魔法の言葉は「Alexa、kintoneを開いて」
声だけでkintoneを操作する、スマートスピーカーハック

アールスリーインスティテュート 浅賀功次氏

kintone hive tokyo 2018
に開催

2018年11月7〜8日、幕張メッセにて「Cybozu Days 2018 Tokyo」が開催されました。今年は“楽しいは正義”をテーマに行われ、豪華ゲストを招いてのセッションやサイボウズ社のサービス利用者による事例発表など、多彩なコンテンツが場を盛り上げました。本記事では、開催初日に行われたKintoneの可能性を広げるショートセッション「Kintone hack NIGHT」にフォーカス。登壇者のなかから、アールスリーインスティテュート・浅賀氏、株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ・高橋氏による発表の模様をお送りします。

提供:サイボウズ株式会社

スマートスピーカーでkintoneを動かす

浅賀功次氏(以下、浅賀):みなさん、こんにちは。

私からはスマートスピーカーを使って、kintoneの新しい可能性を探った話をさせていただきます。

改めまして、アールスリーインスティテュートという大阪の会社から来ました、浅賀といいます。

日本でも、もういくつかのスマートスピーカーは購入ができるので、使っている方もいらっしゃると思います。

例えば天気やニュースを調べたり、音楽を再生したり。変わったところでいくと、家電や照明の操作も、すべて声で制御することができます。

kintoneとスマートスピーカーの活用も、いくつか例が出ています。例えば、kintoneにあるスケジュールデータを教えてもらったり、スマートスピーカーに話しかけることで、その日の予定をkintoneに登録したりすることができます。

主に「音声を使ってkintoneを操作する」ということです。

最初にこれを見た時に、声で話しかけると魔法使いのようにkintoneが操作できる、ということをイメージをしまして、スマートスピーカーを使えばできるんじゃないかと思い、今回試してみました。

「Alexa、kintoneを開いて」

今日はデモ動画を作ってきました。僕には子どもが2人います。自分で(デモを)やってもおもしろくないので、誰でも使えるということを確かめるために、小学2年生の次男に使ってもらいました。それを見ていただこうと思います。

いまAmazon EchoとPCが用意されていて、それぞれ直接繋がっているわけではないんですが、これを声で操作してみます。

いまkintone hiveのサイトが出ているので、ログイン画面に移動するところから始まります。

(動画が流れる)

子ども(動画音声):Alexa、kintoneを開いて。

Alexa(動画音声):kintoneへようこそ。なにをしますか?

子ども(動画音声):ログインして。

Alexa(動画音声):kintoneにログインしました。

浅賀:こういうかたちで、ここまでキーボードはまったく触ってません。声で話しかけることでログインしています。

ちょっとブラウザを拡大して映したいと思います。

子ども(動画音声):スクロールして。

Alexa(動画音声):スクロールしました。

浅賀:こういうスクロールも、自在にできるようになっています。

子ども(動画音声):トップにスクロール。

Alexa(動画音声):一番上までスクロールしました。

浅賀:ここからアプリを探します。

子ども(動画音声):顧客リストアプリを見せて。

浅賀:アプリ名でアプリを探して、表示します。

Alexa(動画音声):顧客リストアプリを開きました。

子ども(動画音声):次のページ。

浅賀:こういうかたちで、レコードが多い時は改ページも音声で制御できるようにしています。

両手がふさがる環境でもkintoneを操作できる

子ども(動画音声):前のページ。

Alexa(動画音声):前のページに移動しました。

子ども(動画音声):スクロール。

浅賀:いま画面上にレコード番号が出ているので、その番号を読み上げてレコードを開きます。

子ども(動画音声):レコード番号17。

Alexa(動画音声):レコード番号17を開きました。

浅賀:ここでもスクロールできるので、情報をすべて見ることができます。

子ども(動画音声):スクロールして。

Alexa(動画音声):スクロールしました。

浅賀:あとは、ここにコメントを書きたいというケースですね。

子ども(動画音声):「わかりました」とコメントして。

Alexa(動画音声):コメントしました。

浅賀:そうするとコメントが入って、自動でリロードされます。

子ども(動画音声):ホームに移動。

浅賀:使い終わる時は、ちゃんとログアウトする機能も入れています。

子ども(動画音声):ログアウト。

Alexa(動画音声):ログアウトしました。

(動画が終わる)

浅賀:これで動画は終わりです。

見ていただいたとおり、こういった仕組みを使うと、例えば両手がふさがっている現場作業中や、手が不自由な方でキーボードやマウスをうまく使えない方など、いままでkintoneを使うことができなかった場面、諦めていた場面でkintoneの活用がさらに広がるのではないかと考えています。

私からの発表は以上です。ありがとうございました。

(会場拍手)

Occurred on , Published at

kintone hive

kintone hiveに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、kintone hiveに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?