ハイブリッドスクーリングとEdtechの可能性

松浦真氏(以下、松浦):今回このパネルディスカッションでの全体のテーマは「企業が取り組むハイブリッドスクーリングとEdtechの可能性」というものです。それについて企業様と紹介していきたいと思います。

夜久さんが今回RSA(楽天ソーシャルアクセラレーター)をやっているのですが、支援期間が1月末まであります。後で細かくしゃべるのですが、夜久さん個人として、その中で企業としてEdtechやハイブリッドスクーリングみたいな新しい学びを作っていくことで、企業にとってどんな変化があったのかをおうかがいしてもいいですか。

夜久氏(以下、夜久):RSAの取り組みとしてというよりは、今回の事業ごとの取り組み、ワークショップの取り組みを通してということでいうと、例えばメリットと、デメリットとまではいかないんですけれども、それぞれがあります。

メリットが3点、デメリットが1点というかたちで整理させていただくと、メリットに関してはまず1つ、一番大きいのはやはり子どもたちと触れ合う時間を個人的に作れることです。

2つ目がそれに付随して、企業側の人間が発想の場を持てることがあります。そして3つ目に関しては、これは恐らく人文的なメリットになりますが、そこで子どもたちと一緒に「教育というものはどういうものなのか」を改めて考える場を持てることがあると思います。

そして、これはデメリットとまではいかないと思うんですけれども、それぞれの企業が「最低限のリソースで最大限の成果を出すこと」を目指すとすると、考えるところがあります。

各企業の事業部の人間が協働のほうにリソースを割くことに対して、どういうメリットがあるのかをもう少し明確にしておいた方がよりやりやすいかな、と自分は考えているんです。ただ、メリット3点はすごく素晴らしいと思います。

パパのコミュニティが強い墨田区

松浦:ありがとうございます。急に振ってしまってすいません(笑)。企業がこうやって教育に取り組むことが、本当にここ最近は増えていますよね。

イノベーションがゆっくりとしか進まない中で、民間だからこそできるルールチェンジというか、ゲームチェンジみたいな方法があるんじゃないかなと思っています。

それに挑戦されている森本さんが海外に呼ばれていたりもするので、Edtechの可能性は世界にも広がっている、という発想ですよね。

森本佑紀氏(以下、森本):というより、他のいろんな国の方がたぶん進んでいると思いますね。

松浦:森本さんが海外に呼ばれた理由はなんでしょうか?

森本:それはユーザーさんです。ユーザーさんがYouTuberなんですよ(笑)。僕はいろんな場所に行っているんですけれど、すごくおもしろかったことがあって。いろんな地区に行くと、だいたい呼んでくださるのはママさんなんですね。ママさんのコミュニティが呼んでくださるんです。

ですが、この前墨田区に行った時は、ほとんどパパだったんですよ。そこはすごくおもしろくて。自分たちでコミュニティを作って、自分たちの会社やリソースを使ってできる子どもたちの教育を勝手にやっているんですよ。

例えばメガネ屋さん。あるメガネ会社の方が、工場に連れて行ったり、メガネをどうやって作るかを教えたりしているんです。ある種子どもたちの遊びを、普段の自然な遊びと、ちょっと枠組みを作ってあげる遊びにしている。

他にも、自然系の雑誌出版社に勤めている方と一緒に虫を捕まえに行って、虫は何種類いるかをワークショップにしていたりします。「好きなことを持ち寄って」というのが、すごく多様性があっていいなと思います。そのときは60人くらい集まったんですけれど、三次会まで来た人が58人くらいいました。

松浦:すごいですね。

森本:すごいコミュニティなんですよ。

150年間変わっていない教育を変革するには

松浦:ここ最近、ホームスクーリングやハイブリッドスクーリングについて、いろんな方とお話しさせていただいています。お父さんもいなくはないんです。ですが、やっぱりお母さんが中心となっていて、今日もどちらかというと女性の方が多い場になっていますよね。

私もホームスクーリングをするお母さんたちと会うことが多いんですけれど、そこには一体なにがあるんでしょうか? Edtechのほうは企業に勤めている方が多い感じで、男性的な方が多いですね。

