……。

まず、「尊敬」から車輪の両輪みたいに「共感」と「勇気」が出ています。この尊敬って、私たち日本人にとって……「崇め奉る」みたいなイメージがあるんですけども。

江川:(笑)。

永藤:そうじゃなくて、カタカナの「リスペクト」にすると、ちょっと印象が違ってくると思うんですよね。

江川:そうですね、はい。

永藤:年齢が上とか下とか、偉いとか偉くないとか、そんなことは関係なく。「この人がいてくれてうれしいな」とか、「この人がいてくれてありがとう」という気持ちを、相手に持つのが尊敬です。なので年上とか年下とかはまったく関係なく、その共同体にいる人に対して、まず尊敬・リスペクトの気持ちを持つということと、そこから車輪の両輪のように共感と勇気が出ているんです。

まずは自分を勇気づけること

共感というのは「相手の関心に関心を持つこと」。「この人はどんなことが好きなんだろう」「どんなことに興味を持っているんだろう」というのを、その人の目線に立って、相手の目で見て、相手の耳で聞き、相手の心で感じる、という言い方もします。それが共感の気持ちです。

そして勇気というのが、今出てきた「困難を克服する活力」。これを持ち合わせながら人と接していくと、何が生まれてくるかというと、信頼関係が生まれてくるんですよね。これが勇気づけのためにすごく必要なキーワードです。

それで、まずは何よりも先に、自分自身を勇気づけていただきたいんですね。他の人がどうこうではなく。なんでこんなことを言うのかというと、やっぱり自分自身の勇気がくじかれちゃっている人は、他者を勇気づけることってむずかしいんですよね。

泳ぎ方を知らない人が、溺れている人を助けることはできないので。まずは自分自身を大切にしていただきたいな、というところがあります。じゃあ、自分自身をどうやって勇気づけたらいいのか? ここからは実践的なところに入っていきます。

自分を勇気づける「オセロゲームの生活」

自分自身の勇気づけを「自己勇気づけ」と言います。それにはまず勇気づける生活を送っていただくこと。勇気づける人と接していただくこと、それから言葉、イメージ、行動を勇気づけで満たすこと、そして勇気づけを実践していくこと。この4つになります。これを一つずつ見ていきたいと思います。

江川:はい、ではひとつずつ詳しく見ていきます。

永藤:ではまず「勇気づける生活」からです。

「オセロゲームの生活」というのがあるんですね。オセロってご存知ですよね?

江川:はい。あの角取ると勝つやつですよね(笑)。

永藤:そうです(笑)。黒と黒で真ん中の白をはさむと、一列全部が黒になる。

江川:あっ、そうです。ちょっと違うこと言っちゃったかな(笑)。

永藤:大丈夫ですよ。角を取るのも大事(笑)。

江川:はい、すみません(笑)。

永藤:(スライドを指して)この黒の列の人は何かというと、最初と最後が黒じゃないですか。この最初と最後って何かというと、朝起きた時と夜寝る時の話なんですね。

江川:はい。

永藤:朝起きた時って「あぁ……仕事行きたくないなぁ」みたいな、どんよりした気持ちで、自分で黒い石をポコッと置いてしまう。

昼間って共同体の中で生きていて、人と接するので、自分の機嫌って自分一人だけで決められるんじゃなくて、いろんな出来事で決まっていくと思うんですね。

そして夜になって、「あーあ……今日一日なんかろくでもない一日だったなぁ。最悪……」などと思いながら寝ると、黒と黒で挟んでしまう。そこで「ひと言でいうと、今日はどんな1日でした?」というと、「パッとしない1日でした」になってしまうんですね。

“あえて”白い石を置いてみることの大切さ

これ朝と夜がなぜ大事かというと、この状態のときって自分だけで自分の機嫌を決められるんですね。で反対の白の人。なんか「ピカー!」みたいな顔をしてますけど。

江川:こちらの方(画像左)。

永藤:そうですね。まぁ眠いのなんて誰だって一緒ですけど、朝一に「よし、今日もがんばろう!」って、自分であえて白い石をぺかっと置く。そして日中は、いろんなことがあると思います。クレームを言われて謝りに行かなきゃいけないことだってあるかもしれないし、つらいことだってあるかもしれないけれども、夜寝るときに「いろいろ大変だったけど、今日、私・俺はがんばった。今日も一日良しとしよう」と言って白い石を置く。

自分の機嫌を白の石にしてぺこっと置くと、「あなたの1日どうでした?」って聞かれた時に、「いろいろあったけど、なんとかいい1日にしました」って言えるんですよね。

これ一日だけのことだったらまだしも、1週間、1ヶ月、3ヶ月、1年、10年となるとね……。それを決めていくのは、この「オセロゲームで挟んだ1日」というのを基準にしていただきたいなと思います。この朝と夜というのは、自分で決められることなので。ぜひみなさん、今日の夜寝るときから、白い石を置いていただきたいなと思います。

江川:はい。まず「自分を勇気づける生活」をオセロゲームに例えて教えていただきました。