キャンピングカーのような世界観?

河上純二氏(以下、河上):そう。で、俺ね、今日話したいなと思ってたことがあってさ。オダジと昔、新規事業のことでは、よくブレストを一緒に、喧々諤々やってた時期もあって。オダジってすごい厳しいのよね。

及川:そうですか(笑)。

河上:わりかしクールでシビアで、現実面も強いのよね。だから俺みたいなさ、チャラチャラした夢見心地な話してさ、「それって現実的にはさ」みたいな話をけっこう食らって。そんな話で、けっこういつも楽しくやってたときもあってね。なんだけど! その時からしばらく経って、スラッシュアジアで久しぶりにオダジに会って。オダジが連れてる、オダジが今すげえかわいがっている、若いやつらを紹介されたのよ。「すげー気に入ってるんですよね」と。

小田嶋Alex太輔氏(以下、小田嶋):(笑)。

河上:紹介されたやつが、見るからに、「えっ」、ビジネスマンとは1ミリも思えないような、ブチギレ系のさ、「確実にこの人たちってヒッピー島出身でしょ?」みたいなタイプを連れて話を始め……まぁ紹介されてね。もちろん名刺なんか持ってない。「名刺ないっす」みたいな。「いらないっす、そんなの」。トーンだけ。

よくよく話を聞いたら、今でもなんでオダジーがそれを推してるのか、正直、今日まで、はっきり言ってないんだけど、理解でききれてないんだよね。

及川真一朗氏(以下、及川):はいはい。

河上:俺のあの時、また何回かの理解で正しいのは、彼らが言ってる構想というかイメージは、居住区というか、自分の生活の拠点が移動していく世界になるっていう話なんだよね。

及川:ああ、なるほどね。

河上:簡単に言うと、キャンピングカーみたいな世界観で、自分の家がさ、要は移動して、町に……なんだろう、佇むときは町に接続していて、自分がふらっと動き出すときは家が移動する、みたいな感覚のプロジェクトだったと思うんだよ。だいたい合ってる? ちょっと合ってる?

小田嶋:いや、でも……うーん、難しいです。

河上:難しい(笑)。

(一同笑)

小田嶋:合ってるけど、合ってない。合ってるけど、合ってない(笑)。

河上:いや、そう。だから、説明が難しいのよ、要は。

小田嶋:いやいや、そうですそうです。

河上氏「公の場で言っちゃった(笑)」

河上:でね、自分たちでプロタイプの家みたいのを作っちゃってるんだけど。

及川:あっ、家を作るんですか?

河上:そう、なんか軽トラで引っ張れるだっけ、たしか。

及川:じゃあ、Airbnbみたいな話じゃなくてなんですね。

河上:そう、軽トラが引っ張る家みたいなの。

及川:本体が動くんだ。

河上:それが街のこういうコンセントみたいのにガチャンってハマったりする。

及川:ガチャンとハマるんですか(笑)。

河上:そう。たしかそういうイメージだったと思う。覚えている範囲だけど。

及川:すごい確かに前衛的な。ねぇ、おもしろい。

河上:それをね、オダジーがすげえかわいがってるんです。この世界観をかわいがってるんですよ。俺その時に「俺と一緒にやってたあの顔はなんだったんだろうな」と。

(一同笑)

俺にはやたらさ、「市場感が見えないですね」とか、「なんかそれで回収できる見込みが僕にはイメージできないんですよね」ってすげえ言ってくるのに、「こいつらにはイメージ湧いてるのかよ」と思って。俺、その時のオダジーにね、「なんだろうな」と思ったことがあって。

これはね、どこかでいつか言ってやろうと思ってたやつだったの。公の場で言っちゃった(笑)。

小田嶋:ぜんぜん。SAMPOという会社ですね。

河上:おもしろいよね。あいつら、もうすごいの。

小田嶋:S・A・M・P・OでSAMPOなんですけど、僕は実はそこの会社のChief Strategy Officerです。

河上:だったね。だったね。

小田嶋:もう本当に彼らの初期の初期です。まだファウンダーの子が、村上大陸くんって言うんですけど、彼が1人でやってた時から一緒に見てて。もうやばいっすよ、とにかくあいつは。

河上:やばいよ。知ってる。見てるから。

小田嶋:だいぶやばいです。

及川:だいぶやばい(笑)。

自分の未来が完璧に見えている子だった

小田嶋:だいぶやばいですよ。でも、パッと見、確かにキャンピングカーなんですよね。だけど、僕が初めて見た時、軽トラの荷台になんかもう手作り感満載の箱が乗ってるんですよ。全面人工芝で覆われていて。「何やってるんだろうなぁ」と思ったら、「これ、新しいインターネットなんです」って言ってて、「あっ、こいつやべーやつだな」って(笑)。

