プラットフォームとメディアの関係性

川原崎晋裕氏(以下、川原崎):木村さん、プラットフォームとメディアの関係性、事業を成り立たせる上においては、かなり重要なところなんじゃないかと思っているんですけど、どうですか?

木村和貴(以下、木村):そうですね。結局プラットフォーマーたちと、どう付き合うかという話かなと思っていて。そこで利益相反してしまうような関係だったら、くっつかないほうがいいわけですよね。

例えばAMPが立ち上がったときって、そのまま何もしなかったら、誰にもたぶん見てもらえないわけですよね。思いを持ってメディアをつくり、それを人に届けたいっていうところがあって、プラットフォームのほうには人が集まっているということであれば、そこが情報を伝えるための場所としてかなり有効に使えると。大事なのは、そこからいかに自分たちのファンを生み出していくか、という活動なんですね。

川原崎:刈り取っていく?

木村:そうですね。そこに情報を出していくんですけど、最初はたまたま見ただけでどこのメディアかもわからないんですけど、「なんかこのロゴよく見るな」とか「気づいたらこのメディアの記事好きだな」となっていくと、どんどん自分のメディアのファンになってくると。

そういうファンや、AMPに対する強い共感を持った人がAMPに集まってくると、それがむしろ価値として高いので、そういった人を集めていきたい。

川原崎:うまく利用してやろうと(笑)。

木村:言葉悪く言えばそうかもしれないですね。ただまあ、いい記事を提供することによって、プラットフォーマーさんにも還元できてるかなっていう。

ビジネスメディアの敵はビジネスメディアだけではない

木村:あとは先ほど話にあったみたいなオウンドメディアとメディアのコラボが、最近増えてきたなと思っていて。

自分たちが持ってないものを他が持っていて、その他に自分たちが提供できるものもあって、というパターンのときには、積極的にコラボレーションをしていくといいのかなとは思いますね。やっぱり今戦っているのって、ビジネスメディア内ではなくて、圧倒的に他のエンタメコンテンツたちだと思うんですよ。

このイベントが終わった後、帰りの電車でビジネスメディアで堅い記事を読むのか、面白い動画を見るのか、エンタメのニュース見るのか、となると心が負けてしまって、エンタメに行っちゃいがちじゃないですか。

川原崎:「心が負けちゃって」って。なかなかリアルな表現ですね(笑)。

木村:本当はビジネスの情報をいっぱいインプットしたいんだけど、ちょっとAbemaTVでも観るかみたいな。

川原崎:(笑)

木村:いい情報をビジネスメディアが発信していって、エンタメも面白いけど、ビジネス情報も知的好奇心がくすぐられて面白いよね、って思ってもらえるようなビジネスエンタメ化をするというか。そこにワクワクしてもらえるような記事をどれだけ出していけるかっていうのは、もうチーム一丸となってじゃないですけど、連携してやっていけるといいのかなとは思います。

メディアというインダストリーは、これから盛り上がっていく

川原崎:ありがとうございます。それでは質疑応答の前に、一言ずつ総括をお願いします。伝えておきたいメッセージ的なものがございましたら。

林亜季(以下、林):ビジネスメディアといってもいろいろあり、もうプラットフォーム化しているところもあれば、非常に分野を絞ってやっていらっしゃるところもあって、それぞれだとは思います。

最近聞くようになってきたのは、黒字化したとか、ある程度マネタイズの目処が立ってきたとか、スポンサーとコンテンツのかたちでまとまったお金をいただけるようになってきたという話です。

グローバルでは、今ネットメディアはしんどいみたいに言われてるところでありますけど、日本のメディアはやり方によって上向いているケースがいくつかあるな、というのはいろんな人に話を聞いていて思います。

Forbes自身まだまだ成長していけるという実感がありますので、メディアというインダストリーは、まだまだ盛り上がっていくんじゃないかなと、個人的には楽観的にかまえています。

