成功のフォーマットがコモディティ化している

許直人氏(以下、許):箕輪さん、ありがとうございます。この会場の中に、私が知る限りで、上場企業で本部長クラスまでいった方が何人かいます。事業化の承認を通したことがある人だったら、「このビジネスの成功の確率は?」「蓋然性は?」と聞かれたことのある人はたくさんいると思うんですよね。

箕輪さんの言っていることは、成功の確率や蓋然性みたいなものとは真っ向から背反しているけれど、アカツキさんもその他のクライアントも、一部の人は気づいていると。

箕輪厚介氏(以下、箕輪):逆に、今まで言われていたその可能性が当たらなくなってきた。そういう切実な思いがあるんだと思いますよ。「可能性が高いですよね」と言っても、本当にふわっとしか当たらない。本とかでもそうですよ。

実はこれ、今に始まったことじゃなくて。「誰か1人が熱狂していたら上手くいく」というのは、昔からサービスやコンテンツはそうだったけど、それがもう如実すぎるんです。あまりにも成功のフォーマットがコモディティ化したということですよね。

だからもう、そこにしか答えがない。「これは何パーセント当たる可能性があります」というものが、本当に単なるグレーになってしまった。だから、人間が差異を生み出すのはゼロイチのクリエイティビティか、あとはもう人間関係しかない。要はエモーショナルで、「この人のためだったらがんばろう」というもの。この2つ以外はお金にならないと僕は思いますね。

主語を「自分」として行動できるか

:はい。おっしゃる通りだと思います。「合理性の先に成功がない」というのは意外と合理的なんですよね。みんなが同じ情報を持って、みんなが合理的に考えたら、結局みんな同じ戦略になる。だからその先をやっていっても、勝ち目はないんです。

ここにいる人たちはみんなそれに気づいているから、こういうイベントに、その「変なもの」に触れようと思って足を運んでいる。だけど、これを会社に持ち帰って、合理性のビジネスや意思決定プロセスの中に持ち込んだときに、どうやってそこを通り抜けていくのか。

箕輪:そこは各会社によって違うと思うんですけど、「主語が自分」なのが前提です。

ドラマの台本のように「自分」というものがいて、例えば主人公となる自分の名前がタカシだったら、タカシがこの会社をどう変えていくか。

「この旧態依然とした会社で、どうやってめちゃくちゃな企画を出して通すか」という物語を楽しもうと思うだけ。それができないのであれば、その会社は無理だから辞めた方がいいと思う。

「うち、パナソニックだからな」とか「うち、〇〇だからな」とか言っているくらいだったら、もう無理だと思います。

会社にではなく、市場で評価される人間になれ

:今のお話の中で、箕輪さんは「俺だから」と言っているけれど、その「俺だから」という結果が出る前に、その行動ができたところがポイントだと思っていて。会社員は選択肢がないじゃないですか。上司から言われたら、言うことを聞く以外には辞めるしか選択肢がない。

箕輪:でも、そうなっている時点で絶対に終わりです。よく言われる話ですけど、上司や会社を見るんじゃなくて市場を見るってことで。僕が強いのは、幻冬舎に……まあ見城さんと特別な関係なのは置いておいて、前の会社でも今の会社でも、幻冬舎や双葉社に評価されているわけじゃなくて、市場に評価されているわけです。

僕は別に、会社をクビになっても、次の日から誰よりも売れる本を作れるフリーの編集者として生きていけるので、むしろ強いですよ。でも、それでうまくいったからといって会社に文句を言っていたらだめです。

:そうですよね。だから「自分が中心になれるか」ということだと思うんですよね。仕事は人生であり、会社はその仕事を与えてくれるけれど、人生のオーナーシップは自分にあるわけです。

だけど、会社から仕事をもらっているうちに、人生のオーナーシップまで会社に奪われてしまっているのかもしれない。

そんな中で、「辞める」という選択肢や、「こうしたら」という別の選択肢を持つことで、自分の人生が支配されるのを突っぱねられるようになったところがあるのかなと。

箕輪:まったくそうです。社内で強くなりたかったら、社外で有名になれという、単純にそれだけです。だから市場を見ろということです。

サッカー選手化していくビジネスパーソン

箕輪:例えばスポーツはビジネスの10年先くらいをいっていて、中田英寿やカズがヨーロッパに行ってグローバルになった10年後には、ビジネスもグローバルになっていたり。

スポーツにはそういうところがあるんですけど、今はすべてのビジネスパーソンがサッカー選手みたいなものだと思うんですよ。優秀で点を取ったりして活躍するなら、どんどん年俸も上がるし移籍もできる。

でも、例えば東京ヴェルディで監督と仲がいいから試合に出れるみたいなやつは、どうしようもないじゃないですか。監督が変わったら終わりだし、監督とよくご飯を食べるからフォワードに使ってもらえるみたいなやつって、そもそも意味がない。

今まで日本の企業で当たり前に起こっていたこういうことは、もう通用しなくなっている。ビジネスパーソンの価値を決めるのは市場の評価だけになったという、ただそれだけです。

だから、ガチで面倒くさいといえば面倒くさい。今までは監督に「うーす」「がんばってますよ」と、監督の前だけで筋トレしていればよかったのが、監督の前で遊んでいても、試合で点を取れば評価されるようになってきた。

これは健全で、別にがんばっているふりをしなくても、結果を出せばいいわけです。逆に結果を出さないでがんばっているふりをしているやつは使われない。本当にヨーロッパのサッカーみたいになっただけなんですよ。

だから「ここからはサバイバルでがんばりましょう」と。そうなると「つらいわ」と思うかもしれないけど……まあつらいですよね(笑)。

(会場笑)

もう「奴隷の幸福」を感じられる時代ではなくなった

箕輪:今までよりつらいし、今までが本当にゆるかったんだと思う。僕が言うのもなんだけど、新卒で入って、あとは言われたことをやっていればよかった時代ってゆるいですよね。逆に言われたことをやりたくない僕みたいな人は、その人生のほうがつらかった。

「奴隷の幸福」という言葉があるんだけど、与えられたものをやっていればいいという、ある意味奴隷的な幸福が今はなくなって、自由競争になってしまった。

「そんなの受け入れられないよ」という気持ちはわかるんですけど、否が応でもそうなってしまったんですよね。だから上や会社を見るんじゃなくて、市場を見る。そうすれば超自由ですよ。

:おもしろいですよね。箕輪さんは、会社と個人の働き方の関係の話をしているときに、「会社が」という話は一切しない。「お前がどう変わるんだ」「ビジネスパーソンとしてどう生きるんだ」という、自分中心の、主体性をフォーカスすることに振り切っている。

箕輪:それはそうですよ。だって本当に極端な話、会社を通さずに僕とホリエモンが組んで本を作って、勝手に流通させちゃえば売れるわけですよ。そういう世の中になってきているんです。すべての既得権益が溶けていって、「誰がなにをやるか」の「誰」が強くなってきている。そこで勝負するしかないですよね。

:そうですね。さっき自分は「不安で毎日飲んでいます」と話したんですけど、私、けっこう不安な状況が好きで。逆に不安がない状況はやばいなと思って、あえて飛び込むところがある。なんだか、そのやばい状況でしか成長できないところがあると思って。

箕輪:それはそうですよ。