海外と日本のアクセシブル・ツーリズム

高松正人氏:ご紹介いただきました高松正人です。どうぞよろしくお願いいたします。

今日のお話ですが、このタイトル(「海外と日本のアクセシブル・ツーリズム」)を見て……例えば、カナダのバンクーバーやシンガポール、ロンドンではどんな取り組みをしているかなど、いろいろな取り組みが紹介されるといった内容を期待されている方がいるかもしれませんが、今日は、海外というよりも、グローバルでこの「アクセシブル・ツーリズム」がどのように考えられているか、そこから見たときに、日本のアクセシブル・ツーリズムはどういう現状なのか……どのあたりが進んでいて、どこに課題があるのかといったようなことを、みなさんと一緒に考えていきたいと思っております。

「UNWTO」(国連世界観光機関)という、国連の観光に携わる専門機関が、国連の勧告というかたちで、2013年に文章を出しています。

「アクセシブルであることは、責任ある観光、持続可能な観光政策の中心となる要素である」。先ほど星加先生が「メインストリーム」という言葉を使われましたが、「それは不可欠な人権であるとともに、とても大きなビジネスチャンスでもある。すなわちアクセシブル・ツーリズムは、障がいや特別なニーズを持つ人たちだけでなく、私たちすべての人にとってメリットがあることを認識しなければならない」と述べています。

各国で異なる「アクセシブル・ツーリズム」の定義

私自身、今回の準備をするにあたってこの文章を読んで、「ちょっと考え直さなきゃいけないな」という部分がいくつかございました。

UNWTOは「アクセシブル・ツーリズムに関するガイドライン」というハンドブックを出しています。その中でも「アクセシブル・ツーリズムとは何なのか?」を定義しているのですが、東京都が出しているアクセシブル・ツーリズムの定義と比較してみたいと思います。どっちがよい・悪いではなく、どのあたりが違うのかを見てみるとおもしろいです。

東京都のアクセシブル・ツーリズムの定義は、「アクセシブル・ツーリズムとは、障がい者や高齢者など、移動やコミュニケーションにおける困難さに直面する人々のニーズに応えながら、誰もが旅を楽しめることを目指す取り組みです」とされています。まさに今日、基調講演やパネルディスカッションでもお話をいただいたようなことで、ほとんどがここに圧縮されて入っています。

非常にすばらしい定義だと思いますが、一方で、国連のハンドブックでは「動くこと、見ること、聞くこと、認知することなどのアクセス面でニーズを持つ人々が、ユニバーサルデザインの観光商品やサービス・環境が提供されることを通じて、ひとりで公平さと尊厳を持って旅行ができるよう、観光に関わるさまざまな関係者が力を合わせて実施する観光の形態」と定義しています。

言っていることは大きく変わらないのですが、特徴的なのがこの「ひとりで」という言葉です。

元の英語は「independently」です。「独立して」という意味です。つまり国連が言っていることは、このアクセシブル・ツーリズムが、いろいろな障がいを持った方々が、別に誰に頼ることもなく、自分で自由に、健常の方々と変わらず、ひとりで独立して自分自身で旅行できるようにするということに強調点が置かれています。

もうひとつは「公平さと尊厳を持って」です。何に対する公平かというと、障がいを持たない人たちと公平ということです。「尊厳を持って」というのは、「誰か、すいません、いろいろご迷惑をおかけします」といったものではなく、「いや、それは当然のことでしょ?」という感覚です。

このあたりの言葉遣いが、グローバルでのアクセシブル・ツーリズム……ツーリズムだけではないですね。「アクセシブル・シティ」という考え方もありますけど、この中に必ずその考え方が入っているのです。

非常に大きなビジネスチャンスと捉えるべき

先ほどの文章を見てみますと、この中で特徴的なところが、アクセシブルである、それは不可欠な人権、基本的な人権だというところです。ですから、どこかに移動したり、自由にものを見たり、聞いたりすることは人権であり、基本的人権だから保障していかなければいけない。そのように考えています。

先ほどバリージョシュアさんがお話しくださったこととほぼ同じですが、とにかく障がい者は非常に数が多いです。バリージョシュアさんは、障がい者が13億人いると言っていました。

2050年になると世界の人口の20パーセントが60歳以上で、そのうちの20パーセントが80歳以上になります。

全旅行者のうち、障がいのある人の割合は、オーストラリアでは11パーセント、イギリスでは国内の宿泊旅行をされている方の12パーセントが、障がい者です。それだけ多くの障がいのある人たちが旅行に出ている状況です。その障がいのある人たちの比率が上がっているだけではなく、どんどん出て行っているということが、この数字からもわかります。

