刊行からで2ヶ月で1万部を突破した『科学史ひらめき図鑑』

佐藤優子氏(以下、佐藤):みなさん、こんにちは。札幌にあるスペースタイムという会社が制作した『科学史ひらめき図鑑』という本が、2019年1月16日に発売になりまして、これがすごく売れているんです。なんと1万部を突破する勢いで、もう3刷りに入っています。

これは科学史の本の業界ではとっても珍しいことです。出版しているのはナツメ社さんという東京の出版社なのですが、その本が札幌でつくられていることを知らなかった方も多いと思います。今日はこちらに制作者のお2人もいらっしゃいますので、その制作の秘密やこだわりについてうかがってまいりたいと思います。

私は司会の佐藤優子と申します。みなさまと1時間30分、一緒に進めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

(会場拍手)

それでは、さっそくトークに入っていきたいと思います。制作者のお2人をご紹介します。

まずは著者の楢木さんです。

楢木佑佳氏(以下、楢木):こんにちは。株式会社スペースタイムの楢木佑佳と申します。

いま司会の佐藤優子さんからご紹介いただきましたけれども、札幌にあるサイエンスコミュニケーションをしている会社、スペースタイムで働いています。主にイラストを描いたりデザインをしたり、企画を考えたりすることを担当しています。今回の本『科学史ひらめき図鑑』の著者の1人として、今日は代表してお話しさせていただきます。よろしくお願いします。

(会場拍手)

佐藤:杉山先生、お願いします。

杉山滋郎氏(以下、杉山):杉山と申します。北海道大学で教員をやっておりました。

定年で辞めてから、5年ほどになります。毎日が日曜日という、暇な生活を送っています。それでこういう仕事に誘われました。断るすべもなく(笑)、監修という仕事をやることになりました。

本を貫くテーマは「ひらめき」

佐藤:杉山先生はスペースタイムさんとはどういうご縁で?

杉山:2005年に北海道大学で、科学技術コミュニケーションの教育をするCoSTEP(コーステップ)という組織を、僕を含めて何人かでつくりました。スペースタイムを立ち上げた社長の中村(景子)さんは、そこの第1期卒業生です。中村さんは今から10年前にスペースタイムを個人事業から株式会社にされ、今年で10周年になります。

佐藤:このトークイベントもその10周年イベントの流れの1つでして、あとでご紹介しますが、まだまだ10周年のイベントをご用意しています。

それでは、本の中身に触れていきましょうか。この『科学史ひらめき図鑑』ですが、2019年の1月16日に初版が出ました。これがAmazonであっという間に火がついて、翌月2月10日にはAmazonの科学史・科学者部門でいきなりトップに躍り出ました。

科学史ひらめき図鑑 世界を変えた科学者70人のブレイクスルー

これは大変すごいことで、誰かインフルエンサーに宣伝をお願いしたり、テレビやSNSで情報をばら撒いたわけではないのにいきなりこの数字が出たという、非常にスタートダッシュのいい本でした。なぜそうなったのかを、これからご説明していきたいと思います。

杉山先生は科学がご専門ですので、科学史のバリバリの専門書を出したこともおありになります。この本の中で一番おもしろいところは、本のタイトルの真ん中の「ひらめき」ですよね。「この本はただの科学史の図鑑じゃないんだ。ひらめきなんだ!」というところで、いろいろなエピソードをまとめています。

具体的に見ていきましょう。この「科学者に学ぶ『ひらめく力』」。「ひらめき」という言葉が、この本を貫いている大きなキーワードです。

看護師ではなく、科学者としてのナイチンゲール

佐藤:この本には70人の科学者が登場しますが、ナイチンゲールは「唯一の女性科学者」ということで登場しています。

ナイチンゲールといえば白衣の天使として有名ですけれども、いきなりキャッチコピーがおもしろい。「データのビジュアル化で説得力を上げる」。データ、ビジュアルという言葉は白衣の天使と結びつかないんじゃないかというイメージもあったのですが、それはどういうことか。

まず、ナイチンゲールがいた1850年代当時の状況は、統計学が世の中に出た時代でした。ケトレーは統計学の権威として、データを集めて何かを導き出すという「統計学」をつくっています。

ナイチンゲールは1854年のクリミア戦争に、看護団を率いて、傷ついた兵士たちを助けに行きます。当時は病院自体が非常に不衛生で、弾に当たったり刺されたりといった外傷が理由ではないところで、兵士たちがバタバタと亡くなっていると。とてもひどい状況なので、ナイチンゲールたちは、これを病院や軍に改善してほしいわけです。

「なんとかしてよ」といろいろ訴えたのですが、やはりどうしても言葉だけでは人は動きづらいので、彼女はちょっと困ってしまう。「どうやってみんなを説得したらいいんだろう? どう報告すれば伝わるんだろう?」というところで、ここが大きなターニングポイントになります。

