バスも自転車もない田園で育った幼少期

アマテラス藤岡清高氏(以下、藤岡):本日は、事業内容ももちろんですが、徐社長の経営者としてのさまざまな側面についてお話をうかがえればと考えています。 まず、徐さんの生い立ちからおうかがいしたいのですが、ご出身は中国でしたね。

徐剛氏(以下、徐):はい。実家は両親と弟1人の4人家族で、父は高校の国語教師、母は中学校の数学教師でした。周りは農家の子どもばかりで、私も農作業の手伝いをしていました。家の周囲は田んぼだらけで、町へは1時間ほど歩いて行きました。バスも通っておらず、自転車もない生活は、みなさんにはイメージできないかも知れません。

8年ほど前に自分が生まれ育った場所に行ってみたのですが、「こんなに狭いところに住んでいたのか」と感じました。今の生活とは大きな違いですが、幼少時に貧しい生活に慣れていたことは、ある意味自分の強さにもなっていると思います。

「エリートは人民に奉仕を」という教育から、社会貢献の意識を抱く

藤岡:ご家庭での教育方針などで、記憶に残っているものはありますか?

:これは中国独特のものかもしれませんが、「長男はその家に責任がある」という教育を受けてきました。具体的には「自分より下の子どもは助けなければいけない」などですね。

一人っ子政策が続いていたので現在はそういう風潮は薄まっていますが、昔の兄弟の多い家庭はみんな同じような教育を受けているはずです。

藤岡:中国共産党の教育にも特徴はありましたか?

:共産党からは、「エリートは人民に奉仕する」という教育を受けました。高い教育を受けたエリートは社会に責任があるということです。そういう感覚はやはりあるので、「自分の利益を追求するのではなく、社会に対して何かしなければ」という意識は強いと思います。

藤岡:そのような教育を受けて、何か実際に行動を起こされたことはありますか。

:起業する前の、1995年に『日中児童教育基金』という組織を作りました。当時の中国はまだ貧しく、学校に行けない子どもがたくさんいました。そこで、日本での募金活動によって日中友好学校を中国に10校ほど建て、奨学金も千数百人に贈りました。

勉強だけでなく、社会活動を通じて組織を作って運営する経験も積んだことで、「次は起業をしたい」と思うようになりました。やはり中国で受けた教育が、意識の中でベースになっているのでしょう。

大学卒業後、中国政府派遣で大阪大学大学院に留学

藤岡:徐さんは中国の大学を卒業後、大阪大学大学院に留学されましたが、その背景や、その後、日本に残った経緯等について教えていただけますか?

:大学に入りましたが、私たちには卒業後の職業選択の自由はありませんでした。「大学や政府に割りあてられた仕事をする」というのが原則だったのですが、その頃に大学院進学・留学という制度が新設され、運良く海外留学の枠をいただくことができました。

その枠はロボット分野で、もともとアメリカに行く枠だったのですが、中国とアメリカの政府間の問題から廃止になり、日本に行くことになりました。日中政府の合意の下、いくつか留学先の選択肢があり、希望を書いた中で大阪大学の辻先生のところに行くこととなりました。

そして、1983年10月に来日し、修士課程・博士課程と研究を続けて1989年3月に学位をもらいました。

天安門事件勃発により帰国を断念

:学位取得後は北京大学の教員として内定を受けていましたが、就職までに半年ほどブランクがありました。そこで、その間だけ知り合いの紹介でATRという研究所で働くことにしたのですが、その時に中国で天安門事件が起きました。

その影響でもう少し日本に残ることになり、もともと所属していた大阪大学の辻研究室から声を掛けていただき、戻ることになりました。結局、助手として3年間、その後講師として3年間勤めたところで教授の定年により研究室がなくなりました。そして、1996年に立命館大学に助教授として移りました。

中国マイクロソフトで大きな刺激を受け、大学教授をしながら起業

藤岡:立命館大学在職中に起業されたわけですが、起業された背景にはどのようなことがあったのでしょうか。

:立命館で、40歳になったときに教授になりました。定年が65歳として、残り25年間そのままでは面白くない。人生1回きりですから、「もう少しチャレンジしたい」「もっと難しいことをやりたい」という思いがありました。

その頃に、サバティカル制度(注:使途に制限がない職務を離れた長期休暇のこと。大学教員に多く採られている制度)を利用して、マイクロソフトの北京にある研究所へ行きました。

そこには起業経験のある人や、アメリカのAppleやSilicon Graphics、DEC(Digital Equipment Corporation)といった会社を経由して来た人たちが数多くいて、大変刺激を受けました。

また、日本では孫正義さんがナスダックジャパンを作ったというネットニュースを見て、「日本もこれからベンチャーの時代だ」と感じました。

サバティカル終了時にはマイクロソフトに残るという選択もできたのですが、日本に帰りました。しかし、あの世界を見てしまうと起業への思いが強くなりました。

藤岡:起業のリスクなどは恐くありませんでしたか?

:ありませんでした。それまでは起業するどころか会社員の経験もなかったのに、変な自信がありました。日本に帰ったのが2000年9月で、会社を作ったのは12月。準備も何もなく、とにかく起業したという感じです。

大学での仕事をしながら起業しました。前例はなかったのですが、立命館は産学連携で有名な大学でもあったので、何とかOKがもらえました。