エゴサーチは「自分探しの旅」のようなもの

山田ルイ53世氏(以下、山田):次の相談ですね。「毎晩、エゴサーチが止まりません」。これ、俺じゃねえか(笑)。

奥山晶二郎氏(以下、奥山):これはどうしたらいいですかね?

山田:それ、僕に聞いてるんですか? (エゴサーチが)止まらない僕に聞いてるんですか?

奥山:いやいやいや。けっこう同じ方もいるんじゃないんですか?

山田:ある程度、表に出る職業の方じゃないとならないんじゃないかな。この中でエゴサーチしてる人います? まあ、これは手挙げづらいか……。

奥山:例えばFacebookとかで、「何々さんと今日、会いました」というようなことを、(自分に)通知がこない感じで触れてくれていたりしたときとか、それに「いいね」を押さなかったりしたら、ちょっと悪いなと思う。そんな感じかな。

山田:(いいねが押せないと)マナー違反的なことになるんですかね。僕は、エゴサーチを「自分探しの旅」みたいなことだと思ってます。

なので、別にやめる必要はないと思いますよ。僕は楽しんで「髭男爵」で検索したり、「山田ルイ」で検索してます。あと、自分がやっているラジオの番組名で検索したりね。SNSというものをいろんな角度から、MRIのように切り取ってます。

(会場笑)

まさに自分というものを探しているということですから。

トラブルや壁は、薄目で見て「あかんな」と思ったら逃げる

山田:ただ、この本にも頻繁に出てきますけど、とくにお笑い芸人やタレントのような仕事をしていると、エゴサーチという行為は非常に自傷的でもあるんです。

つまり、自分が傷つく瞬間がある。我々で言えば「死んだ」「消えた」、そして「おもしろくない」とかね。この間、お正月に『東西ネタ合戦』という番組に出させていただいたんですが、その時もエゴサーチしました。

その結果、好評だったんですが、「久しぶりに見たらおもしろかった」とかが多くて。「久しぶりに」はいらんやろ……みたいな。「普通におもしろかった」の「普通」ってなに? みたいなね。

一番かわいそうだなと思ったのが、「私はすごく髭男爵のネタで爆笑したんだけど、みんなはどうかなあ?」みたいな。

(会場笑)

不安になっちゃってる方もいました。それはその子に対して「ごめん!」と思いましたけど、ちょっと傷つくところを見つけてしまう場合もあります。僕のそういう時の対処法ははっきりしていて、ミュートすることです。

奥山:(笑)。

山田:ちょっとでも悪く言ってたら、もうミュートします。不安なこと、今回の本で言えば不本意なことに、目をつぶっていく、薄目で見るというのはメンタルに非常にいいんですよね。

世の中の人は事あるたびに、「正面から対峙しなければならない」とか、「いろんなトラブルや人生でぶち当たった壁とは、真剣に対峙しなければならない」と言うんですが、それを薄目でぼやーっと見てみてください。ぼやーっと見て、「あかんな」と思ったら横に行く、逃げるんだという姿勢が大事だと思います。

だから、エゴサーチはやめなくてもいいので、薄目でエゴサーチすればいいんじゃないですか。

(会場笑)

奥山:直視をしない。

山田:そうです。現実を直視するなということですね。

奥山:わかりました(笑)。次です。

上司全員に誤爆メールを送信

山田:「上司へのディスりメールを、『誤爆』しました」。送っちゃったってこと?(笑)

奥山:これは送っちゃいましたね。

山田:送っちゃったんですか?

奥山:送っちゃいました(笑)。

山田:(笑)。奥山さんの体験談みたいになってますけど。

奥山:いやいや。みんなあるかなと思って。

山田:ちなみにですけど、(誤送信したメールは)どういう内容だったんですか?

奥山:内容としては……。

山田:内容によってもいろいろあると思います。

奥山:そうですね。原稿をはねられるみたいなことがあって。

山田:原稿をはねられる? 奥山さんが一生懸命書いてきた……。大丈夫ですか、もう「奥山さんの」ってなっちゃってますけど(笑)。

奥山:一般論です(笑)。

山田:一般論ね。今さら遅いですけど(笑)。

奥山:原稿を書いて送ったら、「つまんない」というか、「載せられない」というジャッジをされまして。

山田:まず、その人からしたら「つまんない」と思った。それで、「これはもう載せることはできない」と突き返された。

奥山:「つまんないのは、お前だ」みたいなメールを……。

(会場笑)

山田:えーっ(笑)。

奥山:それを全員返信で送りました。

山田:それは誤爆なの?

奥山:すごく誤爆しました。絨毯爆撃みたいな。

山田:「つまんないのは、お前だ」というメールを、本当は誰かに送ろうとしたけど、上司にいっちゃったって話じゃないの?

