本田技研工業のオートバイのエンジニアが登壇

河原あず氏(以下、河原):それではラスト3組となりました。がんがんいきましょう。ヤマザキさんはいらっしゃいますか。はい、それでは拍手でお迎えください。

(会場拍手)

ヤマザキさんはどのようなことをされているんですか?

ヤマザキ氏(以下、ヤマザキ):僕は本田技研というところで、オートバイのエンジニアをやってます。ちょっと自慢していいですか? 今やっている新機種が世界で1番売れているオートバイなんです。年間300万台売れます。

河原:その統計データに疑いはないんですか?

ヤマザキ:ちょっと確認しますね。

(会場笑)

河原:エビデンスがないと僕は疑うしかない。まあとにかく、そんなオートバイのエンジニアです。オートバイの話をするんだね。

ヤマザキ:今日はまったく違うんです。

河原:違うんですか。

ヤマザキ:僕がここに来ようと思ったのは、エンジニアは基本的に言語化するのが下手だからなんです。その壁を崩したいなと思って今日は来てます。

河原:ほお、なるほど。じゃあ巧みな言葉のマジックを。

(会場笑)

だって自分でハードルを上げるんだもん。それでは1分間のプレゼンテーションです。「1分であたりまえを疑え」、ヤマザキさん、よろしくお願いします。用意、スタート!

義務教育のあたりまえを疑え

ヤマザキ:はい、エンジニアパパのヤマザキと申します。えー今日は、義務教育の……義務教育には我慢が必要かということを問いたいと思います。僕の娘が小学校に入学しました。驚きました。昔と変わらず、大量の紙を子どもに伝書鳩として家に伝える。それが現状なんですね。なにが問題かというと、ケンカになってしまうんです。

ケンカになることで大切な子どもとの時間が奪われてしまう。じゃあ一方で、諸外国ではどうしているか。スマホを使って学校と家庭をダイレクトに繋ぐということをやってます。なぜ日本ではできないか。それはあたりまえが疑えてない。義務教育はこうであるべきという概念が強くありませんか。みんなでその概念を壊してがんばりましょう。

河原:終了です。ありがとうございました。

(会場拍手)

はい、それでは羊一さんお願いします。

伊藤羊一氏(以下、伊藤):ちょっと詰まっちゃったなというのは顔が物語ってますけど、ぜんぜん伝わりました。

ヤマザキ:ありがとうございます、ありがとうございます。

“最後の一言”を考えておけば、出だしでつまづいても締まる

伊藤:1つアドバイスです。だいたいみんな、最初の言葉は考えるんですよ。最初の言葉を考えて、それが詰まると1分間がもう破壊されるんですね。みなさんへのアドバイスとしては、そうなる可能性があるんだったら、締めの一言をとにかく考えておくということですね。

99パーセントいまいちなプレゼンでも、最後の一言が「~ということで、ほにゃららの、義務教育のあたりまえを疑え!  以上です」みたいな感じで終わったら、だいたい締まるんですよ。

(会場笑)

なので、あずさんが残り時間のカンペを出してこうやってやりだして、自分の気持ちが揺れてきたなと思ったら、もう「義務教育のあたりまえを疑え!  以上」で終わったらちゃんと締まるんです。

河原:なるほど。

伊藤:ぜひ、今後プレゼンのtipsのひとつとして持っておくといいかなと思いました。伝わったから大丈夫。

ヤマザキ:ありがとうございます。

河原:ありがとうございます。

(会場拍手)

最後にパワーオブドリームズとか言えばよかったんですかね。

(会場笑)

伊藤:そうそう。そういう感じ。

自分なりのキラーフレーズが言えれば、悔いのないプレゼンになる

河原:はい。ということで、澤さん。

澤円氏(以下、澤):ありがとうございました。今の流れで繋いでいくと、せっかくなのでみなさんにというところもあります。よくあるのが、自分のシナリオを作っちゃうとそれを話さなければならないと、手段と目的がごちゃごちゃになるというよくあるパターンなんですよ。

とくにステージ上という異常な世界で、なおかつ孤独なので、それだけで自分を責めちゃうという免疫不全みたいな状態になるんですよね。そのときにどうすればいいかというと、僕は「戻れるスタンディングポジションを決めておく」という言い方をしています。

もうこれさえ言えば悔いはないというワンフレーズ、キラーフレーズを用意しておいて、そこに立ち戻るとしておきます。それを繰り返し言うのもぜんぜんかまわないんですね。要するに、それを言わなかったらすげえ後悔するというパートがあるんだったら、そこの部分を1個作っておいて、それはとにかく言う。

前後のファクトの部分の説明とか、あるいは最後のオチが抜けたとしても、「これさえ言えればとりあえずいいや」となれば、まず後悔することがないので。一番つらいのってやっぱり、ステージを降りた後にずっと後悔し続けることじゃないですか。

後悔の中でも致命傷じゃなければいいんですよね。致命傷は、本当に言わなきゃいけなかったことを言い忘れたとか、言えなかったとか、間違えたとか。これは最悪です。そうじゃなければ少々の後悔はいくらでも修正ができるし、次がんばろうと思えるんですよね。

そう思わないようにするためには、戻る場所、もしくは立ち位置として、最終的にはこれだけというキラーフレーズを決めておくことが効果があるかな。でも全体的には声もすごくよかったし、あとはご自身の体験だったので自分事に移動しやすかったし、受け取りやすい話題だったので、詰まったりなんなりというのは気にするようなレベルではなかったと思います。ありがとうございました。

ヤマザキ:ありがとうございました。

河原:ありがとうございました。

(会場拍手)

ヤマザキさん、詰まったときに「パワーオブドリームズ」と言っておけば上手くいったのかもしれない。はい、あゆみさんはいかがですか。

内容が一気通貫しているかどうかを繰り返し検証する

藤本あゆみ氏(以下、藤本):私もまったく同意見ですが、もっとよくするために義務教育という言葉だったのかというのを、もう1回考えてもらいたかったなと。本当にそれって義務教育なのか。それともデジタル化が進んでないことが問題なのか。やっぱり義務教育という頭をはじめに決めてしまったが故にそこから抜けられなくなっちゃったのかなと思っています。

「言っていることが本当に一気通貫しているか」「その言葉のセレクションが正しいのかどうか」「それが一番伝えられる言葉なのかどうか」を、何回か繰り返して検証するというのは、ぜひやってもらった方がもっとよくなるのかなと思いました。

ヤマザキ:わかりました。ありがとうございました。実は、今朝奥さんにそれを言われました。

(会場笑)

シナリオを直せなかったです。奥さんの言うことは聞くべきでした(笑)。

伊藤:そのとおり。それはすごい学びだ(笑)。

河原:まあドリームよりも奥さんのパワーですね(笑)。

(会場笑)

伊藤:すごい。奥さんと同じだったんですね。

河原:はい、それではヤマザキさんに大きな拍手をお願いします。

(会場拍手)