日本のものづくり技術が生んだ、高性能な衛星

田中邦裕氏:みなさん、こんにちは。本日はTellus SPACE xData Fes.にお越しいただきまして、ありがとうございます。私、田中からは「Tellus バージョン1.0」について、お話をさせていただければと思います。

私は今年で41歳になるのですが、もともと高専に通ってロボットを作っていました。ものづくりに憧れて、小学校の時から「将来はロボコンに出たい」、そして「ものづくりに関わりたい」と思っており、高専に入学しました。

しかし、この30年ほど、日本のものづくりは非常に厳しい状況にあると思っています。とはいえ、日本のものづくりの質は非常に高い。世界屈指の性能を持った衛星がたくさん打ち上げられています。厳しい状況のなかでもこのようにたくさんのものが開発され、世の中では使われているという状況があります。

先ほどの(衛星の)ビデオでも、さまざまな利用例がありました。例えば宇宙から農作物の生育状況がわかったり、災害の予測、また災害後の現状把握。こういったことも、いろいろとできるようになっています。

とても良い衛星がたくさん作られていることから、それを活用している例も少なくありません。ここからは、その素晴らしい衛星であったり、たくさんのものづくりから得られたデータを、もっとたくさんの人に使ってもらうためのTellusについて、みなさんにご紹介させていただきたいと思います。

もっとも開発が必要なのは「ユーザー」「顧客」「開発者」

ではプレゼンのほうに移りたいと思います。Tellusは、先ほどご紹介がありましたように、大地の女神をモチーフに名付けさせていただきました。

宇宙からはたくさんのデータが読み取れます。その中で、どのようなデータをどのように組み合わせ、どのようなことができるのか。そこにはたくさんの可能性があります。これまでは一部の方がそれをやっていました。しかしこれからは、誰でも簡単に使え、そして使う人がたくさん増えることによって、よりたくさんのビジネスが作られる。このような世界を作り上げたいと思っています。

まずはじめにみなさんにお伝えしたいのは、「開発」というキーワードです。これまで衛星が開発されたり、それを解析するITシステムが開発されたりと、たくさんの開発がされてきました。ただ、今一番重要な開発は、ユーザー開発、顧客開発、そして開発者開発です。開発できる人を増やして、使う人を増やし、それが実際の世の中を変えていく。

最近は「イノベーション」というキーワードを、どこに行っても聞かされます。イノベーションの意味は技術革新だと捉えられがちですけれども、実際には新しく出てきた技術であるとか、既存の素晴らしいものを組み合わせて社会に変革を起こすこと、これこそがイノベーションというものです。

完成してから納品するのではなく、ユーザーを含めてみんなで開発する

開発者を作り、事例を作り、そして社会を変えるようなビジネスを作る。こういった開発が、実はTellusで一番重要なポイントでした。これまで国のプロジェクトというと、システムを開発してそれを納品するという開発が多かったです。何かを作って納品する、その時点でその製品は完成してしまっているというものです。

ただ、みなさまのスマートフォンは買った時からどんどんバージョンアップがなされています。今のものづくりというのは、実際に製造して納品した段階で完成するのではなく、完成する前からユーザーが使い始めます。ですので、Tellusにおいて一番重要なのは、システムを開発したプロジェクトではなくて、システムが動き出すことによってユーザーが開発され、実際に開発者がどんどん増えていくという状況を作ることでした。

これまで宇宙のデータというと、非常に特殊なものだと思われていました。私自身もこのプロジェクトに関わるまで、衛星の情報を活用するというのは特殊なことだと思っていました。

しかし、宇宙から見た地球の情報をもとに毎日天気予報を見て、台風の情報を見ているように、私たちはさまざまな宇宙の情報をもとに生活をしています。それに気づかされました。Tellusの開発において大切なことの1つ目は、そもそも宇宙のデータを「使える」ということではなくて、それが「ある」ということがもう前提になっている。この状況を作りたかったということです。

今でもJAXAなど、いろんなところから宇宙のデータを買うことはできます。しかしそのデータを使うことが、開発者の中で前提にはなっていません。例えばGoogleマップですと、開発者の中ではマッシュアップをしてGoogleマップを活用するというのは、もう当たり前になっています。Tellusを通じ、日本の衛星が蓄積していったデータを使うことが前提になっている状況にしていきたいと思っています。

衛星データを組み合わせて起こすイノベーション

すごく高い衛星情報を買い、3ヶ月や6ヶ月もの時間と膨大な開発費をかけて、なにかものを作ったけれども、結局なんの情報も出てこなかった。そうなると、購入したお金も、開発した期間も、すべて無駄になってしまう。逆に言うと、無駄にしないためには慎重にものごとを進めないといけない。それが、これまでの宇宙データ活用だったと私は考えています。

すごいスピードで開発をして失敗したとしても、そのコストがほとんどかかってない状態。強いて言うなら、自分の時間だけが無駄になる。それだけだったら自分の判断で失敗できますし、どんどんチャレンジができる。そういったことを意味しています。

技術を持った人がすぐに試せて、失敗したとしても何回もやり直すことができ、アジャイルなかたちで結果を出せる。100回、200回とチャレンジし、すごいデータが出てきた時点で、それが公開されてビジネスに繋がれば、新たなユーザー開発になるだろうと私は考えています。

そして、イノベーションです。すでに日本のものづくりで得られたたくさんのデータがありますし、たくさんのノウハウを持った人たちがいます。そういったデータやノウハウ、それにいろんな人たちが交じり合うことで、新たな価値創造がなされる。これが非常に重要なことだと考えています。

Tellusにおいては、さまざまな衛星によるデータを1つの画面の中で組み合わせ、そしてそれを活用することができます。また今後、それを複数の人で開発したり、開発したものを実際にマーケットプレイスで売るという機能を搭載する予定です。

単に一つひとつのデータがあるのではなくて、組み合わされ、いろんな人が融合することによって、今までなかったような価値を創る。これこそがイノベーションだと考えています。

無料で使えるから、プログラミングを学んだ小学生でも開発できる

では、実際にTellusを見てみましょう。ユーザー登録をしている場合は、このようにログイン画面から入ることができます。ここでTellus OSをクリックしますと、この後に Googleマップのようなオープンストリートマップの情報が出てきます。

ここで拡大・縮小したりしながら、GUI上で使うことができる。これがTellus OSです。今、東京タワーにフォーカスが当たりましたね。

ここまでは、今までにあったアプリケーションと大して変わりません。しかしながら、Tellusでは0.5メートルの高性能光学衛星から取られた情報を無料で使うことができる。これは非常に新しいことです。なので、これまでの分解能に対して、大幅に細かな情報が見られるようになります。これまでだと「ちょっと渋滞してるのかな」くらいにしかわからなかった道路が、台数までわかるようになったり、車種まである程度推測できるようになったりするかもしれません。

このように、日本が持つすごく高性能な情報は、これまでは一部の人に高額で活用されているのみでした。これが無償で使えるようになる。最近では、小学生でもプログラミングをする時代です。来年から小学生のプログラミング必修化も決まりました。もしかすると、小学生がTellusを使うことで、家の近くの公園の情報を可視化するかもしれない。どんな人がどんなことをするかはわからないですけれども、そのチャンスをこのように用意することができる。そういったことが言えます。