リクルートキャリア女性部長とメスライオンの出会い

――同じ人材業界で活躍する、お二人の出会いのきっかけは?

植村友恵氏(以下、植村):私は前から、メンバー経由の話で宇田さん(宇田川氏の愛称)を知っていたんです。通常の人事って、あんまりバイネームで社内で話題になる人はいないんですよ。

例えば「A社さんに行ってきます」と社名で言うことが多いんですけど、宇田さんの場合、どの会社にいても「宇田さん」という名称で出てきて。「植村さん、今日も宇田さんがマジやばかったです」とか。

宇田川奈津紀氏(以下、宇田川):やばいって、良い意味?(笑)。

植村:「こんなにバイネームで出てくる人事ってどんな人なのかな?」って、ずっと興味があって。メンバーに聞いたら、メスライオンの記事が送られてきて「これです」と。

うちのアシスタントさんまで、宇田さんとすごく仲が良くて。宇田さんが3社目に行った会社も、また私のメンバーが担当していて、「植村さん、メスライオンがついにサウス(グラントウキョウサウスタワー)にやって来ます」と。うちの会社のビルにやって来るという話があったので、ぜひお目にかかりたいということで。

メスライオンの記事でもすごいエネルギーだし、武士みたいな人じゃないかと思って、けっこうドキドキしてたんですけど。会ってみたら第一印象がすごく……お世辞じゃないんですけど、女性らしい愛情があるなと思ったんですよ。

仕事に対する愛情というか、自社をどう伝えればいいのかなと思っているところとか。第一印象は、愛情にあふれたとても女性らしい人で、あんまりメスライオンという感じがしなかったです。

宇田川:ありがとう。それ太字でお願いします(笑)。

(飲み物を注文)

植村・宇田川:乾杯ー!

メスライオンのスカウト文の極意は文豪譲り?

宇田川:最初に私たちが意気投合したところが、キャリアの話じゃなくて太宰治なんですよ。「スカウトの文章でどんなことを書いているか?」という話になって。コーディネーターや紹介会社でもスカウトを打ったりするから、いろいろ話をしていました。それで、「結局ひらめきじゃない? センスがないからひらめきが必要なんだ」という話をして。

そのときに「文豪がめっちゃ好きで……」って言ったら、(植村氏の)目がキラっとして。太宰治とか芥川龍之介とかめちゃくちゃ好きだし、文豪から得た知識でスカウトを書いていると言ったら、「私もめっちゃ好き!」って。

植村:最初に2人で飲んだときに、確か5~6時間くらい飲んでいるんですけど、ほとんどが宇田さんの文章とスカウトの話でした(笑)。

宇田川:「なんなの、その驚異的な返信率は!?」という。

植村:そうそうそう。「文章にはその人の思考や考えが出るから、私はそこにこだわっている」という話で、太宰治の話で意気投合したんですよね。

宇田川:あと、彼女は飾らないんですよ。

植村:私はあんまりキラキラ系ではなくて、スーツももはやのび太とかサザエさんみたいに定番のものが一番いいみたいな(笑)。地味ながらこだわりが強いところが、たぶん宇田さんと気が合う部分かもしれない。仕事の話もそうなんですけど、けっこうプライベートでも意気投合する感じですかね。

生涯営業、マネージャーはやりたくない

――植村さんはリクルートキャリアの女性部長、宇田川さんはメスライオンかつネオキャリア中途採用部の部長としてご活躍されていますが、どんなふうにキャリアを積んでこられたんでしょうか?

植村:私はあまり人の参考にならないタイプなんですけど。もともと母親が専業主婦で、小さいときから「お父さんに聞いてみないとダメ」と言われていたのがすごく嫌で。「お母さんの意志はないの!?」と常に問い詰めていたんですよ。

なので、小さいころから、大人になったら絶対自活して、だいたい年収1,000万くらいでゴリゴリに稼げる女になりたいと思っていました。

宇田川:あ、いいね。

植村:幼稚園の時も将来の夢は、手に職で稼げそうだから、大工。就活のときも、男女の差がまったく関係ない業界に行きたいと思っていたので、新しい産業じゃないと絶対無理だと思って。

2005年当時は、情報系のITか人材が若い産業だなとその時は思って。情報にはあまり興味がなかったので、前職の人材系の会社に入ったのがキャリアの始まりです。前職に2年くらいいて、リクルートは今年で13年目くらい。

宇田川:へぇ~。部長に任命されたのはいつ? 何歳で部長になったの?