佐藤昌宏氏(以下、佐藤):理由はいくつかあると思うんですけれど、教育の変革は、例えば日本の教育は明治5年くらいから「学制」という仕組みに基づいてできてきたわけですけれども、まだ150年くらいしか経っていないわけですね。

その頃から教育を変えようと、昔から素晴らしいことを言っている人たちはいたんですよ。人間の智慧で教育を変えようとしてきた人はたくさんいました。ただ150年間、未だに変わっていないんです。

じゃあ僕たちがその人たちに、人間の智慧だけで勝てる自信があるかというと、ないと思っているんですよ。勝てないと思っているんです。彼らの方が賢いんじゃないかな、くらいに思っています。

じゃあ今現在において、我々がなにかを変えようとした時に、行動を起こすための最大の武器やツールなにかといったらテクノロジーなんですよ。当時、彼らにはなかったわけですからね。

テクノロジーといってもそんなに難しい話じゃなくて、このスマホ1個でいいんです。そう考えると、テクノロジー自体は一般化、コモディティ化して普及してきたことによって、僕たちはその武器を手にすることができたので、そういったテクノロジー主体の変革をしなきゃいけないということになってくるわけです。

教育にも、きちんと儲かる仕組みが必要

佐藤:そういう人たちが増えてきているのはいいことなんですが、これを本気でやっていこうとするとお金がかかるんです。こういう機器も含めてお金がかかってきます。教育であんまりお金の話をすると嫌われますけれど、儲からないと続かないんですよ。企業とEdtechの関係でいうと、やっぱり企業がどんどん入ってくるにはね。

松浦:それはそうですよね。

佐藤:支援する枠は限られてますから、ちゃんと儲からないといけないんです。つまり、教育のイノベーションを、もっともっと大きなうねりにしていくとしたら、儲かる仕組みにしてあげないと企業が離れていってしまうんですね。

僕たちはスマホを手にして一生懸命頑張りますが、もっと大きな国もあります。経産省は産業としても見てますからね。企業に対しても儲かる仕組みが必要です。

ただ、儲かるといっても時価総額を最大化するとか、私利私欲を最大化するという意味じゃないんです。ちゃんと適正な利益をいただいて、サスティナブル、継続的にするための仕組みがビジネスモデルですから。それをしなきゃいけない。

今はそれがあんまりできていないんですよ。だから企業を巻き込む際にはちゃんと「こういうかたちでサスティナブルになりますよ」という話を、ステップとして話してあげないといけないんです。

「100億円儲かりますよ」とかじゃなくていいんです。僕が企業を巻き込む時は、教育の市場規模とか、今後のポテンシャルを中心に置いてお話ししています。

数値で測れるものではなく、自分が本当に心を動かされたことは何か

松浦:今日話し合ったスタディログの話は、今回楽天さんとの協働スコープの中に入っていることなんです。私たちも、どうやったら子どもたちが取りたくなるログが作れるか、子どもたちとアイデアソンしながらやっています。

後でログに関する紹介事例をお見せできると思います。今までは通知表があったんですけれど、うちの子は学校に行っていないので通知表がもらえないんです。始業式と終業式、一部の行事には参加するので一応もらえるんですけれど、だいたい真ん中の、平均的な評価がついています。

3段階しかないので、「自分たちでどんな学び方を採るのか」「どんなふうに学んできたのか」を確認するにはどんなものがいいんだろうということを考えているのですが、そこに関して、森本さんとかたくさん話をお持ちだと思います。なにか記録はされていますか?

森本:はい、記録は取ります。僕たちはもしかするとこういう記録は日本で一番持っているんじゃないかなと思っています(笑)。

松浦:おお、すごい(笑)。

森本:いわゆる紙に落とした記録ではなくて、「こんなこと考えたよ」という動画で送ってくれるんです。それで僕たちは、どこに興味があったか、どこが刺さったのか、刺さらなかったかというデータを持っているんです。

それを将来的に振り返って、なにが一番大事かというと、対社会というよりは「自分は何が好きだったんだっけ?」「自分はどういうことに心を動かしたんだっけ?」ということなんです。

それを振り返るからこそ、この先の一歩には意味があるんだと僕は思っているんです。だから、社会に提出して意味があるようなかたちにしちゃうと、数値がメインになってしまうので。