奥山:上司全員に送っちゃいました。

(会場笑)

山田:上司全員(笑)。とんだ問題じゃないですか。「奥山がおかしくなったぞー!」ってなりますよね。

奥山:そうですね。

誤爆メールの言い訳をメールで送るのは最大の愚行

山田:それはどうなったの? もう相談じゃなくて質問になってますが。

奥山:フォローメールを送りました。

(会場笑)

山田:いや、フォローしようがないでしょう。

奥山:たしかにないんですけど。

山田:「つまんないのは、お前だ」が先発でいってて、後からどんなやつがいっても、これはもう追いつけないですよ。ちなみにどんな内容で?

奥山:とにかく、長く(謝罪メールを)書こうと思って。

山田:はい(笑)。

奥山:長いことが気合いの表れになるかなと。

山田:それはよろしくないですね。

奥山:原稿より長いメールを送りました(笑)。

(会場笑)

山田:(笑)。原稿より長く「実はあのとき、こうこうこうで……」って?

奥山:「すごく感謝の気持ちもあるんです」みたいな。

山田:「ものすごく感謝してます」という(笑)。こういうのは言い訳すればするほど、だめですからね。もう潔くいきましょう。で、まずメールがだめです。メールで失敗してるのに、メールでフォローしようとする、というのが一番の愚行です。

メールで失敗したら、直接行かないとだめです。今のご時世だと、ちょっと古いやり口ですけど、誠意という意味では行かないとだめです。

奥山:なるほど。

山田:行ったら「本当にすんませーん!」「間違いました。僕が悪かったです」「一時の衝動で書いてしまいました」という姿勢を取るべきですよね。

(謝罪を)メールで長々とわーっと書いて、「やっぱり僕はあなたのことを尊敬してます」と言われても、「ウソつけ!」としか思わないですから。

(会場笑)

山田:気をつけてください。

奥山:わかりました。

仮病はバレたら諦めろ

山田:次の相談にいきます。「仮病がバレました」(笑)。

(会場笑)

山田:これはどういうことですか?

奥山:たぶん(会社の人に)会っちゃったんでしょうね。

山田:あなた、そもそも社会人としてどうなんですか。

奥山:僕じゃないです(笑)。

山田:あ、これは違うんですね。

奥山:すぐ僕の相談にしようとする(笑)。

山田:いや、「これは僕ですよ」みたいな感じの相談が何個かあったから。

奥山:違います。

山田:「仮病がバレた」というのは、僕も昔ありました。あと、逆に「病気がバレませんでした」というパターンもありました。

仮病を使ったということで言えば、昔、髭男爵で乾杯漫才だとか、ぜんぜん言い出す前の仕事もなにもない時のことでした。

お笑いライブとかも、オーディションを受けて、そこで通ったらライブに出られるけど、また次に出るときはもう1回オーディションを受けないといけない、みたいな時代です。20代の前半ぐらいでした。

当時の僕らにとっては非常に重要なお笑いライブがあって、オーディションも通って、もう出ることも決まってたんです。

僕とひぐち君という、大して才能もない2人組が組むとよくあることなんですけど、お笑いライブ当日になっても、ネタが1個も思いつかないという地獄のようなことがあって(笑)。

それで「やばい、あと数時間後にライブがあるぞ」「俺ら、1個もネタできてないじゃないか。このまま行ったら、無残にスベるだけだ、どうする?」となって。

髭男爵のコンビの力関係が、やや僕の方が上になってきた時期だったので、ひぐち君に「俺が肺炎になったから休む、って言いに行ってくれ」と言って。

奥山:(笑)。

山田:ひぐち君はその時、すごく忠実にやってくれたんです(笑)。でも、後から周りに聞いたら、ひぐち君は血相変えてお笑いライブの会場、楽屋にバーっと来て、「ハアハア……。すみません、山田が今、重い病で……!」と言ってたらしくて(笑)。

「重い病で」って、なんやねんっていう感じですよね。「すみません、今日来れないんで、ネタできません」と言って、本人的には「事なきを得た」と言って帰ってきたんですけど、やっぱりバレてました。以後、そこからはお声がかからなくなりましたね。

奥山:なるほど。

山田:病気がバレなかったというのは、とある番組のレギュラーが決まっていたことがあったんです。その3回目のロケぐらいの時に、熱が出たんですね。とんでもない熱が出てたんですけど、解熱剤を打って(番組側に)隠して行ったというのはありました。

(相談者が)ここで言う「仮病がバレた」ってどういうこと? 会社にバレたということ?

奥山:たぶんそうです。仮病で休んだ人が、(会社の人に)会っちゃったみたいな。

山田:まあ、バレたら、あきらめるしかないということですね。

奥山:あきらめるしかない。これはけっこう実践的ですね。次の相談にいきましょう。