もうやんカレー社長 辻氏が登場

河上純二氏(以下、河上):「JJの部屋 by アクセラレータ」、今日のゲストはもうやんカレーの社長 辻さんです。どうぞ、お願いします。

(一同拍手)

辻智太郎氏(以下、辻):こんばんは。

河上:来ましたね。さぁ、見てください、この出で立ち。

及川:ははは(笑)。

河上:さっそくいじりどころですよ。ありますね。(辻氏の着ているウインドブレーカーを指して)これ、作ったんですか?

:もちろんです。

河上:持ってる人って、辻社長だけ?

:マラソンのチームみたいなのを店で作ったんですけど、その時につくって。これがウインドブレーカーで、あと走る用のやつとかもね。マラソンのチームはみんなこれ(着てる)。

河上:持ってるんだ。じゃあこれを着て大会の会場へ行くの?

:もちろん、もちろん。

河上:ははは(笑)。みんなびっくりするでしょ?

:すごい応援されますよ。ぜんぜん知らない土地行っても、「おー、カレー屋、がんばれ〜!」って。

河上:ははは(笑)。

:「知ってんのかなぁ?」っていう。

河上:なるほどね(笑)。

:ちょっと暑いんで、脱いでいいですか?

河上:どうぞどうぞ。……って、さらに着てるやん!

(一同笑)

河上:さらに同じデザインやん!

:いつものパターンでやらせていただいて。

河上:これオチ? 狙い? 鉄板トークってやつ?

:はい。

河上:つかむなぁ〜、やっぱり。つかんできますね、辻社長。

及川真一朗氏(以下、及川):バッチリですね。

もうやんカレーの前にやっていた、ライザップ的な仕事

河上:僕ね、実はちゃんと話すの2回目ぐらいなの。ですよね?

:そうですね。こないだお店で会って。カレー食べてる時に。

河上:そうそう、盛り上がって。それで、蓋をあけたら、同い年なの。今日はちょっと辻社長の過去から、未来の話までね、ちょっとしていこうかなと。

:同い年だし、しかも近所だし。

河上:そうそう。でも、行方不明になってる時期もあったっていうことでしょ?

:行方不明の期間、あります。

及川:ははは(笑)。

河上:そのへんね。まず聞きたいのは、もうやんの話を聞く前に、まず辻さんって何やってた人なのかなっていうのをね、ちょっと気になってて。もうやんをやる前っていうのは?

:あります、あります。僕、カレー屋じゃないですよ。

河上:もともと何でした?

:もともとは、スポーツ関係の仕事をしてたんですよ。

河上:へぇ〜。

:スポーツ関係の、ジムでマッスルトレーニングを教えてたりとか、あとプロテイン売ってたりとか、あとはバーベル売ってたりとか。あと、運動器具の修理をしてたりだとか。まぁ、メインはそこですね。で、あとは食べ物関係の、健康・食べ物関係。そのへんですかね?

河上:それは、どれぐらいやってたんですか?

:通信教育の大学行ってたんですよ。だから、働いてたんですよね。高校卒業してから、まぁ途中あって、東京また戻ってくるんですけど、東京に戻ってきて、大学に普通に入れる頭がないんで、通信教育で入って、一応ちゃんと4年で卒業したんですけど。その間に、食品関係と運動関係をずっとやってましたね。

河上:そうなんだ。何年ぐらいですか?

:だから、4年間。その運動関係は卒業したあとに就職したんで、5年ぐらいかなぁ? アルバイトでやってて。

でね、よく運動関係の器具が、いろんな、例えばガッチャンガッチャンやるやつとか、ランニングマシンとかね。いろんなのを通販で売ってたんですけど、よく(少年)ジャンプあったでしょ? ジャンプの裏とか、よくほら、昔あったじゃない。

及川:ありましたね!

河上:通販の器具ね、あぁ、ありましたね。あっ、あれ取り扱ってたの?

:あれの会社にいたの。

河上:へぇ〜! 意外。

:いわゆるモニターみたいなので、使用前・使用後みたいなの、僕よく載ってましたよ。

及川:ははは(笑)。

河上:映ってたの?

:「お前、ちょっとやってくれよ」とかって言われて。

河上:なるほど(笑)。

:最初はこうやってデレーンとしてるんですけど、ビフォー・アフターで、アフターになるとこうやってバチッと。

及川:ははは(笑)。

河上:ライザップのCMみたいじゃないですか(笑)。

:日サロとか行って、アフターは。

及川:アフターは(笑)。

河上:ははは(笑)。それをじゃあ、5年ぐらい?

:やってましたね。

ロッキー世代の健康管理方法

河上:そのあとにもうやんカレーを始めたんですか?