植村:今年の4月で部長になって3年目です。ちょうど30歳くらいでマネージャーを3年半くらいやって、部長になったのが34歳ですかね。

宇田川:すごーい!

植村:もともとマネージャーすら、ぜんぜんなる気がなくて。私、営業がすごく好きで、営業で稼いでいこうと意思決定していたんですよ。リクルートって「Will Can Must」というものがあるんですけど、2~3年後に何がしたいか? というWillのところに「マネージャーはやりたくない」って書き続けてたんです。

宇田川:(笑)。

「絶対にやりたくない仕事」に向き合った転機

植村:私はプレーヤーがいいと。だから新人が入ってきて、「植村、教育担当やってくれ」と言われても、冷静に「お断りします」って言って。その代わり、「私に売上の目標数字をどれだけ乗せてくれてもいいので、教育担当はやりたくない」ってずっと言い続けてきました。

ずっと営業プロフェッショナルでいこう、と思っていたんですけど、たぶん当時は人材不足で、いきなりマネージャーの辞令が来ました。「マジか!?」という感じで、やりたくなくて3ヶ月くらいグレてましたね(笑)。

宇田川:それで改心したのは、何があって? もう逃げられないなって思ったの? 

植村:きっかけが2つあって。1つは、マネージャーになると決めたとき。お客さんですごく仲良くしてくれていた役員の方に、「すごく悩んでるんですよね」という話をしたんです。そのときに「俺は営業担当の植村ちゃんに言うことと、管理職の植村ちゃんに対して言うことはぜんぜん違うよ」と言われて。

「その世界を知らないって営業としてどうなの?」と言われて。確かにそれって(知ることが)必要だなと思ったのが、マネージャーを真剣にやろうと思ったときです。

もう1つは、メンバーがどんどん育ってきたこと。よく考えたら、自分が介在して対象が良くなることがすごく好きだから、営業が好きだったんですよね。メンバーにも同じことが起きてきて、私に向いてるのかなと思い始めて、3ヶ月経ってから本腰を入れ始めました。

宇田川:彼女のいいところは、拗ねていないんですよ。腹黒くないんですよ。要求されたものを受け入れるところがあって。私は「経営者の言うことにノーはありません!」「イエス! やります! できます! がんばります!」というタイプなんですけど。

彼女はそうじゃなくて、ちゃんと自分で腹落ちさせる。迷うけど、腹落ちしたらそれをやり切るところがすごくあります。

植村:あ~、あります。私、小さいころから意志が強くて頑固で。だから逆に自分にこだわっていると世界が広がらないし、自分なんて基本たいしたことない人間だという前提から始まっているので(笑)。

人様が言ってくれたことは素直に受け取って、それなりに腹に落としてやっていけば世界が広がるんじゃないか、という哲学があります。

10年本気で生きたら、人生は変えられる

宇田川:素直だよね。それはすごく思う。私は彼女からすると、ぜんぜんエリートじゃないわけですよ。寝ずに努力してトップ営業になって、私の人生これから花開く!と思っていたら27歳で会社が東証一部から没落して。

どん底にいたとき、うちの祖父の「お前はそんなにいいお家柄に産んでやれていないけど、お前の人生10年本気で生きたら、自分の人生変わるんじゃないか?」と言ってくれて。その言葉だけを信じて、「向こう10年独身で仕事貫いてやる」と思って走ってきましたね。

崖っぷちの人生を立て直す時間が10年。本気でやってみたら、37歳でありがたいことに世間様が「メスライオン」と呼んでくれたから、祖父が言っていたことは合っていたなって。自分の人生を立て直す、強い会社を作る、自分の介入価値(を高めること)が本当に(実現)できたから。

私も小さい頃から自立した女になると思っていました。私は私で、独立した生活を送れば、欲しいものは自分の力で手に入れられる感覚があって、それはすごく共感できる。

逆に言うと、自分の中ではすごく遅咲きだなって。メスライオンになるまでは敗者復活戦みたいだったから、ずっとエリートで来た人たちは輝かしくて気が合わないんじゃないかなと思ってた。

植村:あ~、なるほど。

宇田川:あなたが女性部長と言われているのと、私がメスライオンと言われているのは、たぶん最初に先行しちゃうイメージがあって。でも、会って話してみたらすごく違ったね。

植村:確かに。私は基本的にネガティブギャップをうまく使う術を常に考えていまして。たぶん女性部長という肩書も、普通に生きているとツンツンして見えたりすると思うんですよね。 相手がどう思うんだろうというところで、ちょっと柔らかい雰囲気でいくと「あ、なんかいい人なんじゃないか?」という。