マッサージに来る人はみんな「どこがつらいかわからない」

小野裕之氏(以下、小野):ラスト1人いってもよいですか? あー! 早く(手を)挙げてよ~! ごめんなさい。でも、挙げてくれてありがとう! 前半仕切り切れないんだけれどね。じゃあどうしよう? どうやって決める?

青木耕平氏(以下、青木):さっき男子だったから、次は女性で……。

小倉ヒラク氏(以下、小倉):いま手を挙げていた人、もう1回挙げてください。

小野:けっこういるんだよね……。

青木:じゃあ女性でじゃんけんしてもらいましょうか。

小倉:女性でじゃんけんする? この2人ですか? こちらにも。あ! 違った? 挙げてない。じゃあ早く決めよう。

(じゃんけんタイム)

青木:じゃあどうぞ。

小倉:どうぞ、ようこそ!

小野:最後に来てね。僕らの価値を(笑)。

青木:なんでも良いですよ。

質問者7:よろしくお願いいたします。私、マッサージの仕事をしていて、自分でサロンをやっているんですけれど。体のことって、マッサージに来ると、みんな「どこがつらいかわからない!」というような状態で来る方が……。

青木:あ、毎回言っている。

小野:聞かれますよね?

青木:聞かれるけど、全部答えられない。

質問者7:「全部!」とかというのがあって、触ると「あ、ここがつらかったんだな」というのがわかるんですけど、終わった後に、結局みんな自分の悪いところをもう1回探しにいくという感覚がすごくありまして。

例えば、「セルフケアとしてこういうことをした方が良いですよ」という話をしたとしても、自分の体幹 力が低かったり、あまりなかったりすると、家でやらなかったり、億劫だったりしていて。でも、体は良くなりたいと思っていて、なんだか「セルフケアってすごく難しいな……。」と思っているんですね。

小倉:難しいね。己を知るみたいな……。

青木:難しい……。今自分のことを言われているような……。

小野:すみませんと思うみたいな。

青木:本当に申しわけない。

小野:お世話になっております、すみません。

40代の経営者はマラソンやトライアスロンをしたがる

質問者7:私は、体は自然に治る力もあると思っているので。でも、常に答えを求められるというか、悪いところをもう1回探しに来て、対処療法のような感覚で受けている。そういう気持ちがあるんですが、なにかご自身でセルフケアをされていたりしますか?

青木:3人の中では、僕が一番自分を大事にしている自信がある。

(会場笑)

歳が12個上なので、相当自分を大事にしているんですよ。とはいえ、セルフケアは十分にできていないんですけど、僕ぐらいの年齢の人で経営者だったりすると、すぐ走り始めるんですよ。

(会場笑)

わかります? すぐに走っている感をだしているんですよ。

小野:トライアスロンに出たり。

青木:Facebookとか(で走っている感を出す)。そう、すぐトライアスロン出るの。エスカレートしていって止まらないから。少し自分で思っているのは「鍛える必要って本当にある?」ということで、まずバキバキになりたいわけではないと。別に42.195キロ走る走力も、今のところ必要ないです。

昔から「養生」という言葉があるし、たしかに野生動物だって、ライオンとかもだいぶだらだらしているわけじゃないですか。だらだらしていても悪いのかな? と思っていて。

だらだらできる状況だったら、だらだらできる状況に最適化しているのがこのだらけた自分なのであって、「このだらだらを克服して、俺もまだまだ若いというのを見せるぞ!」感を持たないでいたいなと思っているんですけど、そういう考え方って大丈夫ですか?

(会場笑)

小野:そうなっちゃいますよね。こっちには答えがないんですよ(笑)。

小倉・青木:どうですか?

質問者7:大丈夫だと思います(笑)。受け入れている方はけっこう良くて、変わりたいけどとか、変われないけどなにもしないという状況で、マッサージに来ると治る、良くなるというふうに、エンドレスなサイクルになってくると、なんだかやりたいことではないな、と思っていて……。

つらさや不調を認めてもらえることで救われる

青木:僕もけっこうマッサージに通っていて、ほぼ毎週かかりつけの鍼灸師さんがいらっしゃって、風邪をひいても鍼にいくんですけど、「なんで行っているのかな?」と思うと、「無条件に優しくされたいだけなんじゃないかな?」と思います。とかあるんですよ。

(会場笑)

質問者7:あると思います。

小野:心配してもらってね。

青木:誰も心配してくれないんですよ。

小野:「メール出してから来てください」とか言われないですもんね?

青木:本当にそうなんですよ。すごく優しくされたいという気はあるんですよ。美容師さんとかもそうなんですけど、「どうしたいですか?」と言われて、「いつもの感じで」というとなにかしてくれるじゃないですか?

小野:おすすめのやつとかね。

青木:普通のお仕事している人とか、お客さんという立場でなければ、もうお母さんしかしてくれないじゃないですか?

(会場笑)

妻だってもう到底無理ですよね。そう考えると、お仕事としてやっていただいて、本当に肩もつらい、腰もつらいという中で、家で「腰がつらいんだよ」と言っても「あぁそうなんだ。早く寝たら?」なんて言われて……。

小野:「運動不足なのかな」とか言われてね。

青木:「運動不足だよ。その辺少し走ってきたら?」なんて言われて。それを「つらかったですね」とか(言ってもらえたり)、すごくうれしいと思う瞬間として「右肩すごく張っていますよ」と。さっきも悪いところを探すとおっしゃっていましたけど、あれはなんでうれしいのかな? と思うと「あ! やっぱり悪かったんだ」と思えるから。

鍼に通い始めた理由が、体調が悪くていろいろな病院に行っているんだけれど、検査で「どこも悪くないです」と言われて、心の病気っぽいところに流されそうになる。「いや、俺、心は大丈夫だと思うんだけど」と思っている……。

小野:自分のこと大事にしているから。

青木:大事にしているから。鍼に行ったときに、「あ、これはすごくつらかったですね。これは東洋医学で言ったらこうなんですよ」と言ってくれて、本当かどうかは分かりませんけれど、それですごく救われたんです。

悪いところを言ってもらうというのも、救いになっているところがあるので、もし万が一僕が知らなくて、お客さんとしていってしまって、「ここつらかったですね」と言われて、「そうなんですよ」と言っていても、大目に見てほしいです(笑)。

小野:なるほどね!

忙しさと自分の体を労わることのシーソーゲーム状態

小倉:僕、ちょっと相談してもよいですか?

小野:どうぞ、どうぞ。

小倉:今すごく悩んでいることがあって……。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。