スタートアップ買収による成長戦略を語る

田原彩香氏(以下、田原):それでは続いて今日のメインのプログラム、パネルディスカッションに入りたいと思います。改めて、みなさんにもう一度集まっていただきましょう。

まずは、先ほどピッチしていただきました株式会社ライボの小谷さんですね。小谷さんは2015年2月にライボを創業いたしまして、個が活躍する社会をビジョンとして、キャリアや転職に特化した匿名相談サービス「JobQ」を開発、運営。そして2019年3月にパーソルキャリア株式会社の完全子会社となり、パーソルグループ入りをいたしました。

続きまして、パーソルイノベーション株式会社の取締役COO、そして株式会社ライボ取締役の岩田様です。岩田様は、2018年にパーソルホールディングスにてイノベーション推進本部を創設されまして、2019年に株式会社ライボの取締役にも就任されました。現在はパーソルイノベーション株式会社のCOOなども兼務されています。

そして最後、今回のモデレーターですね。姥貝賢次さんです。2015年に財務サービス事業を行うカウンティア株式会社を創業いたしました。そのあと公認会計士としての経歴と、自らビジネスを立ち上げ運営してきた経営者としての経歴の2つの経験を武器にし、スタートアップ向けの財務サービス事業を展開しております。

ということで、改めてみなさまのご紹介をいたしました。ここからはみなさんからのご質問も取り上げながら進めていきたいと思います。たくさん書いていただいてありがとうございます。ではお願いいたします。

姥貝賢次氏(以下、姥貝):質問は17件ですね。けっこういろいろあります。では、最初の質問から聞いていきましょう。

事業売却のストーリーは創業時から考えていたのか?

田原:売却後側の社長に対しての質問です。創業したときに、このような売却ストーリーはイメージしていましたか? 

姥貝:創業したときってどんなことを考えていたんですか?

小谷匠氏(以下、小谷):創業時は売却とかあんまり考えていなかったかもしれないですね。さっきの自己紹介の資料にもあったんですけど、当時の2015年くらいって、CtoCの文脈がすごく伸びていたときです。

「メルカリが今めっちゃKPI伸びてます」みたいな時期だったのと、あとAirbnbが国内でもすごく伸びてて。CtoCの文脈でキャリアの領域でイノベーションが起きるんじゃないかなと思っていました。

「JobQ」って、実は2つ目のサービスなんですけど。

田原:あ、2つ目なんですね。1つ目はちょっといろいろ?

小谷:いろいろあって。「JobWeather」っていう、友人が転職をサポートできるようなサービスを作ってですね。詳しくはYouTubeに上がっているので、そちらを見ていただければ。

田原:まだ見られると(笑)。

小谷:「JobWeather」についてインタビューを受けたYouTubeがあがっているので、ぜひ見てみてください(笑)。

田原:そんなこともありながら。でも、最初から売却のイメージは定まっていないわけですよね?

小谷:調達のときはもちろんVCなどから入れるので、イグジットまではしっかり描くんですけれど。そんなに意識せず、ちゃんとユーザーと向き合いながらどうプロダクトを作るかということばかり考えてましたね。

田原:サービスに集中していたということですね。

姥貝:IPOみたいなことは意識していたんですか?

小谷:もちろんそうですね。IPOで事業計画を引いていましたね。

姥貝:なるほど。今回はこういったご縁があって。

小谷:そうですね。

資金調達の相談が、M&Aで着地するきっかけになった

田原:では、もうちょっといきましょうか。たくさん質問があるので、できるだけ取り上げていきたいと思います。続いては買収側への質問です。売却側へ買収したい意思を、いつ、どのように伝えましたか? ここ、聞きたいですよね!

岩田亮氏(以下、岩田):……いつでしたっけ?(笑)。確かお話を始めたのが昨年(2018年)の10月末くらいで。でも初めに小谷さんからは、普通に資金調達をしたいという相談をいただきました。

姥貝:資金調達の相談から、どうしてこういった買収という着地になってきたんですか?

