MAツールとイベントマーケティングを支援する「シャノン」

栗原康太氏(以下、栗原):それでは、メインのプログラムである「SaaS企業から学ぶ、BtoBマーケティングにおけるイベント活用」ということで、さっそくですが、45分ぐらいパネルディスカッションを進めさせていただきます。

最後に質問の時間をとろうと思うんですけど、いつも時間が押し気味になってしまうので、適宜、途中で気になることがあればご質問いただいたほうがいいかもしれません。ぜひよろしくお願いします。

(スライドを指して)一応、今日はこんなかたちで事前のディスカッションテーマがありますので、大枠はこの流れで進められればなと思います。ではみなさん、自己紹介を1〜2分ぐらいでお願いします。村尾さんから。

村尾慶尚氏(以下、村尾):私は株式会社シャノンでマーケティングをやっています、村尾と申します。

私たちシャノンは、MA(マーケティングオートメーション)ツールとイベントマーケティングのご支援をしています。ちょうど私たち自身もイベントマーケティングをやっていますし、お客さまのイベントマーケティングなどもご支援している立場です。

実は、イベントは私たちの会社の「祖業」でもあり、けっこう想いを込めてがんばってやっているので、今日は少しでもみなさんのお役に立てることがあればと思っています。ぜひよろしくお願いいたします。

(会場拍手)

クラウドアプリ開発サービスの「ヤプリ」、SEOツールの「MIERUCA」

佐藤裕子氏(以下、佐藤):株式会社ヤプリの佐藤と申します。プログラミング不要でアプリが作れるサービスを提供している会社なんですが、私はそのサービスを広めるためにマーケティングを担当しております。

今までずっと、展示会やイベントの開催というオフラインを主軸にやってきたんですけれども、昨年ぐらいからデジタルマーケティングにも力を入れ始めています。

オフラインマーケティングに周りに関してはいろいろと知見もたまっていると思いますが、逆にみなさんに聞いてみたいこともありますので、今日はどうぞよろしくお願いいたします。

栗原:よろしくお願いします。

(会場拍手)

月岡克博氏(以下、月岡):Faber Companyの月岡と申します。僕は「MIERUCA」というSEOツールのマーケティングを担っています。デジタルもやりますし、オフラインのイベントもやったりします。あと、セミナーに登壇してしゃべるのも仕事になっているので、なんでもやる係になりつつありますが、人がいなくて大変困っております。一緒に仕事ができる人がいたら、ぜひあとでお声がけください。

(会場笑)

よろしくお願いします。

栗原:よろしくお願いします。

(会場拍手)

前提として、展示会やセミナー、自社の勉強会、もしくはカンファレンスをイベントマーケティングというくくりにしており、各社さんが、このあたりをイベントマーケティングというかたちでやっています。ちょっと説明が難しいかもしれないんですけれども、村尾さんから。

自社セミナーをはじめ、毎月さまざまなイベントマーケティングを開催

村尾:まず一番多いイベントマーケティングは、自社のセミナーです。だいたい5〜30名ぐらいの間で、自社のセミナーをやっています。あとは、他社さんと一緒に共催セミナーというものをやっています。それがだいたい月に1~2回ぐらい(の開催)になります。

ほかに思いつくイベントは、展示会なども地方と東京の両方で出ていたりしますし、プライベートカンファレンスや協賛というかたちで、1つの企業様がイベントを主催されているところに協賛企業として参加しています。それは(月に)3〜4回ぐらいやっていますね。

あとは自社でも、プライベートカンファレンスという、400〜500名の方に集まっていただくオープンイベントと、ユーザーさんだけに集まっていただく200~300名ぐらいのカンファレンスをやっています。そのあたりが、オフラインのイベントになっております。

栗原:じゃあ、もう年間でずっとイベントをやっているんですね。

村尾:そうですね。毎月何らかは動いているかたちになっています。

栗原:なるほど。かなり多いですね。じゃあ、みなさんの施策をうかがっていきます。

SaaS企業のイベントマーケティングの現状

佐藤:ヤプリもほぼシャノンさんと同じになると思うんですけれども、広いユーザーさんを獲得していくために、展示会や各種メディアのイベントに協賛するかたちで参加しています。

よりコアな層の人たちに会いに行くというところでは、「ブランドサミット」や「マーケティングアジェンダ」などの各種カンファレンスやサミットにも出ています。

また、アプリの啓蒙活動やYappliのファン作りを目的とした大規模な自社イベントも開催してます。

栗原:ありがとうございます。月岡さん(お願いします)。

月岡:うちもほぼ同じです。大きく、セミナー系と展示会系に分かれるのですが、セミナーは、自社開催のものが10名ぐらいの小規模なもので、とくにツールに寄った話をさせてもらっています。これは週1ぐらいでやっています。あとは、月1回ぐらいの共催セミナーということで、2〜3社ぐらい集めてやるケースもあります。

さらに、クライアントさんに登壇していただくような自社開催のイベントが2〜3ヶ月に一度あるかないか、という感じです。ヤプリさんと同じく、Web担さんやMarkeZineさんがやっているようなイベントに協賛セミナーということで出させてもらったりもしています。

「ブランドサミット」や「マーケティングアジェンダ」などがあり、今月末は「ダイレクトアジェンダ」がありますが、そういったものにも参加しています。

そして、ユーザー会も開催していますが、これはどちらかというと僕の管掌範囲から外れていまして、カスタマーサクセスチーム主導でやってもらっています。

今は、展示会は大きいものだけに絞っています。リード( エグジビション ジャパン)さんの「Japan IT Week」や、この4月には「コンテンツEXPO」があります。あと、2月にUBMという会社による「マーケティング・テクノロジーフェア」がありますが、そちらにも出ています。なので、大きい展示会は年間で5〜6回ぐらいは出ています。

東京ではなくあえて大阪で個人のコミュニティを運営

月岡:あと、僕は個人的にコミュニティの運営もしています。東京だと(ほかにもコミュニティが)いっぱいあるので、大阪でやっています。

栗原:それは、どんなコミュニティなんですか?

月岡:僕らのツールがどうこうという話ではなく、コンテンツマーケティングやオウンドメディアに取り組んでくれる人が関西方面で増えたらいいなと思って、関西方面で取り組んでいる人にしゃべってもらったり、僕が「こうやってコンテンツを作るんですよ」というワークショップをやったり。2〜3ヶ月に一度くらいで、もう8~9回ぐらいやりましたね。

栗原:それはFaber Companyさんとしてやっているんですか?

月岡:まぁ、一応。運営会社がよくわからないと信用してもらえないかなと思ったので(笑)、会社の名前は出させてもらっていますが、とくに僕はなにもセールスはしないようにしています。

栗原:ありがとうございます。ちょっとライトな質問をさせていただきたいんですけど、みなさんはずっと展示会をやられているので、運営コストがけっこう大変なんじゃないでしょうか。

会社のマーケチームの中でイベント関連の人たちが何人いるかとか、セールスも兼務してとか、そのあたりの社内体制を教えていただきたいなと思います。では村尾さん。