そこで彼女がひらめいた。彼女は看護師……当時は看護婦という名前でしたが、看護師として初めて、兵士の死因をビジュアルでデータ化して見せて説得材料に使うという、ビジネスのプレゼンテーションにあたるようなことを1850年代にしていたんですよね。

このグラフの花びらのようになっている白いところは、伝染病で兵士が死んでいることを指しています。先ほど言った、外傷ではなくて伝染病で、ということは、当然不衛生だということですよね。

自分たち看護団が入っているのだから、手当てをする人もいるのに、伝染病で死んでいる人はこんなに増えている。それは不衛生が原因であるという状態をビジュアルで表したことで、これを見た国会議員や女王が「このままではいけない」と分かり、現場の改善が進みます。

そこでどんどん環境が良くなって、彼女は助けられなかった兵士たちのことも思いながら、今度はちゃんと看護学校もつくると。彼女のビジュアルによるプレゼンテーションは、のちの看護学が始まるようなところまで社会を変えていく力があったんですよね。

国をも動かしたナイチンゲールのビジュアル・プレゼンテーション

佐藤:今言ったようなことを楢木さんたちが調べて、そして最後にひらめきに落とし込んでいるんでしょうか?

楢木:そうですね。『科学史ひらめき図鑑』では科学史を紹介するんですけど、切り口を「ひらめき」にしたので、ナイチンゲールの偉大な功績の中で、どういうところがひらめきのポイントになるのかをお伝えできればな、といった構成になっています。

ナイチンゲールに関しては、本当に行動力があったということがまず前提にあるんですけれども。そこには二つポイントがあるなと思っていて。

1つは、当時まだ学問としては起こったばかりであった統計学の力を信じ、それを使って「戦場の兵士がどういう原因で死んでいったんだろう?」ということを分析したこと。そして、自分が無力で助けられなかったと悲しみにくれるだけではなくて、その原因を統計学を使ってしっかり分析したのがすばらしいことだなというのが、まず1つあります。

あともう1つは、それを人に知らしめることで国を動かすということに関して「ビジュアル化」するという工夫をしていること。そこも大きなひらめきのポイントだなということで、ぜひ紹介したいなと思って取り上げた人物になります。

佐藤:このように、この本の中にはナイチンゲールを含めた70人の科学者が「ひらめき」というキーワードで紹介されています。

非常におもしろいのは、ちゃんとビフォーアフターになっていることです。このひらめきが起きる以前の社会はどういう状況だったのか、そのひらめき以降、アフターの社会はどのように変わっていったのかということが、非常にわかりやすく解説されています。

どこのページから読んでもおもしろいですし、一つひとつ集中して読める、とても魅力的なつくりになっていると思います。

恐竜絶滅の翌日、もし新聞があれば何を発信しただろう?

佐藤:それでは本ができるまでの流れをご紹介していきたいと思います。まずは2016年の5月ですね。

楢木:はい、そうですね。この『科学史ひらめき図鑑』は、私たちが「こういう本がつくりたい」と思ってスタートした企画ではなくて、先ほどご紹介いただいたナツメ社さんから「科学史をイラストで紹介する本をつくりませんか?」というお声がけをいただくところからスタートするんですけれども、それが2016年の5月なんですね。

その時、私は長男を出産して産休が明けたばかりで、そこから「ぜひやらせてください」といって本づくりを始めるのですが、これがなかなか進まなくて……。本が出た時には、なんと3歳4ヶ月にまで成長してしまって。子どもがこんなに大きくなるほど、本をつくるのに時間をかけてしまったという。

先ほどナイチンゲールについてご紹介しましたけれども、スマートにあの紹介のかたちにいったわけではなくて、それまでにはいろんなことがありました。

佐藤:最初はナツメ社さんからどんなリクエストがあったのでしょう?

楢木:まず「『科学用語図鑑(仮)』という本をつくりたいんですけれども、協力してくれる著者を探しています」ということでメールをいただきました。

なぜ東京のナツメ社さんから札幌のスペースタイムにお声がけいただいたかというと、2007年に弊社がつくっていたこういうフリーペーパーがありまして。

これは2007年に、ちょうどこの会場で行われた「サイエンスカフェ」というイベントで配ったおまけの資料だったんですけれども。白亜紀という昔の地球の様子を紹介するために、「当時新聞があったらこんな記事になったんじゃないかな?」という架空の新聞です。

「恐竜を絶滅させた隕石が地球に衝突した、次の日の新聞」という体で、架空の新聞をつくって、これをスペースタイムのWebサイトに掲載していましたら、ナツメ社さんの編集者さんが目に留めてくださいまして。そのノリの本をつくりたいなということで。

佐藤:よく見つけてくれましたね。

楢木:本当に(笑)。

佐藤:これをWebにアップしてなかったらきっと……。

楢木:そうですね。本になっていなかったかもしれません。