MyData Japanの設立について

庄司昌彦氏:MyData Japanの設立についてお話をしたいと思います。一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパンの代表理事の庄司昌彦です。

主催はMyData Japan、それからオープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)です。後援にMyData Global、情報法制研究所とありますが、私はすべてに所属しております。

簡単に自己紹介をさせていただきます。研究者です。国際大学グローバルコミュニケーションセンターと武蔵大学に所属しております。情報社会論・情報通信政策、それから電子政府などの研究をしています。

スライドに「情報社会研究と実践活動」と書いてありますように、実践活動にも長らく携わってきました。1つは、「MIAU(インターネットユーザー協会)」という団体をやっています。ユーザーの立場でインターネット政策のあり方を提言していこうと活動しています。

そして、オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパンという団体は、みんながデータを作って活用していく、そんな情報社会を作っていくことについて取り組んでいます。

その他、政府の仕事などもやっております。オープンデータ・官民データの活用、行政機関個人情報保護法の改正の研究会、統計法の改正の研究会にも参加してきました。そういう立場で、MyDataというテーマに取り組むようになって、何年か経ちました。

フィンランドの「MyData」での衝撃

MyDataとは何かについて、私の立場からはこう見えるというお話をしたいと思います。

2016年、フィンランドで開催された「MyData」というカンファレンスへ行ったことがきっかけです。このカンファレンスは、オープンデータの推進をする団体「Open Knowledge」の主催でした。この団体のファウンダーであるルーファス・ポロックが、基調講演で「なぜMyDataに取り組むのか」を語りました。

これまで、オープンデータという運動は「公共財としてのみんなのデータをみんなにとってオープンに」、つまりみんなが使えるようにしていこうというものでした。

そして、ポロックは「これはコインの裏表だ。(オープンデータの)反対の面にMyDataがある」という説明をしました。MyDataは、みんなのものではなく私のものです。つまり今度は「私のものは、私にとってオープンであるべきだ」ということです。

ここで、スライドの「オープン」に線を引いていますが、このオープンという言葉は、単に見せる・提供するという意味だけではありません。自由に使用する・編集する・共有するという意味が込められています。

したがって、「みんなのデータは、みんながいかようにも使える」と同様に「私のデータは、私がいかようにも使える」という考え方です。

ところで、そのパーソナルデータの活用・オープンデータの活用には、ここ何年か非常に期待が高まっているわけです。原油と同じ社会資源であるという言い方は、世界経済フォーラムのものですね。

それから、公共系のオープンデータについても、「これは経済的可能性の金脈なんだ」という期待のされ方をしています。日本においても、行政機関が持っているデータを、みんなが使えるようにして活用するときには、公共の利益、経済を活性化することなどが非常に注目されるわけです。

ただ、それはみんなの利益ですからいいんですけれども、パーソナルデータについては「社会の資源だ」「みんなで使おう」という前に、あるいはそれと同時に、「私にとっての資源でもあるべきだろう」と思うわけです。

これは別に矛盾する話ではなく、社会にとって役に立つ道と、私にとって役に立つ道と、両方をきちんと見ていく必要があるということです。

データはオープンであるほど、掛け合わせと利活用がしやすい

なぜオープンである必要があるのか。「誰もが、いかなる目的でも、自由に使用・編集・共有できるデータ」というのがオープンデータです。

データは、いろいろな利用条件がついていない「オープン」であるほど、掛け合わせと利活用がしやすいですね。活用しやすいということは、いろいろな価値を引き出すことができる、価値を高めることができる。クローズドなデータは、誰も使ってはいけない、誰も使用・編集・共有してはいけないデータです。しかし実際のデータは、資格や目的、費用、入手方法など、いろいろな制限がかかっているわけです。

データを活用する場合には、あるデータと別のデータを掛け合わせて、その組み合わせでなにか新しい価値を生み出そうとするわけですが、そこにそれぞれいろいろな条件がついてしまっていると、掛け合わせがしにくかったり、余計にコストがかかったりしてしまって、結局使えないです。使えないから、データの価値も引き出せないです。

ですから、なるべく使いやすいデータを作っていくことが必要です。このスライドの図は、みんなが使えるデータについて言っていることですけど、このオープンという考え方は「私が、私に関するデータを、いろいろなところから集めてきて使う」ときにも求められる考え方ではないかと思います。

さて、このMyDataのコンセプトが非常にいい考え方だと思ってフォローし始めて、2016年のカンファレンスに参加しました。そこで、同じ関心を持って日本から参加していた方々がたくさんいました。そのメンバーで、「これを日本でもやりたいよね」と話しました。

自分たちの研究者コミュニティや、技術者コミュニティの中で閉じるのではなく、より多くの人を対象とする一般参加型のカンファレンスを開いて、みんなとこのコンセプトを共有し、考えていきたいという思いから、MyData Japanをやろうということになりました。

MyDataはもともとフィンランドで生まれたホワイトペーパー源流ですが、カンファレンスが3回開催され、関連するいろいろな活動が発展してきています。そのコンセプトもだんだん洗練されてきました。MyDataのビジョンは現在、「個人が自分自身のデータの主導権を握る」ことだと定義されています。

デジタルな人権の強化を目指す

MyDataのアプローチは、このスライドの図にあるように、個人を中心とする周りのいろいろな関係者との「相互信頼の上に築かれる、パーソナルデータに基づくサービス」を作っていくことです。「企業が開発するための機会を作っていきながら、デジタルな人権の強化を目指す」というようなことを(MyData visionでは)言っています。

