冬も雪もキライ

司会者:では続きまして、Rethink Creator賞、優秀賞作品についての総評を、柳澤審査員よりいただきます。よろしくお願いいたします。

柳澤大輔氏(以下、柳澤):この作品ですね。これは先ほど説明が……たぶん作品の解説なんですかね。本人の? 審査員のコメントですか? それにまさに出てましたけども。このイラストが、まずいいですよね。それは出てなかったかな。寒々しい感じが、きっちり伝わってきます(笑)。

非常に僻地にいるのがわかるなかで、右の上のコメントがある。最初はもっと、このコピーは大きいほうがいいかな、とも思ったんだけど。逆にあえてそのぐらいしかいいところがないという感じなのかな、というのも(笑)。哀愁を立たせるために、あえて小さくしたのかなという感じもあります。

読むとまあ、Rethinkしたなという感じはあると思いますね。「嫌いだけど好き」と、さっき出てましたけど、それが伝わってきました。そういう意味で、僕は個人的には「いいな」と思いました。

故郷を離れてわかる、地元の良さ

呉京樹氏(以下、呉):「キライ」と言い切るところが、コピーとしてすごいですよね。

柳澤:だからコピーは、右上を大きくして「HOKKAIDO」を小さくしたら、どうなったんだろうかと、両方見てみたい感じはありましたけどね。

:なるほどですね。まあバランスとしては、すごくいい作品ではありますね。

柳澤:イラストのタッチがいいと思います。

平田麻莉氏(以下、平田):ご自身で描かれたんですかね?

西野亮廣氏(以下、西野):どうなんでしょう。ご自身で描かれたんですか? へー。

平田:自画像ですか?

鯨本あつこ氏(以下、鯨本):すごく似てました(笑)。

柳澤:まあ、さすがにご自身で描いてますよね(笑)。

:いやでも、20年住まれた北海道から、今は東京にお住まいという。やっぱり離れてわかることってあるので。我々も、けっこう地方に行くことが多いんですけど、地方にいらっしゃる方って、自分たちの町の良さを意外に知らないんですよね。

西野:出てみないとね。

:出てみないとやっぱりわからないというのが、すごくメッセージとして(伝わる)。「キライ」と言ってるのが(いい)。

柳澤:それがいいですよね。やっぱり、寒いところに移住したくないから人気が低いじゃないですか。僕は今、移住のメディアをやってるけど、こう言われちゃうと「ちょっとアリかもな」という気がする。

やっぱり心が動くというのは、いいことですよね。その域に達してたかなという気がしました。

出雲の名物は、実はしじみ

司会者:はい、ありがとうございました。では続いて、Rethink Creator賞、審査員賞、西野亮廣賞作品についての総評を西野審査員ご本人より、いただきます。お願いいたします。

西野:これはもう、「おいしそうだ」というところなんですけど(笑)。

(会場笑)

もうシンプルに……。もちろん、「とうとう、口を割ったな!」っておもしろいですよ。取り調べみたいな雰囲気ですよね。あれもおもしろいんですけど、僕はこねくり回したのがちょっと苦手で。「しじみ、おいしそう」でどうだ、と出してるのがね。結局これが一番強いんじゃないかなと思っちゃって(笑)。

:(笑)。

西野:単純に目がいきましたね。コピーもおもしろかったし、アイデアもおもしろかったので、選ばせていただきました。もしかすると、あれかもしれないですね。背景は取り調べ室で撮ってたほうが、よかったかもしれないですね。こういうスタンドのライトがあって……みたいな。「あ、そういうことなんだな」というのが、一発でいった(分かった)かもしれないですね。でも僕は大好きですね。

:なるほど。

司会者:みなさま、いかがですか?

:インパクト勝負だなという。やっぱり印象には残る作品ではありますよね。

平田:そうですね。出雲は、本当に神社とか、そういうイメージがステレオタイプにきてしまうなかで「あ、しじみが有名なんだ」みたいなのは、このおかげでたぶん一生忘れないと思います。

:この写真は自分で撮られたんですか? ……これは素材なんですね。めちゃめちゃ、いい写真ですよね(笑)。

西野:いい写真ですもんね。

柳澤:仲間が口を割ると観念する……。

平田:言葉がすごく気になりますね。

柳澤:これはどういう意味なんですかね? 「仲間が口を割ると観念する」。これちょっと解説を聞いた方がいいかもしれない(笑)。

秦亜紀子氏:このポスターは、自分がしじみの味噌汁を作ってるときに思い付いたアイデアといいますか。妄想に近いんですけども。

しじみは最初は口が堅いんですけど、煮ていくうちに、1つ口を開くとほかのしじみも、パカパカと開いていくんです。その様子を見て、刑事さんにしじみが取り調べを受けていて、最初は口を割らないんですけども、仲間のしじみが口を割ったという情報を聞かされて、もう自分も観念して白状するというシーンに見立てました。

柳澤:なるほど、おもしろい。

司会者:ありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

西野:いや、おもしろいと思いますよ、ちゃんとストーリーがあって(笑)。でもこれを思いついたのがおもしろいですね。料理をされてるときに、ハッてなったということですよね。すてきですね。

:クリエイティブですね。

西野:はいはい。なんか、おもしろいですね(笑)。途端に人に見えてきて、いいですね。

司会者:はい、ありがとうございました。では続いて、Rethink Creator賞、グランプリ作品についての総評を、呉審査員よりいただきます。よろしくお願いいたします。

美味しすぎるけん、くまもと県

:はい。さっき、簡単にコメントさせていただいたんですけど、後でしゃべるかなと思って、あえて控えていました。これは本当に、まずさっきもお話ししたとおり、クリエイティブのインパクトがやっぱり、すごく強い。お子さんのこの写真が、すごくいいなと思いながら見ててました。

何気に、熊本県ってトマトがそんなに有名なんだ、というのを意外に知らなかったので。僕はトマトが大好きなんで、1回ちゃんと見にいって食べてみたいな、と。

あとやっぱり、このコピーの語呂もすごくよいです。「美味しすぎるけん/くまもと県」というところも。そういう意味では、作品としてはすごくきれいにまとまっていて、テクニックもすばらしいなと思います。

あえて裸足にした女の子の写真が、見るともうどんどん来るんですよね。この作品を見ながらニヤニヤしてしまう自分がいるというのがあって、非常にいい作品だなと思っています。

鯨本:これ、トマトのなかでどんな顔してるのか、想像しますよね。

:お子さんが言ったみたいに、ストーリーに書いていらっしゃいましたけど、実際そうなんですか? 家庭内での話はどんな感じだったんですか?

中村仁氏:娘がトマトが大好きで、すぐに食べてしまうので、かぶって食べられるようなもっと大きなトマトがあったらいいなと。

西野:へー、かわいい。