次代を創るフォトグラファー・ヨシダナギ

司会:これより、リクナビNEXT主催、第5回「GOOD ACTIONアワード」第2部トークセッションを開会いたします。本日はご参加いただき、誠にありがとうございます。

それでは、トークセッションを始めさせていただく前に、本日のゲスト、ヨシダナギさまのプロフィールを紹介させていただきます。ヨシダナギさまは、1986年生まれのフォトグラファーです。幼少期からのアフリカ人への強烈な憧れが高じて、2009年より単身でアフリカへ行かれます。

その後、独学で写真を学び、アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影して発表。その唯一無二の色彩と生き方が評価され、テレビや雑誌などメディアに多数出演されています。2017年には、日経ビジネス誌「次代を創る100人」、雑誌PEN「Pen CREATOR AWARDS」に選出されています。

同年、講談社出版文化賞「写真賞」も受賞され、写真家として最も注目されているお一人です。それでは、ご登場いただきたいと思います。ヨシダナギさまです。どうぞみなさま、拍手でお迎えください。本日はよろしくお願いいたします。

ヨシダナギ(以下、ヨシダ):お願いします。

司会:それでは引き続き、GOOD ACTIONアワードの審査員のみなさまにもご登場いただきます。学習院大学教授、守島基博さま。SAPジャパン株式会社バイスプレジデント、アキレス美知子さま。慶應義塾大学特任准教授、若新雄純さま。そして司会はここから、リクナビNEXT編集長の藤井に代わります。藤井さん、よろしくお願いします。

ヨシダナギに学ぶ、好きを力にする生き方とは?

藤井薫(以下、藤井):よろしくお願いします。これから1時間ほどいただいて、集まっていただいたみなさんと何を話すのかということなのですが、GOOD ACTIONということで、「働く個人が主人公になってイキイキする職場をつくるには」のヒントを(話せればと思います)。

今回の1部の受賞企業以外にも……いままでGOOD ACTIONアワードを4回にわたって見てきたので、その中からもヒントを得ると。さらに今回特別スペシャルゲストということで、ヨシダナギさんをお迎えしたので、ナギさんとのお話からも、いろいろと見つめていきたいなと。とても貴重な1時間です、みなさんよろしくお願いいたします。

今日はこの1時間の中で、事務局側が詰め詰めに(メニューを)入れましたので、3つもメニューがあります。最後はそんなに時間がないかもしれないですが、まず最初に、こんな話題でいきたいと思っています。

「フォトグラファー ヨシダナギに学ぶ、好きを力にする生き方とは?」というテーマで)。こんなことをナギさんにうかがっていければなと思っています。

このGOOD ACTIONは、先ほど言ったように、個人が思いを持って、その思いから新しい生き方を見つけたり、職場を輝かせていくといった動きです。ヨシダナギさんも、まさに「好きを力にする」ということで、自分が本当に感じた思いそのままに行動されて、少数民族の方々の懐に入っていって、撮影されて、さらにはいろんな方面に発信していくということで道を切り拓いてきた方です。

(スピーカーの)みなさんも、アフリカは行かれたことがないということなので、もしよろしければご質問などもうかがっていただければと思っています。

大人になったらマサイ族のようになれると思っていた

藤井:まずは、(スライドを指して)ここに写っている写真。これは何族と言うんでしょうか。

ヨシダ:この写真の方々は、タンザニアのマサイ族です。

藤井:タンザニアのマサイ族。ナギさんが一番かっこいいなと思っていらっしゃる部族の1つですよね。

ヨシダ:そうですね。私がアフリカに興味を抱くきっかけになった人たちです。

藤井:ナギさんは、この少数民族に心奪われて、いま、そういった活動をされていらっしゃるわけですけれども、いつくらいから心を奪われたんですか?

ヨシダ:私がアフリカに興味を持ったきっかけは、5歳の時にたまたまテレビで観た、交換留学のようなバラエティー番組です。

藤井:それで心を奪われて。その時に、どんなことを思われたんですか?

