人事業務にRPAが導入されたら、世界はどう変わる?

北野唯我氏(以下、北野):ぜんぜん関係ない質問していいですか?

(会場笑)

高橋さんに聞きたかったんですけど……RPAの高橋さんがやってるビジネス、知ってる人っています?

(会場挙手)

あ、みなさんけっこう知ってるんですね。すみません、僕はぜんぜん知らなくて。さっき人事の方に見せていただいたんですけど、すごいんですよ。我々は採用のコンサルとかやってるんですけど、人事って面接の連絡とかめっちゃ細かいことを日々やってたりするんですよ。通過・落選のメール送信とか。それを、御社のサービス使うと全部自動でやってくれるみたいな。そういうことをやられてますよね。

高橋知道氏(以下、高橋):はい、そうですね。

北野:僕が聞きたかったのは、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)っていうものが、もし日本の上場企業とかに導入されたら、そういったオペレーションの業務みたいなのはなくなるのかということです。なくなった後どういう世界になっていくか、どういう働き方をするのか。想像されてるところでどういう……たぶん見えてるところがあると思うんですよ。どう見ているんですか?

たった2年で現金が消えた中国の決済事情

高橋:まさにおっしゃるとおり、オペレーション的なものってどんどんなくなるんですよね。ソフトバンクさん一緒に協業してますけど、通信会社としてのソフトバンクにAI・RPAを使うと、4割削減できると。4,000人です。

北野:ほう、ほう。

高橋:4,000ですよ、4割で。この人たちに新しい事業、まさにAIとかそういうものを作る、より高度な問題解決にあたってもらう。今、PayPayっていう決済サービスがありますよね。……けっこうあれ、イイよね(笑)。

(会場笑)

20パーセント還元ですから(笑)。ちょっとさもしいのでアレですが……僕、調子に乗ってビックカメラ行っちゃって、よく考えたら買うものもないのに加湿器買っちゃったんですね。

北野:言っていいですか? もうマーケティングされてるじゃないですか!

(会場笑)

バシバシに狙われてるじゃないですかそれ(笑)。

高橋:加湿器買っちゃいましてね(笑)。家に帰ってみると、加湿器はすでに2台ありました(笑)。

(会場笑)

北野:まんまとハマってますね(笑)。

高橋:はい(笑)。そんなPayPayですけど、たぶんこれからものすごい勢いで普及するんですね。実は僕、中国でもかなり深くビジネスをやってるんですけど、たった2年で現金がなくなっちゃったんですよね。孫さんはね、あれをマネします。Alibabaっていう会社がお年玉配ったんですよ、猛烈な勢いで。これは日本ではできないと思うんですけど。紅包(ホンバオ)っていうお年玉があるんですけど、それで一気に配りました。

北野:どれくらい配ったんですか、金額的には。

高橋:金額はちょっと覚えてないですけど、かなりの金額です。何千億かはいったんじゃないですかね。たぶん、孫さんも3,000億円くらいは配ると思います。なぜなら日本版のAlipayで何兆円かのバリューを持つと思うので。

北野:そうですよね、バリューが付きますよね。

Alipay、PayPayが作り出す新しい金融の世界

高橋:はい。Alipayの世界で今何が起こってるかって言うと、まさにデジタライゼーションです。お金の問題解決について1個ヒントで、みなさんにも知っておいてほしんですけど。今金融商品の概念が変わるようなサービスをやっていまして、1つはMMF(公社債投信)で、毎日金利付くんですよね。毎日3パーセントとか。

北野:3パーセントも付くんですか!?

高橋:はい。

北野:毎日!? ヤバいっスね。

(会場笑)

高橋:毎日付きます。要するにこれ、Alibabaからしたら金融情報って大した情報じゃないので、お金を取らないんです。運用して稼いだお金をそのまま客に戻してるっていう世界ですね。

これは画期的ですね。AlipayやPayPayでどんどん決済すると、その人がいつぐらいに給料がどれくらい入ってきて、何にいくら使っているか。いい加減な人なのかちゃんとした人なのかって、Alibabaにはわかってるわけですね。今度は貸すほうです、貸すほう。これも日払いの金利で貸すっていうサービスを始めてます。

北野:何パーセントくらいなんですか?

高橋:これも非常に低金利です。信用が良ければすごく低金利になる。スプレッドがないので、基本的には。

これで何が起こるかですけど、例えば「今日はこれ買いたいな」って思って、さっきの加湿器についているQRコードかなんかにスマホをかざすと、自分の口座に15,000円しかなくて、9,000円足りなかったとします。

そしたらAlipayが何をやってくるかというと、「9,000円足りません。あなたは信用スコアが◯◯です」と。で、給料が入ってくる日がわかってるんで、「なので、10日間金利2パーで不足分を貸します」となる。9,000円の金利2パーセントなんで、めちゃくちゃ安いわけですよ。こういう世界がやってくるんですね。これ、まったく新しいタイプの仕事のデザインって言うんですかね。

人材エージェントは「占い化」「ブティック化」「VC 2.0」に分かれていく

北野:僕はHRマーケットにいるので、よく「AIが導入されたら人材エージェントのあるべき姿ってどうなるんですか」ってやっぱり聞かれるんですよ。僕がその時言ってるのは、「3つの方向に進むと思います」ということで。

1つ目が、「占い化」、2つ目が「ブティック化」、3つ目が「VC 2.0」。そういう世界になると思いますと言っているんですね。人材エージェントのビジネスモデルって、「転職したい人がいて、A社からB社に移動したら報酬の35パーセントもらう」みたいなものだけど、だいたいそのマッチングって、そんなに付加価値の高くない面もあるんで。

データが貯まっていって全部自動化されたら、それって全部いらなくなるんじゃないですか、っていう意図の質問なんですけど。僕はそういった時には「3つの方向性ができます」みたいに話してて。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。