50代にして経験した“孤独と恐れ”の転職活動
Indeed Japan高橋氏、仕事探しに苦悩した過去を語る

IVS DOJO 高橋信太郎 氏

IVS 2018 Winter Kanazawa
に開催

2018年12月19日に行われた「IVS2018 Winter Kanazawa」のセッション「IVS DOJO」で、Indeed Japan株式会社・高橋信太郎氏が登壇しました。自らが経験した転職活動を、会社売却になぞらえたエピソードを披露。周囲から支えられた日々と、そこから得た人生訓を熱弁しました。

転職を決意したIndeed Japan高橋氏

高橋信太郎氏:(歌いながら)仕事探しはIndeed、バイト探しもIndeed、仕事バイト探しはIndeed。Indeed Japanの高橋でございます。よろしくお願いします。

(会場拍手)

今日は、転職の話をしたいと思います。ある日、急に大株主から「1年後に事業をストップする」「事業継続はない」と言われたら、みなさんはどうしますか? 作ってきた事業と、その価値には自信がある。市場評価もある。また、付いてきてくれたメンバーは、誰一人路頭に迷わせるわけにはいかない。さあ、次の瞬間、みなさんはどういう行動に出られるでしょうか?

そう、会社売却。今回のテーマにもなってますけれども、次のステークホルダーを探すという行動に出るのではないでしょうか。そのときの私は、そんな心境でした。人にとっての転職とは、言い換えれば自分売却、つまりM&Aである。事業収益が1年でストップする。会社の売却先を探さないと、メンバーが路頭に迷ってしまう。さあ、どうする?

840名の従業員や、社長業務やグループの常務の任務や、本社会議・経営会議等々、多忙な毎日を過ごしていました。次の会長職の仕事は何だ? 「お前の仕事は、早くこの会社から影響力をなくすことだ」。なるほど、わかりました。さて、どうする?

今の仕事に全力で投球してきました。なので、やりたいことはまったくないです。起業にもほど遠いし、しかも、私には蓄えがない。しかし、必ず守るべきは、娘のバレエ留学の継続。12歳から嫁さんと一緒に海外に行っています。

会社の状態で言いますと、今すぐには新しい事業のビジョンはないに等しい。従業員の販管費はそれなりに高いが、雇い止めはしないと決めた。1年後の収益のストップが見えているのに、今いまの打ち手が何も見えていない。あるのは、孤独と恐れだけです。

なので、冷静になるのにとても時間がかかります。しかし、打ち手を打たないと時間だけが過ぎます。残された期間は1年のみです。しかし、何が何でも乗り切る。このまま沈没は絶対しない。娘のバレリーナになる夢は、絶対に断ち切らせない。なので、これから起こることを棚卸ししようと決めました。整理して冷静になろう。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

IVS(Infinity Ventures Summit)

IT業界の一流企業の経営者や経営幹部が一同に会し、ディスカッションやスピーチが行なわれる豪華イベント。普段は見ることのできないクローズドな経営者同士の会話や経営裏話など、日本のIT業界の最先端情報がここに集まっています。

IVSは、主に経営者向けに行なわれる通常のイベントのほか、学生向けに行なわれるワークショップも年に数回開催されています。ログミーでは、公式メディアパートナーとしてその中の人気セッションを全文書き起こし、全部で400記事以上のコンテンツをご覧いただけます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?