心理的安全性は50年も前から研究されている

金亨哲氏(以下、金):それでは第2部をスタートしたいと思います。先ほどお話しいただいたお二人の活動を、今度はサイエンスで説明してみようと思います。

登壇する石井(遼介)からは、株式会社ZENTechのチーフ・サイエンティストとして、心理的安全性の確保について話をしていただきます。これまでもアカデミアとビジネスをサイエンスの文脈でつなげてきており、『悩みにふりまわされて しんどいあなたへ』という著書は、Amazonの書籍「ストレス」カテゴリ1位となりました。

みなさま、拍手でお迎えくださいませ。石井さん、それではよろしくお願いいたします。

(会場拍手)

石井遼介氏(以下、石井):こんにちは。みなさま、はじめまして。石井と申します。

今回は「心理的安全性の科学」と題しまして、15分ほどお話しをさせていただければと思っております。

「心理的安全性」という考え方には、50年ぐらいの研究の歴史があります。Googleのプロジェクト・アリストテレスで言及されてから、近年日本でも「心理的安全性って良いんだよね」なんて盛り上がっていますけども、実はけっこう長い間、研究されている分野なんです。この50年を15分で話すという、なかなか無謀なことをしようというのが、これからのお時間です。

もう1つ、50年も研究されているというのに、日本ではあまり研究がされていない分野なんですね。なので、今日は日本での(数少ない)研究結果を発表してみたいなと思っています。

問題を解決するプロセス作りが工学者の仕事

簡単に自己紹介から、はじめさせていただければと思っています。

僕には3つぐらいの顔がありまして、1つは行動科学という分野の研究者です。もう1つは学生時代からこれまで、3社ほど会社をつくりました。もちろん、カルビーやスターツのように大きな会社ではありませんが、ゼロから立ち上げてなんとかする、という所で仕事をしてきました。最後ですが、プロジェクトマネージャー。いろんなプロジェクトを立ち上げてオペレーションまで落とすというのが好きで、仕事としていろいろとやってまいりました。

こんな3つの顔があるんですけど、簡単にいくつか紹介をさせていただければと思っています。

僕は行動科学の研究者ですが、もともとは工学系の人間だったんですね。東京大学で精密機械工学を専攻していました。

なので、心理学や組織論について研究している今も、僕のベースは工学にあると思っていて。じゃあ「工学ってなんですか?」ってことなんですが、工学とは、(1)数学や自然科学を応用して、役に立つものを作ろうということです。

先ほどお話のあった「心理的安全性」も、誰かの役に立たないとあまりうれしくないわけですよね。心理的安全になっても、みんな安全でぬるま湯に浸かっていることで、なにも成果が出なかったよね、ではおもしろくない。

つぎに、工学とは、(2)同じ条件だったら何度でも再現可能である状態を作れるようにする、ということです。工場で同じものがどんどん作れる。それこそ、カルビーさんの工場はそうですよね。最後に、(3)プロセスを作って問題を解決するというのが工学の仕事だと思っています。なので、僕のベースはこの意味で工学者なのです。

自分の心理的柔軟性を上げるということができるドリル

3つ目の会社を創業する前に、慶應義塾大学の前野隆司先生という、幸福学の研究者の元で研究を始めました。そこから行動科学の研究者になったんですけれども、その後で一般社団法人日本認知科学研究所を立ち上げました。そこでは、人間だけではなくて動物についての行動科学と、それをセラピーに応用した「Acceptance and Commitment Therapy」を専門領域として研究しています。

人と動物の行動がわかると、行動の習慣化や、チームをどうマネジメントするかといったことについて、徐々に詳しくなってきました。先日カナダのモントリオールで行われたACBS(Association for Contextual Behavioral Science)という国際学会では、うつ傾向を弱めて生産性を高めるプロセスを作ったことについて発表しました。

(スライドを指して)これは計算ドリルみたいなもので、ご自身おひとりで60分とか90分、ただひたすら紙に向かって取り組んでいただくと、うつ度や不安度が下がって、それが半年ぐらい持続します。新しい言葉で「心理的柔軟性」というパラメーターがあるんですが、心の柔軟さ、心のしなやかさがトレーニングできて、それが半年以上も持続するということが起きています。いわば、人間のこころであっても、工学的に取り扱って、同じプロセスで、ある程度再現可能に癒やすことができるプロセスができた、ということです。

