『1分であたりまえを疑え! ナイト』の発端

河原あず氏(以下、河原):みなさま、ご来場いただきまして誠にありがとうございます。本日司会進行を務めますコミュニティ・アクセラレーター、河原あずといいます。どうぞよろしくお願いします。

(会場拍手)

まずはこの方々をご紹介しないことには始まりませんよね。それでは改めて拍手をお願いします。 伊藤羊一さんです。

(会場拍手)

伊藤羊一氏(以下、伊藤):伊藤でございます。よろしくお願いします。

河原:みなさんご存じだと思うんですけど。今回、『1分であたりまえを疑え! ナイト』というタイトルでやるわけなんですけども。

伊藤:このイベント名がすごくいい加減だということで。

(会場笑)

河原さん、疲れてましたよね。

河原:いや、違うんです。つい、思いついちゃって、伊藤さんと澤さんのお二人にお送りしたら、お二人とも異口同音に「やろう」と即答で来て。

(会場笑)

伊藤:即答っすよ。1分かかんなかったですよね。

(会場笑)

河原:いろんなイベントのプロデュースをしている人間からしたら、思いついたものは言ったもん勝ちだと思いまして。思いつく人はきっといるんですけど、本当にこの二人に提案する人はなかなかいないと思うんですよね。

伊藤:みんな思いついていないと思いますよ。

河原:そうですか? どんなイベントかという説明を。羊一さんも『Talk Your Will』とか、こういう1分で語るイベントをそれこそ全国でやられていて。

伊藤:そうですね、10回くらいかな。

河原:見方によってはスピンアウトといえば、スピンアウトですし。だけど、若干違うものになってるという。そんな感じでいきたいと思いますのでよろしくお願いします。

“プレゼンの神”こと澤円氏が登場

河原:澤さん、よろしくお願いします。

澤円氏(以下、澤):はい、よろしくお願いします。

(会場拍手)

河原:前回11月に一緒にイベント(『フリースタイルプレゼンバトルGINZA!~最強プレゼン神決定戦~(澤円×河原あず presents)』)をやらせていただいたご縁もあってなんですが、前回は10分間でプレゼン(の発表内容)を作ってもらって、3分間でプレゼンしてもらって、優勝者が澤さんと対決するという趣向でやったんですけど。

:そのとき僕、自分が対決することを当日まですっかり忘れていて、「え、僕、やるんだっけ?」みたいな。あずさん、超焦るみたいな(笑)。

河原:そうなんですよ。でも、ちゃんとやっていただいて見事に優勝しちゃって・・・。

:ねぇ。大人気なくね。本気出しちゃって。

(会場笑)

河原:今日も最後にプレゼンやります?

:1分で? ちょっとやります。ちょっとやりましょう。

河原:そんな澤さんです。よろしくお願いします。

(会場拍手)

日ごろからスタートアップのピッチをジャッジしている藤本氏

そして、やはりちょっと女性も入れなきゃということで、Plug and Play Japanの藤本あゆみさん、よろしくお願いします。

藤本あゆみ氏(以下、藤本):はい。よろしくお願いします。

(会場拍手)

河原:藤本さんは今まさに、スタートアップのインキュベーションをやられているんですが。

藤本:はい、まさにですね。6月からやるプログラムの選考を、今週月曜からずっとやっていて、もうすでに100社以上見ているので。

河原:死ぬほどピッチを見ている。

藤本:疲れた人にどう見せるか、みたいな。

(会場笑)

:ピッチ疲れ。

藤本:今日は癒しがほしいなと思ってきました。

河原:マイナスイオンを浴びに来たということですね。

(会場笑)

藤本:大変楽しみにしています。よろしくお願いします。

河原:よろしくお願いします。

(会場拍手)

倍率3倍を勝ち抜いた20名の精鋭によるプレゼンバトル

河原:今回、そんな3人に審査員というかたちで関わっていただきます。改めまして、『1分であたりまえを疑え! ナイト』を説明するのも野暮なので、あえてクドクドは言わないんですけど、要するに、1分であたりまえを疑うイベントです。

(会場笑)

20人のプレゼンター、今回の応募は倍率3倍くらいあったんですけど。その熾烈な争いを勝ち抜いた20人の精鋭たちが……、ハードル上げます(笑)。

(会場笑)

伊藤:楽しみだ、これは!

河原:お二人もまだテーマを知らないですからね。ということで、私が独断と偏見で決めさせていただいた20人の方が1分間のプレゼンをします。さっき手作り感満載のカンペを作りました。残り30秒、10秒、終了、といった感じで、これが目の前に出てきます。1秒たりともロスタイムはございませんので、みなさんご留意ください。羊一さん、1分で話すとはそういうことですよね。

伊藤:いやあ、うん、まあ……がんばってほしい。

(会場笑)

:(伊藤さんは)1分で話すの、超苦手。

(会場笑)

河原:そういうの無責任にもほどがあります。

(会場笑)

:目、合わせなくなっちゃった。

(会場笑)

プレゼンは「生きざま」

河原:見つめ合って素直におしゃべりしてください。そんな感じなんですけれども。そのあとに、お三方から講評をいただいて20人グルグル回していきます。最後、お三方の個人賞というのを、気に入ったプレゼンターを1人、できれば重複なしで選んでください。説明はこれくらいということで、プレゼンターのみなさん手を挙げてください。総勢20名。

(会場拍手)

『1分で話せ』が大ヒット中の伊藤羊一さん、ベストセラー作家。

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

伊藤:イエーイ!

(会場笑)

河原:そして、澤さんという「プレゼンの神」。この二人セットで、目の前でプレゼンをやることってなかなかないですよね。

あたりまえを疑え。 自己実現できる働き方のヒント

伊藤:緊張されている方っていらっしゃいます?

(会場挙手)

あのね、みんな緊張はするんです。ぜひ生きざまをぶつけてください。

河原:おお、なるほど。

伊藤:「プレゼンって、生きざまっすから」と、澤さんが言っていました。

(会場笑)

:受け売り?

河原:多少飲み過ぎて酔っ払ったのも生きざまです。

(会場笑)

そして、イベントってライブですので、ライブならではの心の動かし方ってありますからね。ぜひみなさまのその人らしさを存分に発揮してくださいという感じでございます。ということで、みなさんをドリンク持ってご起立ください。羊一さんから改めて乾杯のご発声など。