業界が盛り上がるのなら、ライバルは歓迎したい存在

木村和貴氏(以下、木村):なるほど、わかりました。ありがとうございます。お時間がけっこう迫ってきているので、ここで質疑応答に移りたいと思います。会場のみなさんからも登壇者の方に質問していただければと思うんですが。質問のある方は挙手をお願いします。

(会場挙手)

質問者1:貴重なお話、ありがとうございました。川井さんへの質問ですが、Meilyさんに似ているサービスとして、LucmoさんとTRIBEAUさんがあると思います。それらとMeilyさんの違いは何でしょうか?

ちょっと正確じゃないかもしれないんですけど、TRIBEAUさんの方が先にリリースしていると思うんですよね。その状況で、市場占有率でいうと、もしかしたらそれらのほうが大きいかもしれないんですけど。今後どうやってそこをうまく進めていくかの戦略を、話せる範囲でいいので教えてほしいです。

木村:ありがとうございます。川井さん、お願いします。

川井優恵乃氏(以下、川井):最初は競合がいなかったんですが、結果的に私たちはサービスのリリースは最後になりました。美容整形はすごく意思決定が難しいというか、保険とかと同じで、すごくいろいろ考えた上で選ぶものなので、プロダクトが何個かあるほうが、ユーザーにとってもいいのかなと思っています。美容業界を一緒に盛り上げていくという観点では、競合が出てきたことは、いい盛り上がりなのかなと考えています。

プロダクトは、いい機能とかはすぐにどこも取り入れてくると思っていて。いずれプロダクトの質は均等化してくると考えています。実際に韓国の美容整形のアプリは機能が2つあるんですけど、どれもできることは同じなんですね。

どこで市場を勝ち取るかというと、やはりマネタイズ部分になってくるかなと思っていて。そこを勝ち取るための戦略はここでは話せないんですけど、そこをどう戦略を立ててやっていくかの部分は、これから重要になっていくかなと思っています。

質問者1:ありがとうございます。

世の中を豊かにする、新しい美容ビジネスのかたち

木村:できるだけ、みなさんの質問を受けられればなと思うので、なるべく簡潔な質問をいただけると、たくさんお話ができるかなと。

質問者2:貴重なお話、ありがとうございます。2点ありまして、古木さんに質問です。先ほどの自己紹介のとき、美容業界の構造や、ホットペッパービューティーの未掲載サロンが85パーセントくらいということがスライドに書かれていたと思うんですけど。あちらのマーケティングデータは、どういうふうに調べられたのかなと思って。

古木数馬氏(以下、古木):未掲載のサロンですか? 単純にホットペッパービューティーさんが、サロン掲載数を公開しているんです。美容室の数は厚生労働省も経産省も両方公開しているので、そこから得ています。

質問者2:ありがとうございます。もう1点ありまして、実は僕も美容師を10年やって、経営も5年やっていました。外部から美容室のコンサルをしようと思って企業に勤めているんですけど、多くの美容師さんに関わってコンサルティングしていく中で、今後これだけ多くの方が外部から美容に興味を持っていくというのは、中にいた人間としてはすごくいいなと思います。

美容というキーワードに対して、これから新規ビジネスというのは、ご自身のビジネスモデル以外で、どういったものが出てきたら豊かになるのか。こういうサービスが出てきたら、より発展していくんじゃないかなというところで、お二人はどう考えているのでしょうか。

古木:美容業界の美容サービスというところ?

質問者2:諸々、新規ビジネスです。

古木:ああ、新規ビジネスで。いろいろあるよな……。

木村:妄想ベースでも大丈夫なので、今やられていること以外で、どんな事業が生まれてきたらおもしろいなと思いますか?

古木:自分でやりたいなと思っているので(笑)。ちょっと言えないですね……。

吉本興業的構造のタレント事務所型サロン

木村:川井さん、もしご意見があればお先にどうぞ。逆にいうと、当事者起点でというところだったので、それ以外の領域について、そこの質問というのも難しいかもしれないですけど、何かありますかね?