先ほど、金(亨哲)君から紹介いただいたように『悩みにふりまわされて しんどいあなたへ』という本を出したのですが、実はこの本が先ほどの計算ドリル集みたいになっています。なので、この本でドリルに取り組んでいただくことで、自分の心理的柔軟性を上げるということができるということです。

もう1つ、心理的安全性というテーマで共有させていただきたいことがあります。少し前に、とある大臣をお呼びしてイベントをやろうということになったんですね。会場と大臣で対話したい!大臣の価値観に迫りたい、とぶち上げたんですが、大臣や政治家のみなさまって講演は好きなんですけど、質疑応答はそうでもなくて。やっぱり誰だって、痛くもない腹を探られるのはイヤじゃないですか。なので、そのコミュニケーションを設計しようということになりました。

つまり、大臣の心理的安全性をどう担保するかについていろいろ考えまして(笑)。

(会場笑)

石井:それがなかなか、上手くいきました。大臣って分刻みのスケジュールで動いているので、秘書官の方はすごく不安そうな顔をされていたんですけど、時間がきても「もう2、3問いいよ」って最後には言ってくださって。きっと、楽しんでいただけたんでしょうね。最終的に、予定の時間を超えてまで質疑に答えてくださるという時間を作るということができました。

「説明」「プロセス作り」「リサーチ・分析」が仕事の軸

ZENTechでは、禅や心理的安全性について、もう少し科学の方向に持っていきたいなということで今活動を進めています。

もしかしたら、僕のブログを読んできた方がいらっしゃるのかもしれないですね。何名か頷いていらっしゃる方がいてうれしいです。「いま話題の『心理的安全性』について、本気出して科学的に分かりやすく説明してみた」という記事を書きましたところ、バズりまして。学びのカテゴリのホッテントリに入りました。このテーマはこれから掘っていく価値があるなと思い、前回「ゼンテクナイト Vol.1」というのをやりました。

そちらと、私が所属している慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメントでとったデータを使って分析をしました。日本ではあまりこのような研究がなかったので、その第1段として、まずはやってみようということでチャレンジしてみました。

このように、会社の立ち上げから、本の執筆、研究など「いろんなことをやってますね」ってよく言われるんですが、実は僕、「説明する」「プロセスを作る」「リサーチ・分析する」という3つのことしかやっていないんです。この3つのことだけを軸に、これまで研究やビジネスをやってきたひと、とご理解頂ければと思います。

6,000回引用された「チームの心理的安全性」オリジンの論文

というわけで、そろそろ本題の心理的安全性に入っていきたいと思います。まずは心理的安全性の学問的な位置づけみたいなところから始めたいと思います。このコンセプトって、実は経営学という大きなくくりの中の、組織論の中の、さらに組織行動学の中にある組織学習論という、だいぶニッチなところに位置づけられるんですね。

この分野は、もちろん人と人との集合である組織を扱うので、経済学とか行動科学、認知科学など、多くの学問分野に影響を受けている分野です。ちょうど53年前、(スライドを指して)このお2人が最初に心理的安全性という言葉をアカデミアに持ってきました。

「組織の課題解決や、新しい挑戦に対して、安心して行動を変えることができると人々が感じるために必要なのが心理的安全性だ」と彼らは最初に捉えたわけです。

それから34年後の1999年に心理的安全性とは「チームの中で『リスクをとっても大丈夫だ』とメンバーに共有される信念にある」とエイミー・C・エドモンドソン先生は言いました。Googleからも引用された研究ですね。この1999年の論文はめちゃくちゃ重要で、論文の引用数って100を超えるとけっこうすごいことだと言われているんですね。この論文は、そんな中で6,000ほど引用されているので、もはやバケモノと言ってよいような論文になっているんですね。

この分野は組織論に位置づけられるというお話をしました。組織論では3つのレイヤーで組織を捉えます。1つは個人、もう1つはチームやグループ、それから組織です。どのレイヤーにおいても心理的安全性は大事だと研究者たちは捉えています。個人でも、心理的に安全な場所ではいろんなことが学べますよね。クリエイティビティが上がるし、創造性が上がるとされています。さらに、チームならチーム全体の学習が促進されるんです。よって、チームの生産性が上げるという点で、チームの学習が重要視されています。最後に、知識の「共有」と「結合」が、組織においても盛んになるとも言われています。組織の業績が向上するという点で、どのレイヤーにおいても心理的安全性は大事だという話がされています。