友達の友達の友達の顔までわかるプリ帳文化

久保友香氏(以下、久保):今日はさえりさんにプリ帳をたくさん持ってきていただいています。先ほどのスライドを見ていて、使ったことのあるプリ機はありましたか? ……ちょっと難しいですかね(笑)。

夏生さえり氏(以下、夏生):大学生ぐらいになってくると、機種の名前はもう覚えてなかったりします。それより前は覚えているものもあるなという感じですね。

久保:「機種の名前といえばさえりさん」というぐらいすごいのですよね。今日は小学生の時からのプリ帳を持ってきていただいていますが、そもそもみなさまは「プリ帳」とは何かおわかりになりますでしょうか?

95年にプリント倶楽部という最初のプリ機ができた時から、みなさんプリクラを張る手帳を作るようになりました。プリのシールは最初に同じ顔がたくさん出てくるので、まず一緒に撮ったお友達と半分にわけて、それで1枚を自分のプリ帳に貼って残りを交換して……。

夏生:友達にあげるんですよね。

久保:プリ帳は常に持ち歩いて誰かと会うと見せ合って……ということになるので、お友達のプリ帳には自分の顔があり、お友達が残ったものを取り換えてそのお友達のプリ帳に貼られるから、そこにも私の顔がある。

持ち歩いて見せ合ったら、さらに友達の友達の友達ぐらいまで顔が知れる、みたいなことがありました。今だったら当たり前だけど、まだインターネットがない時代にプリ帳によってそういうことが起きていたんですよね、90年代に。

夏生:そうですよね。よく考えると無謀ですよね。友達だけが写っているプリをもらってうれしいのか、という話もあるんですけど(笑)。

使い方はさまざまな、プリ帳のヒストリー

久保:さえりさんのを見せていただくと、お友達だけの写真がいっぱいありますね。個人情報があるので撮影はご遠慮いただきたいんですけど。

夏生:(スライドを指して)これが小学生の頃です。

山口県出身なので、スペースワールドの……もう潰れたスペースワールドという遊園地の記念の。

(会場笑)

やばいですよね。私が写っていない友達のみのコーナーだったり、まだ丸いフレームがあったりしますね。

久保:これはプリント倶楽部ですか?

夏生:そうですね。やっぱり友達と交換したシールも貼っている感じがプリ帳の最初ですね。背景が合成されるものがあったり、ここに「初たまプリ」とか書いてあるように、機種を記録しています。

久保:そうなんですよ。「チャオッピ」とか。人によって本当にプリ帳ってさまざまで、私と稲垣さんは「プリ帳HISTORY」という企画で、いろんな人のプリ帳を見てきたんですが、本当に個性があって。

稲垣:さえりさんのは研究にありがたくて、どの機種か・どう撮ったかとかが書いてあるのでありがたい。

夏生:これが普通なんだと思っていたんですけど、なにで撮って写りがどうだったかとか。「やまとなでしこ最高」と書いてあるのは機種の名前なんですけど、こういうのが研究材料になったみたいです。100均もあります。100均のプリもあったと思いました。

久保:(スライドを指して)けっこう白いですね。肌白いです。

夏生:そうですね。白飛びする感じでした。「最近やまなでが多い」とか書いてありますね。「やまとなでしこ」が好きだったんでしょうね。

稲垣:「やまとなでしこ」はやっぱり人気の機種だったので。

撮るだけで飽き足らず、コラージュし始める

久保:(スライドを指して)このあたりから、ちょっとおもしろいですよね。

夏生:最後に「評価コーナー」と書いてあるんですよ。

私の「プリ機評価コーナー」があって、なにで撮るとどれぐらい良かったか、ちょっとわかりにくいんですけど、ハートが塗ってあります。5個塗ってあって「落書きの時間が長くていい」「ダメダメ」とか書いてあるんですけど。

(会場笑)

あと、2人でお絵かきができるようになった時期もあって。「2人でお絵かきできるから良い!」とか。これは普通だと思っていたんですけど、すごくめずらしがられて……恥ずかしい。

久保:おすすめ度も。どっちがすごいとか、もっと書いてありますね。この時はまだ300円とか400円くらい?

夏生:値段まで書いてありますね。300円の機種があったり、それこそ100円で撮れたりする時期もあったので書いています。「色が薄い」「写りが好き」というのもたぶん書いてあるはずですね。

久保:(スライドを指して)これはまだ小学生な感じかもしれない。これを見ていると、貼り方もだんだん変わっていることがわかりますね。お友達の名前が入っていて、これもかなり貴重ですよね。

夏生:だんだん日記みたいなものもちょこちょこ入るようになってきますね。プリだけじゃなく手帳化していくというか。どの機種とかも全部書いてある。

(スライドを指して)だんだんこうやってコラージュもし始めるんですね。これも全国的に同じなんですよ。私だけじゃなくて、だいたいこのぐらいの時期になるとみんなコラージュをし始めたり貼り方が変わってくるというのがあるみたいで、雑誌からどんどん切ったりしていましたね。