:そこの会社には寮があったんですよ。アルバイトでずっとやってたんですけど、なんかそこに就職することになって。それで寮が月1万円だったんですよ。

及川:安い。

:いいなぁと思って。場所がね、田園調布のほうのけっこういいところで。そこが1万円で住めるから、もう入るしかないなと思って、そこにいたんですけど。

その時に、まぁそういう運動関係だから、体にいい食い物というか、そういうのをこう、毎日毎日自炊でね、作ってたんですけど。田園調布だから、近くに「スーパー田園」って、けっこう高級なスーパーがあるんですけど、当時まぁ独身だし、そこそこ普通にお金もあったんで、食材なんかももうあんまり値段気にしないで、そこで買ってたんです。

それで、野菜をたくさん使う料理だとか、運動したりするために何がいいんだろうって。当時はねぇ、20年以上前ですから、なんか「プロテイン飲んどきゃいいんだろ」みたいな、「卵飲んどきゃいいんだろ」みたいな、そういう風潮があったんですけど。

及川:ははは(笑)。

河上:まぁ、ロッキーとか見た世代だから(笑)。

:「卵をジョッキへ入れて飲んどけば間違いない」って。でも「それでいいのかな?」っていう疑問があって。僕、人体実験で何度かそれやったんですけど、あんまりねぇ、調子良くはないですよ。まぁ若かったからなんとか消化できたんでしょうけど、比べるとあんまり良くないです。

人体実験を繰り返した結果、生まれたのは……カレー?

:それで、たまたまうちのばあちゃんがね、ボソッと「最近の野菜はあんまりおいしくないねぇ」みたいな話をしてて。どのくらいおいしくないのかみたいなことをいろいろ話したら、まぁ3分の1だと言うんですよ。何もかもうまくないと言うんですよ。

河上:うんうん。

:魚だとか、貝だとか、果物、野菜、すべて。3分の1だって言うから、いろいろ調べたら、やっぱり栄養価が3分の1らしいんですよ、昔に比べると。野菜類。

河上:そうなんですか。へぇ〜。

:昔は相当うまかったと思うんですよ。天然というか、無農薬というか、そういう感じのね。まぁ、だったら、じゃあ僕が作るときは、もう昔の野菜は売ってないから、「じゃあ、3倍入れりゃいいじゃん」と思って、3倍入れた野菜のごった煮を作って、毎日。

それをごはんにぶっかけて、こう仕事へ行って、ガチャガチャやったりとか修理したりとかをしてたんですけど。それをやってるとね、味、もともと料理なんか僕しないので、スーパー田園でいろんな調味料を買ってきて……。スパイスはね、当時もあそこのスーパーは全部揃ってたんですよ。さすがはスーパー田園。

河上:そうですね、スーパー田園ね。高級街だからね。

:全部揃ってて。それで、なんだかわからないけど、とりあえず1個ずつ買っていって、においを嗅いで、これを食べたら翌朝どうなってるかみたいな人体実験を、毎日毎日。

河上:ふふふ(笑)。

:それをしていって、野菜とか、果物とか、出汁とかもね。出汁も、いろんな肉、魚、野菜、あとカツオ、昆布とかね。そんなありとあらゆる出汁をいろいろ組み合わせたりね。

河上:やってみてるっていうことでしょ?

:やってみて。毎日自分が食べるから、夜と朝。朝も食べるんですよね、朝も夜の残りを、ぶっかけごはんで。だからもう、調理の手間もないしね。毎日それを食べてたんですよ、野菜ごった煮のぶっかけごはん。で、それを作ってたら、スパイスがだんだん増えてきたんですよ。毎日毎日やるから。

河上:なるほどね。

:調味料とかも増えてきて。で、ある日気がついたら、「これ、カレーじゃねぇの?」って。

(一同笑)

完成するまでに2週間かかるカレーの作り方

:これはカレーだなと思って。

河上:ここで出てくるの?

:そうなんですよ。別にカレーを作る必要はなかったんですけど、「カレーじゃねぇ? これ」と思って。

河上:偶然の産物っていうこと?

:「これ、どう考えたってカレーだろ」って。

河上:ははは(笑)。

:「しかも、めちゃくちゃうまいぞ」と。調子いいし。

河上:はいはい。野菜だからね。

:人体実験してるしね。

及川:そっかそっか。

:毎日食ってるし、夜と朝。めちゃくちゃ調子いいし。なんか他のもん食べると調子悪くなるぐらい。

河上:なるほどね。もう、それが今のもうやんカレーの原点?

:そうです、そうです。だから、うちが出してるのそのままですよ。

河上:へぇ〜。そうなんだ。

:お店にでっかい看板あるんですけど、あれでグルグルやってるのは、あれ、野菜を炒めてるんですよ。2日も3日もね。あれをグツグツやっといて、それをベースに、いろんなものを、スパイスとか。

河上:すごいよねぇ。俺、ホームページ見たんだけど、カレーが完成するまでに2週間かかるんだってよ? すごくない?

及川:すごい。

河上:でしょう?

:もともとの調味料とか作るのも、全部うちでやるんですよ。あとスパイスなんかも、粉のやつじゃなくて……。スパイスってね、油に溶けるんですよ。だから、オリーブオイルとかそういうのに漬けて熟成させたやつを先に作って。もう、そこから始まるから。

河上:へぇ〜。

:野菜炒めるのは2日か3日で終わるんですけど、あとはその、ルーにして冷蔵庫の中で熟成させたりとか、食べる状態にしてまた置いておいたりとか。なんだかんだ考えると、やっぱりそのくらいかかっちゃうんですよ。