以上です。

川原崎:わかりました。うちの会社も一応スタートアップに片足を突っこんでいるので、業界を盛り上げていただけるのは非常にうれしいです。

:ログミーさんもいっしょにみんなでやりましょう。

川原崎:みんなでですね(笑)。失礼しました。

:みんなで面を取っていくのが大事かと思います。メディア同士でコラボしたり。

川原崎:そうですよね、ぜひ。

木村:今あるでかいメディアは全部グローバルのメディアで、輸入された日本版や、すごく著名な編集長の方が立ち上げてるものが多い中で、AMPは本当に無名なところから、国内発で立ち上げてやっています。やっぱりスタートアップ領域やテクノロジー、カルチャーなど、そういう新しい未来をつくっていくところが、僕個人としてはすごく好きというのがあって。

そこの部分ってめちゃめちゃ面白いなと思っているので、そういう面白いところをどんどん伝えていって、みんなとワクワクしながら、ビジネスシーンで面白いイノベーションを起こしていくことができたら、メディアとしてはうれしいなと思います。

自分のフィルタを通して「自ら書く」ことの大事さ

川原崎:ありがとうございます。何かご質問のある方いらっしゃいましたら、挙手をお願いできますでしょうか?

(会場挙手)

はい。じゃあ、お願いします。

質問者1:本日はありがとうございました。大きく2点あります。発信者として意識されていることはなにか、ということと。ネタをつくっていくうえで、今現在どういうことを取り上げていきたいか注目しているものがあれば、教えていただきたいと思います。

川原崎:じゃあ、林さん。

:発信者として、いち記者でもありますので、常に意識しているのは、自分ならではのものを出すということですかね。

例えばよくあるのが、編集者としてライターさんに発注して、こういうふうに書いてください、というもの。実はそのほうがコストが安いかもしれないですし、スピード感も早いかもしれないですけど、自分で書くということは、自分のフィルターを通して、自分の言葉でということなります。

ですので、やっぱりなにか独自性のあるものを書いていければと思っているのが1つです。

あとこれはForbesっぽい話で、批判をやらなきゃジャーナリズムじゃない、みたいな意見もありますよね。でも、褒めないと伸びなかったりするじゃないですか。黒字が当たり前だと思って、赤字転落したらゴシップが出る。黒字になって順調に成長している企業のことは、あんまりスキャンダルもなければ、大きなニュースもないし取り上げない。それってなにか逆にバイアスがかかってるんじゃないかな、と思っていた部分もありまして。

すごく前向きな話だったら、ちゃんと客観的に、なぜうまくいってるのかをちゃんと意識して、メディアが取り上げていかないと元気にならないんじゃないかと思いまして。そこは意識しているところではあります。

実は大昔の人のほうがイノベーションを起こしていたんじゃないか?

川原崎:ありがとうございます。

:あ、すみません。注目していることを言うのを忘れてました。個人的にはイノベーションっていうのに疲れちゃって。

川原崎:イノベーション疲れ(笑)。

:イノベーション疲れですよね。みんなイノベーション、イノベーションって言ってますけど、実はずーっと大昔の人のほうが、いろいろイノベーションを起こしてたんじゃないかなと思ったりですね。

日本で初めて民間で飛行機を飛ばしたのは、朝日新聞だったという話があります。新聞社がそんなことをやってたんだという、そっちのほうがイノベーティブじゃないかなと思ったりして。

イノベーションと言いながら、意外とそんなにイノベーションではなかったりするので。イノベーションの次の話をForbesでは探していこうとしています。テクノロジーもすごく大事なんですけど、一方で文脈が本当にわかる人が大事にされていたり、文芸の復権みたいなところも含めて、また新しい大きな動きをつかみたいなと思っております。

川原崎:ありがとうございます。あと1つ、2つぐらいはいけそうですが、どなたかありますか?

(会場挙手)

はい。お願いします。