マーケットの話でいうと、アメリカの成人の障がい者の年間の旅行における支出の合計は136億ドルで、日本円にすると1.5兆円。これはすごいですね。

いま、インバウンドが注目されていますが、昨年のインバウンドによる経済効果は4.5兆円と言われています。米国では障がい者本人の旅行支出が1.5兆ということですから、家族やヘルパーを含めれば、もっと大きくなることは明らかです。

つまり、これからアクセシブル・ツーリズムは非常に大きなビジネスチャンスだと捉えていく必要がある。むしろ、それに乗り遅れてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまう、ということです。

「障がい」は能力的なものと機能的なものに分かれる

国連が考える「障がい」(disability)という言葉についてよくご存じだと思いますが、日本では「障がい」と1つの言葉で言っていますが、国連では「disability」、「なにかできないことがある」と、「impairment」「機能的にハンデがある」を分けて使っています。

国連は、「障がいとは人権問題であり、個人が生まれつき持つ質の問題というよりも、社会的構造の問題である」と言っています。

例えば、車いすを使っている方、耳の不自由な方、目の不自由な方について、それは個人の問題ではなく、その方々が平等に生活したり活動したりできないような社会の構造が具合悪いと言っています。ですから、建築上の問題であれ、法的な問題であれ、組織的な問題であれ、社会にある障壁を取り除くことに力点が置かれているわけです。このあたりが非常にはっきりしています。

ですから、「能力的障がい(disability)とは、機能的障がい(impairment)を持つ個人が、態度や感覚面での障がい、バリアと関わりを持った結果として生じるもので、その人々が他の人と平等な立場で、有効なかたちでフルに社会参加することを妨げる状態」ということです。

まさに、いろいろなバリアを取り除いて、障がいを持つ人たちの中でも、とくに機能的な障がいを持つ人たちが、健常な人たちとまったく対等な立場で、しかも社会の役に立つかたちでフルに参加できるようにする。国連はこういったことを求めています。

観光においても、旅行や宿泊においても、この平等かつ有効なかたちでフルに社会参加するということができるように、その障壁を取り除く考え方です。

アクセシブル・ツーリズムで大事なことを話します。私たちが日々関わっている障がいのある方々、すなわち恒常的な機能的障がいのある方。足・手・視覚・聴覚・精神・発達などに障がいがある方だけではなく、一時的に能力的障がいがある人、怪我などのために一時的に松葉杖や車いすを使っている方。さらに、高齢者や大きな荷物を持っている人もいます。

とくに今は、インバウンドのお客さまでとんでもなく大きなスーツケースを持って歩いている方がいますが、その方にとっては、まさに街中バリアだらけですね。そういった方が問題なく過ごせるようにするのが大事です。

段差の話が出ていましたが、段差があると大変です。それ以外にも、乳幼児を連れている家族や、日本ではなかなかいないのかもしれないですが、体が極端に大きい方や小さい方……欧米などでは時々すごい方がいらっしゃいますが、そういった方への対応も必要です。

こういったことを考えたときに、情報面でのバリアを持っている外国人旅行者も、ある意味ではアクセシブル・ツーリズムの対象になってくるでしょう。

「能力的障がいによる差別」の“差別”とは

具体論にいきたいと思います。「能力的障がいによる差別」の「差別」とは何かについて、国連の文章は定義しています。

「意図的に、または結果として」の「または結果として」が大事です。「別に差別しているつもりはないけれど、結果として、社会の仕組みがこうなっていないから自分たちが平等に動けないよ」というところも、「差別」に入ります。

「人権、それから政治・経済・社会・文化・公民など、あらゆる分野で基本的な自由を他の人と同様に認知し、享受し、行使することを妨げたりするような区別や除外、制限……」。その中には合理的な配慮をしないことも含まれると書いてありますが、それが「差別」なのです。

差別が生まれないようにやるのはすごく大変なことだなと、読みながら思いました。そして「日本はどこまでできるのだろう? いや、世界はどこまでできるのだろう?」とも思いました。

もう1つの基本的な考え方で、旅行のアクセシブル・ツーリズムは、「アクセシビリティは旅行・観光のサプライチェーン全体を通じて提供されなければならない」という考え方があります。単に、段差がない、スロープがあるだけではない。旅行を計画するときから始まって、行って帰ってくる間の全部を通じて……それが「サプライチェーンを通じて」です。

そうすると、アクセシブル・ツーリズムの対象になってくるのは、まずは観光地そのもののマネジメントです。また、観光地をどういうふうに作っていくか……例えば、受け入れ整備をやっている方もいらっしゃると思いますが、そういった方も入ってきま。

そして、観光情報や宣伝、旅行情報です。「旅行準備をするときに必要な情報や、予約の仕組みも、ある意味でバリアはないですか?」ということです。また、都市や建築物を取り巻く環境は当然ですが、交通機関と駅、宿泊施設、飲食店、会議施設、文化施設、活動、その他にも対象がいろいろあります。