挨拶は相手を観察するためのツール

島津清彦氏(以下、島津):みなさん、あらためまして、こんばんは。実はしーさん(竹林一氏)のお話はもう5〜6回おうかがいしているんですが、ストーリーがわかっていても毎回笑っちゃうんですね。鉄板というか、軸がもう本当にブレない。最後は人だということとか、小さいところからイノベーションを起こしていいんだよという、温かいメッセージを毎回すごく感じます。今日も本当にあらためてたくさんの発見がありました。ありがとうございます。

しーさんのお話から、禅語が1つ出てきたんですね。実は「挨拶」って禅由来の言葉で、師匠から弟子に対して問答を投げかけて、どのぐらい悟っているかや勉強をしてるかという、弟子の状態を観察するというのが語源なんです。

挨拶の「挨」は「押す」、「拶」は「迫る」という意味で、「押し迫る」っていうくらいですから、ものすごく強い言葉なんです。その上で、相手の状態をちゃんと見ていくという。目上の人から目下の人に対しての観察ツールとして、挨拶という言葉が本来はあるんです。

最近よく人事の方から、社内で挨拶が減った、返事をくれないからいやだとか、コミュニケーションがなかなか取れなくて、などとお話しをうかがうんですが、観察すること自体が目的なので、返事がなくても別にいいんです。

返事がないのには理由があるんです。10人に声をかけて6人から返事が来たとしたら、6人には6人なりの理由がありますし、返事のない4人にもそれなりの理由があるんですね。そこでどうやって一人ひとりに接していくかということがすごく大事だと思います。禅語の挨拶という言葉から、そういったことをぜひ気づいていただきたいですし、すぐに使える1つのツール、矢になると思っています。

禅の教えがビジネスリーダーには必要だと確信

じゃあ、私からは10分ちょっと、駆け足になるかもしれませんけれども、なぜ僕がここに立っているのかについてお話しします。

もともと私は大企業のスターツグループという、今はもう8,000人規模になっている会社におりまして、そのあともソニーという大企業を経験して、6年前に独立起業したんですね。

正直、大企業の改革はもう無理だなと思って、一時期諦めていました(笑)。それでベンチャーなどの若い経営者の育成をしているんですが、実は独立したあと、私は出家得度しまして。今は曹洞宗の禅僧でもあるんですね。

修行していくなかで、禅の教えが大企業やビジネスリーダーにすごく必要だなと気づきまして、2年ほど前から、大企業や金融庁といった官庁も含めて禅の研修をやらせていただいたところ、非常に好評となりました。いまは毎週のようにやらせていただいています。「座禅 研修」で検索していただくと、私が6年前に作ったシマーズという会社がほぼトップでヒットするようになっています。

さらにここで「心理的安全性」という言葉と出会ったんですね。言葉自体にもすごく惹かれたんですけど、よくよく調べてみると、「ここにはちゃんと科学的エビデンスがあるぞ」と。こういう感覚的かつ体感的な「禅」と、科学的な「心理的安全性」が出会って、ちゃんとサイエンスとして提供できれば、大企業や官庁のような大きい組織も変えられるんじゃないか。そう考えて、ビリビリって電気が走ったわけですね。

7月には会社(ZENTech)を立ち上げて、今回は3回目となるイベントをさせていただいております。

肩書で仕事をし、拙速に物事を進めるという失敗

この言葉に出会う前に、私はたくさんの挫折も経験しました。今日は3割の方がリピーターとおうかがいしているので、新しい話も3割ぐらいさせていただきたいと思います。なぜ挫折したのか振り返ってみると、原因は2つあるなと思うんですね。

1つは、「自分はできる」「自分は偉い」「自分には成功体験がある」といった自信で傲慢になったこと。それに自分が気づいておらず、肩書きで仕事を進めようとしていました。

例えば、指示も「僕が部長だから、僕が専務だから、言うことを聞きなさい」と。絶対うまくいかないですね。一時的にはうまく回ったとしても、絶対に反発や反動があります。

もう1つは、拙速に進めようとしてしまうこと。これはスピードとは違って、プロセスで手を抜いて、丁寧さを欠いたまま進めてしまうことです。本当はAさん、Bさん、Cさんの順番で話さなきゃいけないのに、いきなりCさんに話してしまうとか、数字だけ見て数字から入るとか、そういったプロセスを飛ばしてしまうことです。だいたいこの2つの原因で、すごく失敗をしてきました。

顔面麻痺になり、マクドナルドで買ったモーニングセットをトレーに乗せたまま、八重洲の地下通りをずっと歩いていたところ「大丈夫ですか、島津さん?」と部下に声をかけられたりしました。

たぶん病院に行っていたら「うつ」と診断されて、「3ヶ月休め」と言われてたんでしょうけれど。それはいやなので、行かないで自分で治したという、そんな経験もあります。

プロセスをていねいにこなし、観察から始める

そのあと大いに反省して、できるだけ謙虚にということで、チャンスをいただいたんですね。親会社がとあるビル会社を買収して、そこの再生を任せるということでした。

ここまででものすごく痛い思いをしていますから、もう顔面麻痺にはなりたくないと思って、とにかく謙虚に謙虚にということで、ビルメンテナンスの会社の社長として5年弱やらせていただきました。

それを1枚にまとめると、とにかくプロセスを丁寧に、まず観察から始めました。先ほど、挨拶も観察だとお話ししましたけど、ちゃんと目で見ることですね。そのあと、丁寧に質問する。傾聴ですね。これにはコーチングとか、いろいろな技術がありますけれども。

そのあとに自己開示をちゃんとする。失敗談もちゃんと話すということですね。同じ目線で「僕も同じ失敗をしました。いや、あなたよりもっと大きな失敗をしています」と話す。そこで、信頼関係や心理的安全性を構築した上で、アクション(改革)に移していきます。

ちゃんと観て、聴いて、その上で、自分の考えやビジョン、失敗談すら完全にさらけ出していくことで、強固なコミュニケーションのベースができます。ここをしっかりやれば、そのあとは、もううまくいきます。

島津氏が取り組んだアクション

社長であろうとなんだろうと、人生には必ず死があるように、絶対に別れる時がきます。つまり定年が来るわけです。その時に、感謝の気持ちで向き合うことができれば、これはうまくいったなと思えると。

「じゃあ、実際にはどんなことやりましたか?」ということですが、ざっといろいろあります。最も業績の悪かった店長を数字で詰めないとか、繁忙期には現場を回ってカップ焼きそばを差し入れたりとか。あと、社員の家族を会社に招待して、お父さんの椅子にお子さんに座ってもらって、「パパはこんなところでがんばってるんだよ」とか、そんなことをやってきました。

また、すれ違いざまに褒める、エレベーターで褒める。あと、けっこう有効なのは手を振ること。当たり前のことなんですけど、みんな人を見てるんですね。そのときに「こんにちは」だけじゃなくて、こうやって手を振る。

こんな感じで、AKB48じゃないですけど(笑)。手を振るって、本当にちょっとしたことなんですけど、すごく効果があります。部下が不安になって、いつも上司の顔色をうかがっている時に、ニコッと笑って上司が手を振ってくれただけで、それだけでなんか救われることってありますよね。そういうことをやってきました。

でも、うっかり忘れちゃった時は手帳に書いておきます。「明日、田中さんに手を振る」(笑)というところまで書いて、忘れないようにしていました。今だったら、アラームを設定して手を振ると思うんですけれどもね。