フィンランドのMyDataカンファレンスでは世界中のいろいろな国々の方が集まってきてディスカッションしますけれども、おそらく、人権や倫理などといった言葉を、この種の会議を日本でするときよりも、かなり多く聞きます。

それだけこのテーマは、技術やサービス、ビジネスを作っていくことと同じぐらい、私たち個人をどうしていくのか、社会をどうしていくのかという、倫理や哲学の部分で大事なことを突き付けていると言えると思います。

MyDataのプリンシプルスが3つあります。ヒューマンセントリック、データのユーザビリティ、そしてオープンなビジネス環境です。3つがしっかり並ぶわけです。ビジネス環境だけを作っていくだけでもなく、ユースケースを作ればいいわけでもなく、人権だけを追求するのでもなく、いろいろな観点から議論をしていくところが肝だろうと思います。

こういった活動が広まっていく中で、MyData宣言ができました。もともと英語で作られて「賛同する人が署名をしましょう」ということで、グローバルに広がっていきました。この中で触れているのが、「行使可能な権利」です。そして、プロテクションからエンパワーメント。それから、クローズドからオープンなエコシステムということで、これが先ほどサラさんがおっしゃった部分になります。

この宣言については、日本語訳もあり、サイトで紹介しております。長いので全部をご紹介することはできませんけれども、ご覧いただければと思います。そして一番上に「署名はこちら」というボタンもありますので、賛同いただける方は名前を連ねていただければ幸いです。

偏らずにバランスを取りながら、みんなでデータを活用していきたいわけですが、これからのデータエコノミーは、おそらくいろいろなところにデータが分散的に存在していて、それをAPIでお互いに繋いでいくと思います。それはいいわけですけれども、その中で個人はどこに位置づけられるか、ということなんですね。

また一方で、プラットフォームモデルというように大手グローバル企業がデータを握って、そこにいろいろなサービスが繋がっていくという側面も、一方で進んでいるわけであります。この綱引きがで「個人の意思や関与は大事だと思うんですね。

MyData推進の上では倫理を忘れてはいけない

MyDataは、いろいろな分野の関係者の真ん中に、「個人」を置くという考え方です。自分が関わらないところで、自分に関するデータがあちこち繋がっていくモデルではなく、真ん中に個人を置いて、ここでデータが連携していくモデルがいいと考えます。

個人は、コネクションポイントであり、コントロールポイントであるということです。個人は誰が自分のデータを使うのか、どのように使うのかについて決めることが求められるわけです。

MyData Globalは、こういったゴールも掲げています。1つ目は、「倫理的であることが経済的利益を生むことを示す」。経済的利益を生みたいわけです。活用を進めるためにはきっと、企業が経済的な利益を得て、いろいろな活動をしていくということが欠かせません。

しかし、そこで倫理ということを忘れてはいけない。むしろ、人々に受け入れられるサービスを作っていることが、ちゃんと経済的に成り立つことに繋がっている。こういう状態は可能だということをを示していきたいと言っています。

例として、スライドに「フェアトレードコーヒーのように」と書かれています。フェアトレードコーヒーが確立することでそう謳っていないコーヒーも、これまでよりフェアな環境で作られるようになっていく、そういうことだと思うんです。

それから、「MyDataを意思決定者のアジェンダにする」ということです。政策立案者や、産業リーダーの方々とお話をしていくと、口では「個人情報の保護は大事だ」と言ってくれるようになってきているとは思いますけれど、しかし一方で、「隣の国では強力な企業がデータを集めている」「政府が個人のデータをたくさん握ってイノベーティブなことをしている」とそういう国を非常に羨むようなリーダーもいます。

「それでいいのか」と思う私たちは彼らとディスカッションをしていきたいわけです。MyDataは、倫理的であり、経済的でもあることを、意思決定者とディスカッションして、合意して、これを共通の目標にしていきたいです。

そして「MyDataの世界的な認知を広げる」ということです。MyData Glonalはパーソナルデータの活用において、「世界的なグループといえばここだ」というふうになりたいと掲げています。サラさんのお話は、基本的にはヨーロッパから出てきたコンセプトですので、ヨーロッパの文脈に基づいていたと思います。

しかし私たちは日本というヨーロッパとは違う環境にいます。アメリカ企業のサービスをどれだけ使っているかということもそうですし、それから隣の中国のモデルとの近さということもあります。実際に、中国企業と取引関係を持った企業がたくさんありますし、中国の人たちが日本にたくさん来ていますし、私たちも行きます。

関係が非常に深い中で、どういうデータの取り扱いをしていくのかは、距離感が近いというか、今考えなければいけない課題になっていると思います。その意味で、この日本でこの議論をしていくことの意義は大きいだろうと思います。

MyDataに関する取り組みをする企業や組織がたくさん出てきています。MyData Globalにはいろいろな国の企業や組織が関わっています。スライドは去年フィンランドで行われたMyDataのカンファレンスで、ユースケースをみんなで集めることになって整理したものです。

ざっくり言うと、この整理した図の中の真ん中と、右側の上から2つ目あたりが、今のところ、情報銀行がカバーしている領域ではないかと言えます。

今日本では情報銀行がまさにスタートしようとしているわけですが、これをどう育てていくのかが、とても重要だと思います。