及川:やべえやつ(笑)。

小田嶋:話を聞いて、そんでもう聞けば聞くほど、ただやばいだけじゃなくて、当たるかどうかはさておき、自分の未来が完璧に見えている子だったんですよね。

河上:見えている。なるほどね。

小田嶋:なんでしょうね、初めて僕が「これは出資したほうがいい」というので連れてきた……初めてというか唯一なんですよ。今までは「これ出資したいと思ってるんだけど、どう?」とかっていうのはやったんですけど、「これは絶対やったほうがいい」と言って。

僕は残念ながらお金は持っていないので、それまでの信頼しか出せるものがないから、これでコケて「俺がダメだったね」という信頼はゼロになるかもしれないけど、「絶対こいつはやばいんで、お願いします」っていうので持っていった唯一の案件がそのSAMPOのやつで。

もう本当に……コンセプトは、言って、そんな遠くないです。

河上:でしょ。まぁまぁ押さえてるよね。よく理解度は高いほうだよ。1回か2回しか聞いてないのにさ。

小田嶋:遠くはないです。でも、ただのキャンピングカーとはやっぱり根本的に違っていて。

コンセプトは「持ち寄って暮らす家」

河上:でもさ、街と接続していくようなイメージがすごかったよね。

小田嶋:すごい「街と接続」という言い方は本当正しいですね。本当そこが。彼らの持ってるコンセプトとしては「持ち寄って暮らす家」なんですよ。

軽トラの荷台にぴったりはまる部屋なんですね。法的にサイズとしては荷物ぎりぎりに。これ以上でかくしたら違法ぎりぎりのサイズでピタッとはまるかたちになっていて、着脱式になってたりするんですけど。

コンセプトとしては、シェアハウスって今みんな、若い人たちはとくにけっこう使ってますけど、さっきおもしろい子から聞いたのが、自分の部屋って聖域なんですよね。僕、「なるほど、聖域って言い方、すごい正しいな」と思って。まさにその聖域である自分の部屋だけは、自分のものにしたいし、自分の好きなようにしたいって。それ以外は別にどうでもいいじゃんっていう。

けど、シェアハウスはやっぱりコンプリートされた建物の部屋の一部を借りるなので、聖域とはいえ好き勝手にはできないし、「ちょっとここの場所もいいな」とか「違うところ行きたいな」ってなったときには、そこから離れていかなきゃいけないので。

河上:そうだね。

小田嶋:でも、自分の聖域としての部屋って、そこはもう持ち運べて。

河上:それをこうやって持っていくんだよ?

小田嶋:軽トラに乗せる。

河上:想像するやついる?

及川:まったく(笑)。

小田嶋:そう。でも、彼らの発想ですごいおもしろいのは、シェアハウスっていう建物から出発して、ここから部屋を切り離して持ち運ぼう、じゃないんですよ。身体の延長線上に服があって、そのファッションとかの延長線上に自分の聖域の部屋があって。そういう生活をしている人が暮らしやすい拠点を別で作ろうという、そっちの順番でいっているので、出てくるアイデアがぜんぜん違うんですよね。

河上:ね、熱いでしょ?

及川:熱い。

河上:俺のときすげえ冷たいのに、彼らに対してはめちゃめちゃ熱い愛情が出てるわけよ。

小田嶋:(笑)。

東日暮里のとある倉庫にて

河上:でも、ちょっとさ、本当に2人さ、機会があったら、EDGEof行った機会のとき、小田嶋にさ、これ本当に彼らに会わせてもらいなよ。

及川:はい。ぜひ。

河上:人柄とこの話、ちょっとしてもらいなよ。

及川:はい。

河上:「おかしくね」っていうふうにさ、思うから。

小田嶋:SAMPOは金曜日に「GL SMITH」というイベントを毎週やっているので。

河上:あそこでね。

小田嶋:違う場所です。

河上:あっ、別の場所?

小田嶋:彼らの倉庫が、めちゃめちゃかっこいい倉庫があるんですよ。東日暮里のところなんですけど。

河上:東日暮里(笑)。

小田嶋:東日……ちょっと東日暮里に失礼かもしれないけど、「えっ、ここにこんなのあるの!?」みたいな、突然こう。けっこうオールドスクールな感じじゃないですか、あっちは。

及川:はいはい。

小田嶋:突然なんかね、めちゃくちゃファッショナブルなユニークな空間がバーンってあって、そこで毎週金曜日パーティをやってるので。

河上:もうEDGEofは出ていったの?

小田嶋:EDGEofの地下に住んでた時期がありました。

河上:住んでたじゃん。俺、見てたもん。

小田嶋:あれは工事中の時です。

河上:そうそう。見てたよ。すごく怖いよ。

小田嶋:そう、工事中の時、住んでたんですよ、あいつら。

磯村尚美氏(以下、磯村):工事中(笑)。

河上:なんだろうな。ちょっと精神状態がおかしな人が閉じ込められる部屋に……。

小田嶋:違う違う(笑)。

及川:言い過ぎた。ちょっとごめん。カットしてくれる? 

小田嶋:精神状態がおかしいから、住み着いたんです。

河上:あっ、そうか。

及川:(笑)。