久保:シールの形が影響しているんですよね。最初はアトラスのプリント倶楽部だけで、絶対に同じサイズだったので。敷き詰めてみんな貼っていく感じだったのが、各社競争の中で、いろんなサイズが出てきて。

稲垣:いろんな会社が参入して、いろんなシールサイズがあったので、詰めて貼る派はパズルみたいに詰めて貼るんですよ。それがちょっと難しい場合は日記を書いたり隙間を埋める文字を書いたりするのが、バリエーションとしてありました。

「イケてる!」と思われるためのプリ帳づくり

久保:この辺もわりと人気な感じですかね。「ユメタウンに行った」とかありますね。

夏生:なんの映画を観たとかも全部書いてある。

久保:これね、コラージュしていたり。でも、ちょっと早めですよね?(世の中が)コラージュを始めるのはもう少し後ですよね?

稲垣:そうですね、早いほうだと思います。若い時に既にコラージュしているというのはあるかなと思いますね。

夏生:このプリ帳の最後にも評価が?

久保:あります。ちょっとそこまでいっちゃいましょうか。見ますか? チェックしますか?

夏生:(スライドを指して)お絵かきがどうこう、時間がどうこう、写りが良かったとか薄いとか、そういうのが全部書いてありますね。

稲垣:この時代でこういう評価をしているところが、今ライターさんになられている原点かなと本当に思いました。

久保:本当にそうですね。この後はもっと出てきます。これはその後くらいになるのかな?

夏生:これは中学生ですね。「1年生でつ」って書いてある(笑)。このぐらいからはちょっとずつブロックごとに貼るようになっていく文化なんですね。

久保:法則があるんですね。

夏生:そうですね。

久保:お友達からも。(スライドを指して)これは歌詞が入ってくるんですね。

夏生:好きな歌詞をもってきたりする文化ですね。これ、SMAPです。これも本当に自分が好きな曲を書いているかといったら、そんなことないんですよ。

(会場笑)

これもおもしろいんですけど、自分がすごく好きな歌詞を書くんじゃなくて、このプリ帳にして書きたいもの、みんなに見せたい歌詞を選んで書いている感じでしたね。これはインスタとかに近い感覚だなと思うんですけど、自分だけで楽しむものじゃなくて人に見せた時にイケてるように見られたい、という配色をしたりとか。そんな感じですね。

久保:(スライドを指して)この辺も?

夏生:写真とかも一緒に(使っている)。

久保:お友達への手紙とかが書かれているんですね。でもみんなに見せるわけじゃないですか。そこにお友達個人への手紙を書いていたり。

夏生:これもお友達カップルの写真をなぜかハートで囲んでいるんですけど、私じゃないんです。そういう文化って、一体何なんでしょうね。この時期は手紙をすごく書いていました。また歌詞ですね。

Twitterの裏アカ的な活動を、紙の時代から実践

久保:(スライドを指して)その先がどうなるのかを見せたいのでちょっと速度を上げて進めていきますが、普通の写真も一緒に貼っていたりするんですよ。

夏生:日記が多くなってきましたね。中学生になって年齢が上がってきて。大きいプリも出てくるようになって、めちゃめちゃ気合い入れて。「今日顔の調子どう?」「いい感じ」となったら一緒に行くんです。そういう感じでしたね。

プリ帳に日記をすごく書いているんですけど、この他に日記帳も持っていて。そっちの日記帳には本当の日記が書いてあるんです。

(会場笑)

嘘の日記を書いているんじゃなくて……(スライドを指して)インスタに書いても恥ずかしくないような日記はプリ帳に書いているんですね。「〇〇ちゃんと遊んですごく楽しかった」みたいな。それだけはこっちに書いて、(本当の)日記のほうはちょっと暗いこととかを書いたり。

久保:ちょっとバーチャルというか、ネット上の自分のような自分を持つようになっていくのですね。私たちの時代と違うのでさえりさんにお聞きしたいと思っていたところなんですけど、紙の時代からそれを持っているというのがおもしろいですね。

夏生:そうですね。私は小学校5年生ぐらいから自分でWebサイト作っていて、その頃はタグとかHTMLをコピーして貼るだけで自分のサイトが作れるところがすごく多かったんです。

だから小5ぐらいから匿名でサイトを作ることはやっていて、その掲示板で友達ができたりするんですよ。そっちにも友達がいるしこっちにも友達がいるし、そっちに書きたいこともあれば、このプリ帳に書きたいこともあり、日記に書きたいこともある。

久保:いくつかの自分を持っているわけなんですよね。

夏生:そうですね。そういう感じだったと思います。

稲垣:Twitterが一般的になった後に、女の子は何個もアカウントを持っていて。裏アカの裏の裏みたいにどんどん深くなっていくんですけど、それはさえりさんがTwitterの前にいろんなツールでやっていたんだね、という話を「プリ帳HISTORY」の取材の時もしていました。