マネジメントとは、人に対して関心を向けること

藤野英人氏(以下、藤野):私は明治大学で教えているのですが。僕らが何を教えているのかと言うと、ベンチャーファイナンスという授業です。いろんなかたちで経営者の方であったり、べンチャー企業のマネジメントなどの話をするんですね。僕自身も話し、いろんな実際の起業家の人の話を聞いたり、チームディスカッションもします。

それで、「あなたは何を学びましたか?」という試験をしました。1人の学生さんが、いい意味で、すごいことを書いたんですね。びっくりしました。「マネジメントとは何かを私は学びました。マネジメントとは、人に対して関心を向けることです」と書いてあって。

中竹竜二氏(以下、中竹):すごいですね。

森本千賀子氏(以下、森本):深い。

藤野:「よくこの言葉を見つけたな」というか。要するに、結局これに尽きるんじゃないかと。「関心を向けること」は、まさにそうで。

私は、いろんな方にインタビューするのが仕事みたいなもので、いろんな会社の社長さんたちにインタビューするんですが、その時にすごく大事だと思ってるのは、どういう立ち位置で話すか……投資家というと、「金出してやるぞ、えらいぞ」みたいな、上から下へみたいな感じになると、身構えるし、怖い。

いい私を見せようとするので、なるべくそうでない立ち位置をする。でも、へりくだりすぎてもよくないので、どういう目線で人と話をするのがいいのかなと、ずっと考えていました。

その時に、僕はその彼が言っているのと同じことをしていて、「あなたのことを知りたくてしょうがないんだよ」という立ち位置が、いちばんコミュニケーションとしてベストだなぁと思いました。

要は、「あなたの会社、あなたのことについて、僕は本当に知りたくてしょうがないです」「あなたのこと、なんでも知りたいです」「あなたの会社、なんでも知りたいです」。健全な好奇心を向けて、話をしていくと、だいたいの人はなんでも話してくれるんです。

結局、みんなが何を一番求めてるのかというと、ほとんどの人が自分のことを聞いてもらいたいんですよ。自分のことや自分の苦労などを関心を持って聞いてもらえるということは、人間にとってハッピーなことなんですね。だから、「マネジメントとは、人に関心を向けること」というのは、すごいですよね。

根底にあるべきは「learn」の考え

中竹:いやぁ、ドラッカーよりいい言葉ですね(笑)。

(会場笑)

ドラッカーが例のマネジメントの定義づけをしましたけど、そっちのほうがすごいですね。

藤野:すごいんです。ある種、人間的なところを深く見てますね。だから、学生から学ぶ、まさに「学び合う」というところで、僕は彼から本当に学びました。お金払ってもいいぐらいです(笑)。

中竹:いやぁ、本当にすばらしいですね。実際、長い研究の歴史の中でも、マネジメントというのはけっこうサスティナブルというか、長期的になっています。

結局、何が大事かって、前まではやっぱり「control」とか、命令型の動詞が多かったんですけども、今は「teach」とか「coach」も、もちろんマネジメントとかにも使いますが、根底にあるのはほぼ「learn」ですよ。

森本:どれだけ我慢して、フラットで学ぶかというのが、今の組織の大きな課題なんですね。そういう意味では今、藤野さん、教えながら学んでいるというのは……。

藤野:そうなんです。だから教えることって、1人の先生が教える、2人学ぶことの話は、それは本当にそうだと思いますね。

だからみなさんも、どんな小さいことでもいいから、教える機会を持つといいです。僕は明治大学で16年間教えてるんですが……すごいことをあえて言っていくと、当たり前のことなんですけど、16年間、自分の授業を休んだことがないです。

中竹:すごいですね。

森本:えーっ、すごい。

藤野:どういうことかというと、自分の授業を自分でやってるから、絶対出席してるじゃないですか。だから、僕は16年間、自分の授業を受け続けているわけなんです。

中竹:そういうことですね。

藤野:そういうことです。先生としてやることは、絶対に自分が最初の生徒になって学ぶということになります。それは、みなさんが、どんな人でも、子どもであったり、小さいサークルでもいいけれども、何かの場で教えると、それが学びの場になるということですね。

学んだことをいったんゼロにすることも重要

中竹:学びの話に行きますと、たぶん、みなさんコーチをやられている方もいると思いますが、やっぱりコーチにとっても、学ぶことが大事なんですね。その中でも、「アンラーン(unlearn)」という言葉が非常に大事になってきます。学んだことをいったんゼロにする、素直に学ぶという意味です。

これがどんどん研究が進んでいまして。例えば、学習者が何によって相手に尊敬をするか、話を聞くかという研究です。そのポイントは、その人が言っていることじゃないんですよ。まさに藤野さんも言ったみたいに、その人が相手に興味を示してるかが、相手に伝わってるかどうかなんですね。

我々はついつい勘違いして、コーチになると「いいことを言わないと」「選手の知らないことを教えてあげないと」と思いがちです。実は、コーチが相手に対して、どれだけお前に興味があるかということに目を向けるほうがいい。これはエビデンスがはっきり出ています。

僕の先輩がアンラーンの本を今年完訳して出すんですが、そういうエッセンスがあります。これは僕の経験からしても本当に、早稲田の監督をした時、教える術がなかったんですけど。唯一やれたのは個人面談だったんですよ。

その時に、ずっと話を僕が聞くわけなんですね。それを紐解いていくと、彼らと1対1で話すときは、彼らのキャリアも含めて考えていましたので、関心をすごく寄せてたなと思っていて。それだけでも、なんか仕事できてたんだなぁと思って。

森本:十分ですよ。

中竹:ちょっと安心しましたね。

信頼されるリーダーのエピソード

藤野:日本生命の支店長で、どこの支店に行っても、そこの支店に最大の売上を上げる支店長の話を聞いたことがあるんですね。「いったい何をしてるんですか?」と。要は、保険のお姉さんとおばちゃんを、どうやってマネジメントしてるかという話で。彼がオフィスに行くと、いつも売上が増えるという話ですけど、彼は「おっ?」しか言わないらしいですね。

(会場笑)

もうとにかく(保険のスタッフが)メールを出して、「おっ?」「おぉ」「おぉ〜!」。

(会場笑)

「おぉ、おぉ〜!」と言うだけだけど、彼女らがとにかく何度も何度もメールを出して、話させて、「おぉ、おぉ」って言ってるだけで、それで売上がナンバーワンだって(笑)。

中竹:へぇ〜。共感してる感じなんですかね?

藤野:女の人は……大丈夫かな? 話を聞くのが大事だとよく言うじゃないですか。

森本:そうですよね、女性のマネジメントは、上司の方がまったく自分のことに関心がないとか、見てくれていないことが不満ですよね。

藤野:だからその人は、「はぁ〜」「ふーん」「はぁ〜!」という、そういう表情とか雰囲気を醸し出している。「この人は私の話をめちゃくちゃ引き出して聞いてくれているな」と思うところに、その人たちが信頼を寄せてがんばるというところがあるので。

リクルートの「Will」がカギになる

藤野:そういう意味で言うと、まさに本当に関心を寄せるとか、興味を示すのは大事ですよね。リクルートのWillとかね。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。