ワークフロー導入事例に学ぶ、業務効率化の方法

司会者:それではお時間になりましたので始めさせていただきます。本日は暑い中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。株式会社WorkVision主催、ワークフローシステム導入事例セミナーを始めさせていただきます。よろしくお願いいたします。

それでは第一部ワタベウェディング様導入事例紹介と題しまして、ワタベウェディング株式会社システム統括部、赤坂様からお話しいただきます。よろしくお願いいたします。

赤坂弘樹氏(以下、赤坂):よろしくお願いします。本日はお忙しい中、ありがとうございます。ワタベウェディングシステム統括部の赤坂と申します。よろしくお願いします。私どもでは2年前にWorkVisionさんに選定させていただいて、今まで運用しております。

これからの選定や導入を検討されているみなさまにとって、少しでも参考になれたらと思ってまして、今回こういった機会を設けさせていただきました。

それでは私の自己紹介を先にしたいと思います。赤坂弘樹と申しまして、もうすぐ31歳になります。前職はエスクリという国内ブライダルに在籍しておりまして、その前は三井情報という会社にいました。私はシステム部門なんですけども、みなさんの中には総務の方もいらっしゃると思うんですね。私、大学生のときに夜間部でして、昼間に工学院大学の総務部で働いていました。

4年制大学のお堅い総務部で、4年間やらせていただきました。総務の立場と情報システム部の立場の両方で物を考えて、今運用しています。システム統括部の在籍なんですけど、総務のほうの意見を取り入れたりしながら、ワークフローの導入などを進めています。

ウェディングの枠を超えた幅広い事業を手掛ける

今回の講演内容は5つございます。ワークフローや会社の組織など、どういった業務をやっているのかも非常に重要になってくるので、まずはワタベウェディンググループがどんな会社なのかを細かくご説明したいと思います。

ワタベウェディング株式会社は、リゾート結婚式をメイン(の事業)にしている会社です。例えばハワイやグアム、最近だとベトナムなど、日本国内のお客様が海外で結婚式を挙げるご支援させていただいております。

昭和39年の設立ですので、創業50年以上の企業です。かなり前にM&Aをしておりまして、グループ会社に、目黒の結婚式場「目黒雅叙園」、そしてホテルやウェディング、レストランなどを運営しているメルパルク株式会社を迎え入れております。従業員数は単体で415名、連結だと1,974名がいます。2,000名くらいの会社です。パート・アルバイトさんを入れるともうちょっと多くなるかなと思います。

当社は国内にこれだけ拠点がございます。50以上を超える店舗やホテル、沖縄だとチャペルといったところに人がおりまして、その運営をしている会社です。

参加いただいているみなさまの中にも、もしかしたら利用されたことのある方がいらっしゃるかもしれないですが、私たちは海外展開も行っています。先ほどもお伝えしたようにハワイやグアム、ベトナム、シンガボール、アジア圏といったかたちで海外に拠点を展開しております。

また当社は、衣装とアルバムの内製化もしております。中国・ベトナムの工場で、現地にて衣装を製造しており、中国ではアルバムを製造しております。当社にて結婚式を挙げた方に衣装・アルバムを納品しております。

バラバラだった承認システム

本日のテーマは、ワタベウェディングが「AgileWorks」をどのような目的で、どのような経緯で(取り入れて)、どのような結果が残せたかのご紹介です。

ポイントは5つございます。「なぜ『AgileWorks』を導入したのか」「選定時に意識したポイント」「導入時に苦労したこと」、そして「導入の結果」「将来的な展開」。この5つで説明していこうかなと思っております。まず最初に、なぜ「AgileWorks」を導入したのか?

冒頭で、お話ししたように世界13カ国で42ヶ所、かつチャペルと接客サロンとドレスの工場を運営しております。さらにメルパルクは全国11拠点ございまして、目黒雅叙園は目黒にある拠点の1つだけではなくて、国内式として受託運営などもやっております。そうすると、拠点数が100を超えます。

当社には子会社数が30社以上あって運営をしているんですが、子会社と各国で承認システムがバラバラという課題がございました。言語も違いますし、入れているシステムもバラバラになっていた。2年前がそんな状況でした。

「どこがどうなっている?」 迷路のような状態

では、どれぐらいバラバラだったのかという話です。日本のワタベウェディングは当時、サイボウズ株式会社のGaroon(ガルーン)を使っておりまして、その承認・ワークフローを使って、起案と承認をしておりました。

日本のメルパルクに関しましては、シャチハタさんのシステムを使っていました。こちらで起案と承認をしています。目黒雅叙園はガルーンではなくて、「サイボウズ8」を使っていて、こちらも起案や承認などをしておりました。ハワイは、「G Suite」のアドオンを使っていました。Gmailもアドオンを使って起案や承認をしておりました。中国は紙で起案や承認しておりました。

こういったかたちで各国バラバラでした。なぜシステムを1つにしないのかという議論も過去にはあったみたいなんですが、なかなか統制が取れていなかったという経緯がありました。

これの何が問題なのかというと、グループ会社で横断のワークフローがないので、経営陣が統制を取りにくかったり、各システムを使って出向をしている上層部の方がいらっしゃったので、各システムを見て統制をとっていくのが、かなり困難だった。内部監査の者もいるんですが、内部監査をしていくのも各会社でバラバラなので、「どこがどうなっているんだ?」と迷路のような状況でした。

なので、メールとかワークフロー、ポータルサイトも含めて全部グループで統一しましょうという方針を2年前に立てて、導入をしていくという流れになりました。参考までに、当社ではメールは「Office365」を使っておりまして、「Exchange」で運用しております。ポータルサイトに関しましては、「Office365」の「SharePoint」を使っています。ワークフローはもちろん「AgileWorks」を使って運営しております。

費用や工数削減などを、上場企業として求められる内部統制レベルまで引き上げるのが目的で、こういったかたちで導入していこうということになりました。

3社で比較検討、決め手は課金方法

選定時に意識したポイントは、みなさまが気になるポイントなのかなと思っております。これから導入をご検討されてる方に関しましても、「AgileWorks」だけではなくてガルーンを入れてるよとか、シャチハタさんを入れてるよとか、この世の中にワークフローがいっぱいあると思うんですけど。なぜ「AgileWorks」なのかは気になるポイントと思いますので説明していきます。

選定当時、N社とS社と「AgileWorks」の3社でツールを検討をしていました。

まずは課金方法ですね。今回ご参加いただいている方も、製品を選定する立場や運営する立場の方だと思いますので、私自身の考えにも賛同いただけるかなと思うんですが、導入したシステムが経営方針や経営状態によって、すぐ切り変わってしまうという経験がありました。

そうなると悲しいので、課金方法は選定のポイントでかなり悩みました。今回は「AgileWorks」のセミナーなのでいいかなと思うんですけど、エイトレッドさんの製品で、「X-point」というものがあるんですが、1アカウントいくらという課金なんですよね。

私がエイトレッドさんを知ったときには「X-point」しかなくて、「1アカウントいくらだと、ちょっと高いな」と社内でけっこう議論になるわけですよ。でも、N社も1アカウントいくらという課金方式でした。当社はパート・アルバイトも含めて、すべてアカウントを払い出したかった。さっき言ったように2,000人以上のアカウントが存在するわけです。

「1アカウントいくらだと費用対効果が出ないな」と思っていました。「AgileWorks」ですと、同時セッション数課金です。日々ワークフローを見ている方も業務上はいらっしゃると思うんですが、全社員が見ているとは限らないですよね。なので、同時接続数はワークフローの中では、一応優れているのかなと思っております。