人間は全員、見たいものしか見ていない

出口治明氏:みなさん、こんにちは。マイクは聞こえますか? じゃあ、話はできるだけ早く終わって、せっかくみなさん来られているので、ディスカッションを中心にやっていこうと思います。よろしくお願いします。

それから、僕の講演中は勝手に写真を撮っていただいてけっこうです。TwitterやFacebookをやりながら聴いていただいても、まったく構いません。被写体として自信があると思っているわけでは決してありません(笑)。

(会場笑)

僕は、学長になる前はスマホで商売をやっていました。スマホで商売をやっていたのに「スマホを使こたらあかん」と言うのは絶対矛盾なので、自由に使ってください。

「人間は見たいものしか見ない」といったのはカエサルですが、みなさんも世界を色眼鏡で見ています。例えば、安倍さんという総理大臣がいますが、好きな人も嫌いな人もいますよね。同じ人を見ていて、なんで好き嫌いが出るかと言えば、みなさんが安倍さんを色眼鏡で見ているからです。

つまり、人間は全員、見たいものしか見ていないので、ちゃんと世界をフラットに見るためには方法論がいる。それは、縦・横・算数の3つに分けられる。

データで見れば答えがわかる

まず縦は何かといえば、人間の脳みそは1万年進化していないので、昔の人がどう考えたかというのが縦ですよね。横は世界の人がどう考えているかです。

例えば、僕は中学校で、源頼朝は平政子、北条政子と結婚して鎌倉幕府を開いたと習いました。日本は夫婦別姓の国ですよね。

では、世界はどうかといえば、ものごとはApple to Appleで比較するので、OECDの35の先進国で比べるのが普通ですが。この35の先進国の中で、法律婚の条件として同姓を強制している国はどこにもありません。

縦横で見れば、「夫婦別姓のような考えは家族を壊す」とか「日本の伝統ちゃうで」とか言っているおじさんやおばさんは、厄介なことにけっこういるんですが、縦横に勉強してへん人か、イデオロギーや思い込み過多な人やな、ということぐらいはわかりますよね。だからどんな問題でも縦横で考えれば、簡単に答えがわかるということです。

それから算数、データです。これはもう何でも数字で考えたらわかりやすい。平城京と平安京は途中で作るのを止めています。未完の都です。

これも簡単で、当時の日本と中国の人口比は、だいたい向こうが10倍で、500~600万人対5,000~6,000万人です。1人あたりのGDPは向こうが先進国なので、向こうがだいたい日本の2倍です。ということは中学生でも、日本の国力は20分の1ということがわかります。そうですよね。

じゃあ、平城京や平安京の大きさはどれぐらいだったかといえば、唐の長安の4分の1です。20分の1しか稼いでいない人が4分の1の家を作ったらどうなるかといえば、途中でお金がなくなるのは目に見えているので、だから平城京や平安京が未完に終わったということは、算数できれいに説明ができます。

でも、こんなこと言ったら、平城京を作った持統天皇や藤原不比等は、そんなこともわからないぐらい愚かだったんですかという話になるんですが。

これはそういう解釈もできるんですが、そうではなくて、唐という世界帝国に見せるために、わかっていて背伸びしたんだという説もあります。この辺りは解釈になるわけですが、算数で考えたら未完であることはすぐにわかるわけですよね。

「all supporting all」の考え方へシフトせよ

だから、どんな問題でも縦横算数で見たらわかりやすい。日本の問題は少子高齢化と言われて久しいですが、若いみなさんに将来どうやと聞いたら、だいたいあまり明るくないという答えになる。

その原因は何か。「なんでそう思うんですか」と聞いていくと、だいたいこのグラフに行き着くんです。

昔は若者10人で高齢者1人の面倒を見てたんですよ。それが騎馬戦が崩れて、肩車に向かっているやんかという話になるんですが、この話はよく考えなくても、「young supporting old」という、若者が高齢者の面倒を見るのは当たり前という考えをベースにしていますよね。

これ正しいですか? 簡単に反証はできるのですが、動物の中で若者が高齢者の面倒を見ている動物を知っている人? 挙手をお願いします。

(会場から手が挙がらず)

いないでしょ。いないということは人間も動物ですから「young supporting old」という考え方は、普遍的なものではなくて、高度成長していて人口が増えた時代の産物であると。

じゃあ、少子高齢化が先に進んだヨーロッパではどうなっているかといえば、20年も前に「all supporting all」の世界に変わっている。つまり年齢フリーでみんなが社会を支えて、シングルマザーとか困っている人に、給付を集中したらええやんかという考えに変わっているんですよね。

これを社会制度でいえば、若者が高齢者を支えるんやったら、働いている若者から所得税をとって、住民票で年齢をチェックして、敬老パスを配れば済みますよね。

ところが、みんなが社会を支えるんだったら、消費税に変える以外にないですよね。それからシングルマザーとか本当に困っている人に給付を集中するんだったら、マイナンバーを整備するしかない。

つまり、少子高齢化ってなんやといえば、所得税と住民票で社会が回っていたレベルから、消費税とマイナンバーが社会のインフラになるパラダイムシフトのことを呼んでいるんですよね。

消費税=弱い者いじめという思い込み

でも、日本ではこんな当たり前の話をしても、消費税といった瞬間に、弱い者いじめだとかいう変な話になってしまう。

消費税が弱い者いじめやという話も嘘であることはわりと簡単にわかる。先進地域は、世界で3つある。アメリカ、ヨーロッパ、日本です。この3つの中で、どこが一番弱者に優しくてバリアフリーですかと聞いたら、ほとんどの人がヨーロッパに手を挙げる。

ヨーロッパの社会はぜんぶ消費税で組み立てられているので、弱者に厳しいという話が嘘やということがすぐにわかりますよね。大丈夫ですよね。つまり「all supporting all」で考えたら、別に日本の将来がそれほど暗いわけではないでしょう。年齢を見なければいい。年齢フリーの社会を作ればいいのです。

そんなことを言うけど、日本ではあと5年も経てば、団塊世代が後期高齢者になるので、「介護が目も当てられへんで」という人がいっぱいいますよね。とくに東京は大変や、介護する人がいない。介護の問題です。

でも、介護とは何か。議論する時には、言葉をはっきり定義しなければ意味がないというのはみんなわかってますよね。介護を定義すれば、平均寿命マイナス健康寿命だから、A-Bだから、これは健康寿命を伸ばす以外の解はないんですよね。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。