ヨシダ:マサイ族のフォルムを見て、なんて素敵なんだろうと。頭の形といい、肌の色といい……また、白い歯が美しいなと思って。まだ5歳だった私は、槍を持って飛び跳ねていた彼らを見て、そういう職業が世の中にあると思ってしまって。それで、大きくなったらこれになろうと思ったのが一番最初です。

藤井:子どもの頃に心を奪われてときめくというのは、みんなにも経験があるんだと思いますが、そのあとは実際にアフリカに行かれるんですよね。これにはどんなきっかけがあったんですか? 「よし、行っちゃえ」と体が動いちゃったんですか。

ヨシダ:さすがに最初は「よし、行っちゃえ」とは思えなくて。私が初めてアフリカに行った時は、英語がまったくしゃべれなかったんです。でもアフリカに行きたいなとはずっと思っていました。

でも、行ったところで英語はしゃべれないし、1人で行動するのも得意なほうではないので、ずっとアフリカに行けずにもどかしい思いがありましたので、23歳の時に初めてアフリカに行ったんです。

行きたいけど行けない。好きだけど、その人に好きと言えないような片思いが、ずっと5歳から続いていて。でも、どうせもう駄目な相手なら、早く見切りをつけたいというような気持ちで、行って駄目だったらアフリカを切ろう……ということで、とりあえず行ってから考えようという思いで行きました。

「好き」が死の恐怖を超えることがある

藤井:これは、若新さんがおっしゃっている「トライ&エラー&ラーン(learn)」、つまり「やってから学べ」みたいな感じかと思います。いま、若新さんに振るのはつらいですかね?

若新雄純氏(以下、若新):でも、事前に調べてもわからないですもんね。

藤井:そうですよね。

若新:トライ&エラーというか、試行錯誤には失敗が含まれるわけですけれども、「さすがに、このトライ&エラーは下手したら死ぬかも」みたいな失敗は予感しちゃうじゃないですか。だから、僕も死ぬ以外の失敗はがんばろうと思いますけど、そういう死の恐怖もちょっとはあったんじゃないですか? 

ヨシダ:さすがに、アフリカで「死んじゃうのかな?」と思うことも最初はあったんですけど、いざ行く時には、死んでもいいから行こうと思いました。アフリカで死んでも私は悔いはないと思って行ったんです。

藤井:そこまでの覚悟はなかなか持てないですよね。

若新:僕は『はだしのゲン』を読んで(その影響もあって)、どうせ俺がやってることなんか死にはしないんだからと思ってやっていましたから、レベルが違いますね。僕のは甘々な試行錯誤です。

藤井:僕は趣味でバイクのレースをやっていて、バイクのレースで死ぬんだったらいいかなと思いながら走っているので、「好き」が死の恐怖を超えるというかたちなのかもしれないです。

同じ格好になれば、警戒心が解けるかも

藤井:晴れて23年の思いを遂げられたわけですよね。それで実際に行かれて、少数民族、マサイ族の方に会った時に、最初に思い描いていたことと、実際に会ってみてびっくりしたことは、どんなことだったんですか? 

ヨシダ:初めて会った時は、「なんてビジネスライクな人たちなんだろう」と思いました。まだ私が挨拶もしていないし、カメラを向けてもいないのに、「マニー(Money)」と言われて手を出されて、「わー!すごい」と思いました。初めて会って、まだ会話もしていない人に「お金ちょうだい」なんて言えないから、「すごいなあ」と感心しました。

藤井:何十年の恋が冷めそうにはならなかったですか? 

ヨシダ:ならないですね。「すごいなあ」と思っただけです。

藤井:マネーを渡しながら撮影していって、その後にこのかっこいい自分のヒーローたちと同じような格好をして撮影していくということで、それによって何かが変わっていくという体験をされたんですよね? 

ヨシダ:同じ格好をする前、最初はカメラを向けるまでは普通のかっこいい人たちなのに、カメラを向けた瞬間、眉間にしわが寄るんですよ。そうすると、私の思い描いていたかっこいい人たちじゃなくなってしまうんです。

たぶん彼らは、私を警戒しているか、たぶん壁をつくっているんだなと。でも、5歳で初めてマサイ族をテレビで見た時、私は漠然と、同じ格好をすれば彼らとは仲良くなれると思っていたんです。

でも、「同じ格好がしたい」という英語がしゃべれなかったんです。辞書を引いても、「同じ格好をしたい」という単語は載っていなかった。それで、旅を重ねていくうちに、単語がぜんぶ揃って、ガイドに「同じ格好がしたい」と伝えた時、初めてこういうことが現実になって叶ったんですけど、同じ格好をした瞬間に、どの部族もみんなの表情が180度変わるんですよ。

すごく穏やかな表情を見せてくれるようになったり、嫌な顔もしないで撮影に付き合ってくれるというような変化はありました。