小谷:例えば、競合の話をさせていただくと、口コミサイトって一番はじめにスタートしたのが2008年なんですね。そして、企業の口コミサイトで、一番早いプレーヤーが2010年なんですよ。

うちは創業が2015年なんですね。5年の差があると。その中でどうやって勝つかって、やっぱり考えるわけですね。競合の動きを見ていると、連携しながら掛け合わせで伸ばしていくというところを実際にやっていて。

うちとしても、M&Aじゃなくてもどこかと掛け合わせてレバレッジを効かせていく、みたいなことは当たり前に考えていた中だったので。例えばそれが、株式的にエクスクルーシブな関係を持っておいたほうがやりやすいのであれば、1つの選択肢かなと思ってましたね。

再定義後のミッションと「JobQ」の文脈がマッチ

姥貝:もともと岩田さんと小谷さんはお知り合いだったんですか? 事業上の連携の部分では?

岩田:2年前(2017年)くらいからの付き合いかな?

小谷:そうです。2、3年前。

姥貝:どんな印象で小谷さんのことを見られていたんですか?

岩田:どんな印象……そうですね、好青年だなと(笑)。

小谷:ありがとうございます(笑)。

岩田:あとは、意思決定するときに小谷さんが「この市場で勝ち切りたい」ということをすごく熱く語っていたのが印象的でしたね。パーソルキャリアは実は口コミの領域で言えば、自社で立ち上げたサービスが2回失敗しているんですよ。

田原:あ、そうだったんですね。

岩田:口コミの領域は、重要なんだけど緊急度が上がりきっていなかったという、事業上の問題を抱えていたというのが1つあるのと。あと、ちょうど同じタイミングで、パーソルキャリアは「転職支援の会社」から「働くことにまつわる課題解決を行う会社」になろうという、ミッションの再定義をしている最中だったんですね。

そのときに小谷さんから、「単純に口コミだけじゃなくてキャリアの支援もしますよ」と。あと、個が輝いて活躍できる世界観の話もしてくださり、非常にパーソルキャリアと文脈が合うなという話になり。一緒にやりましょうかということになったのが昨年(2018年)の11月末くらいですかね。

小谷:その時期1ヶ月くらいは、毎週お会いしましたよね。

口コミ領域には、強い想いのあるプレイヤーが必要

姥貝:パーソルキャリアで口コミのサービスを2回くらいやっていたんですね?

岩田:そうです。大失敗しました。

姥貝:2回やるということは、やり切りたいという気持ちが会社にはあったわけですね。

岩田:そうです。

田原:どうにかしてやりたいけれども、同じようにやるとまた失敗をしてしまうから。

岩田:この領域って、本当に「やりたい」という強い思い入れを持ってやれる人間が、社内にいるかがけっこう重要だと思っていて。

でも、どうしてもパーソルキャリアとして他にいくつかやらなければならない戦略テーマもあったので、この領域に対して「本気で取り組むぞ」という想いを持つ小谷さんのような方がやってくれるのであれば、それはもう相互にハッピーだよねという話になり、タイミングというのもあったかなと思っています。

田原:なるほど。タイミングもありますし。

小谷:さきほどの資料の始めのほうの「KPI実績」のグラフって、当初は本当に底を這うような感じで。ここ2年でやっと伸びてきているので。(岩田氏に向かって)パーソルさんとしてはサービス立ち上げてから2年も我慢できないですよね?

岩田:そう! 我慢できなかったの!

田原:あ、そういうこと! 我慢できなかったということなんですね。

岩田:そうなんですよ。大企業病で(笑)。成長するまで我慢できなかった。うまくいかなくて、我慢できなくなって、やめちゃうというパターンですね。

田原:それが2回。

岩田:それを我慢して乗り越えたという人が目の前に現れたら、それはもう「一緒にやりましょう!」って(笑)。

田原:それは一緒にやりたくなりますよね。

小谷:我慢できないですよね。うちも我慢できなかったですもん。2回くらいクローズを検討したので。

田原:でも、今回は我慢して伸ばしていったわけですよね。

岩田:それは大きかったですね。我慢できなかったですから。