古木:チャンスがあって、自分でやろうと思っていることばかりで。サロンでもいいですか? 僕は美容室のスタイルについて、大きく3つの可能性があるかなと思っています。1個は、店舗展開していくとか、従業員をいっぱい雇うというときに、マネジメントコストがかかったり、マネジメントできなくて、その1店舗が潰れたら、ボンボンボンとなくなっちゃっているパターンはよくあるんですよね。

なので、マネジメントのことを考えたときに、1店舗型ですごく大きいサロンを作るほうがいいんじゃないかなと思うのが1つ。もう1つは、小さい店舗型で、5人以下とかにして、それで店舗展開していくのがいいんじゃないかなというのもあります。

これは、僕が自分でやろうと思っていないスタイルなんですけど、美容室に関しては、タレント事務所型が来るんじゃないかなと考えています。どういうことかというと、美容師さんのインフルエンサーがすごくたくさんいて。僕も週末、インフルエンサーがたくさんいるサロンさんに誘っていただいて、お邪魔して美容師しているんですけど、美容師の仕事って1人で1から10まで全部できちゃうんですよね。インフルエンサー美容師は数百万円稼ぐわけですよ。

なので、雇用の関係とか、業務委託はちょっと違和感があるプレイヤーが潜在的にたくさんいて。どっちかというと、例えば、お笑いの吉本さんみたいな感じで、さんまさんや紳助さんみたいな美容師がいるわけですよ。ああいう人たちは、縛るのではなく、契約関係で事務所型にする。

インフルエンサーは、いろんな商品やマーケティングなど……別のところでマネタイズできるので、僕がもし今の事業をやっていなかったら、タレント事務所型サロンをやっていたかなと思いますね。そういうかたちがいいし、注目度も集められるし、めちゃめちゃおもしろいなと思っています。

木村:おもしろいですね。じゃあ、続いての質問にいきますか。

美容市場は、エンジェル投資家がすでに目をつけている

質問者3:ありがとうございます。お二方とも個人投資家から資金調達されていると思うんですけど、ある程度の資金額を調達できるとき、ピッチとかをされると思います。

そのときに、「じゃあ投資します」と一番キーになる部分は、単純にお二方のエモさみたいなところにくるのか、のちのちに描いている大きい理由のマネタイズのところに、ある程度の利益還元があると踏んで、資金調達を踏み切られたのか。言える範囲でいいんですけど、教えていただけたらなと。

木村:では川井さんから。

川井:投資家なので、リターンはもちろん考えてのことなので、まず、市場はあるかということと、その市場で勝っていけるのかという、この2点だと思います。あとは、人によっては人柄とか。

けっこうこの業界は、著名なエンジェル投資家全員が張ってくれるっていうくらい投資をしてくれているんですよ。つまり、もう市場はあると。じゃあ、その中でどういうふうに勝っていけるかを、壁打ちしたり、チームがちゃんとこれからやっていけそうかというところは見られていましたね。

木村:古木さんは?

一緒に夢を追いかけてくれる投資家に恵まれた

古木:すいません、先に質問なんですけど、よくインターネットで見かける「エモさ」って、何ですか?

質問者3:なんかこう、「熱い」みたいな。エモーショナルさのことです。私は現場主義なのですが、お二方ともプロダクトリリースしているなかで、現場がニッチな趣向性オンリーだと……。

古木:そうですね。最初に投資を受けられたときは、今考えれば、あのときはなかなかいい数字が出ていたので。数字がどういう意味なのか、僕はわからなかったんですけど、それはあるかなとは思うんです。でも、たぶん、投資してくれる方も、それがどういう数字かわからなかったと思うんですよね。僕が説明できていなかったから。

なので、エモさ的なやつなんですかね。思いというか、そういうもの寄りなんじゃないかなとは思います。当時、実現したい最終的なモデルはずっと変わっていないし、戦略とかもぜんぜん変わっていなかったりするんですけど、ビジネスモデルはマネタイズによってけっこう変わるじゃないですか。

そのときはまだ、誰でも思い浮かぶようなちんけなモデルだったりしたので、そういった意味では、これからの期待感とか、そういうものだったんじゃないかなと思います。今もそういうスタンスで関わってくれているというか、リターンというより、僕らの投資家さんは、けっこう夢を一緒に追っかけてくれる方たちが多いかもしれないですね。

質問者3:ありがとうございます。