MotionBoardとDEJIREN、2つの製品紹介

島澤甲氏(以下、島澤):みなさん、こんにちは! 本セッションではMotionBoardと新製品DEJIRENのセッションになります。私、島澤と。

大畠幸男氏(以下、大畠):私、大畠で、このセッションをお送りします。どうぞよろしくお願いします。

島澤:よろしくお願いいたします。

(会場拍手)

今日、ご紹介する製品ですが、1つ目はMotionBoard。2つ目がDEJIRENですね。基調講演をお聞きいただいた方はご存知のとおり、DEJIRENについて少しだけ紹介させていただきました。ここではもう少し掘り下げて紹介できればと思っております。

最初はMotionBoardから紹介したいと思っております。MotionBoardのビジネス的なところについて、少し触れてもらえますか?

大畠:はい。おかげさまでMotionBoardの利用社数も1,500社を突破しました。さまざまなお客様のもとで、可視化のツールや実際の分析の環境として、お使いいただいております。

我々もそうですが、パートナーのみなさまと一緒にリリースさせていただいているというところもありますので、この場を借りて感謝申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。

島澤:ありがとうございます。

MotionBoardで挑戦する農業IoT

大畠:ここ最近、テーマとしてよく使っていただいているテクノロジーが「IoT」。IoTは、だんだん当たり前のようになってきていると思います。

基調講演では株式会社ソラコムの玉川憲さんから「IoTは民主化していく」というお話がありました。我々も、民主化されたさまざまなデータを、いかにみなさまに届けていくかという中で、このようなIoTの可視化の環境の場面でMotionBoardを使っていただくシーンが非常に多くなっています。島澤さん、これについてはいかがでしょうか。

島澤:「IoTって、バズワードじゃないの?」みたいな話もありましたけれども、実際にお客様とお仕事をやらせていただいていると感じるのですが、IoTによってROI、投資対効果が得られているお客様がかなり増えてきました。現在では、バズっているというよりも、より具体的な領域になってきたなという肌感がものすごくありますね。

大畠:我々も、いろんなIoTを手がけて行っております。そのなかで1つ、農業に対するIoTに取り組んでいこうと考えています。これについて、島澤さんからお願いします。

島澤:私たちは「わくわくファーム」という農場を千葉県に借りまして、自身でIoTに取り組んでいます。私たちは、基本的にはソフトウェアを開発している会社ですが、私たちがお客様に対してなにかを提供するときに、自分たち自身で使ったことがないというのは、すごく嫌いなんです。

自分たちで使ったことがないけど「IoT、便利ですよ、取り組んでみましょう」というのは、すごく無責任な気がしてしませんか? だから、できるだけ自分たちで使ってみようと。そういうところで今回、農業IoTに取り組む機会があり、MotionBoardで挑戦しています。

ウイングアークでも、この農業でのIoTの活用を考えています。これはオープン当初の農場の素の写真ですが、ここにいろんなセンサーを組み込んでいこうということを取り組んでいました。

異常が発生したらすぐに手を打てる。これがIoTの良さ

島澤:そして、実際にやってみようと。異常に気がつけば、人は動ける。IoTのいいところはいろいろありますが、1番のポイントは、ここだと思います。例えば、家が火事で、火事だって気がついたら、動けますよね。「今、ラーメン食べてるから、食べ終わってから行くわ」なんていう人、絶対にいないんですよ。

IoTも同じように、なんらかの異常が発生したら、では手を打とうと。これがパッとできるのが、IoTの良さなんです。まずはそれを自分たちで体現しようということで、1号機を開発しました。

これは、その当時の設計図をそのまま持ってきました。ソーラーパネルを設置して、コントロールボックスにいろんなマイコンを入れています。そして、LTE。ソラコムのSIMと連携して、クラウド上のMotionBoardにデータをどんどん上げて、MotionBoard上で可視化する。異常があったときに通知。そういったものを、まず実装してみたというところですね。

ソーラーパネルによってどこでもデータが取れるかたちです。今回、動力は太陽光エネルギーにしようと企画しました。

初号機の画面はシンプルな画面です。ただ、周辺の温度や湿度、土壌の水分量を取得できます。また、PH、気圧なども取得できるものを当時作りました。異常が起きたときには、MotionBoardのアラーム設定で、私のApple Watchと連携する。これが1号機ですね。

いろんなセンサーを付けて……サーモグラフィやカメラなど、いろいろとがんばってみたのがこの1号機です。

でもこれね、ボツ……というか、失敗だったんです。ここに、特別昇圧機というのがあるんですね。これはなにかというと、実はこれが、1号機のコンセプトだったんですよ。ボツになったアイデアを少しだけ紹介すると……。

大畠:デモですか?

島澤:デモです。(スライドを指して)これ、わかります? 電圧を100万ボルトに昇圧する機械で、1号機に内蔵してあるんです。これを使って植物を活性化させようという、けっこう野心的な取り組みだったんです。少しだけやってみましょうか。なかなか怖いので……ちょっと音が大きいですよ。

(バチバチッと大きな音が鳴る)

大畠:おぉっ。びっくりした。

島澤:こんな感じですね。これを内蔵しました。植物はよく「いじめると甘くなる」って言いませんか? トマトは、水をあげないと甘くなるんですよ。つまり、いじめると甘くなる。そこで、いろいろといじめる方法を考えたんです。「スピーカーで罵声を浴びせる」など、いろいろありました。

島澤:(罵声を浴びせるものは)コンプライアンス的によくなさそうなので、今回はこの100万ボルトの電流で、「100万ボルトのビリビリ野菜」というブランドで、甘いトマトでも作ろうかと。

大畠:売れないなぁ……。

島澤:うるさいよ(笑)。

(会場笑)

そう思ったんですけれども、無事にボツになりました。そして2号機です。

2号機はかなり真面目に作りました。きちんと3Dプリンターで出力して、エンクロージャーもしっかりと樹脂を使って、電源ケーブル系も実装しました。

MotionBoardでリアルな農場の状態を可視化する

島澤:それぞれのセグメントが、通信系、電源系、制御系と分かれていまして。

(スライドを指して)これは作っているときの画ですね。細かい話なのでパパッと進めます。ラジコンのハンドルのようなものでモーターを制御できるようにすることで、リモートで水やりまでサポートしているのが1つの特徴です。

(スライドを指して)実際に完成したのがこんなかたち。社員に見せたら、爆弾だなんだと、ひどい言われようでした。このユニットによって、いろんなデータが取れるようになっています。

小さな筐体の中に、20系統のデータを取れるようにしています。土壌に関しては6チャンネルをサポートしました。実際には、40を超えるデータが取れるようなユニットを作ってみました。それが(スライドの)左側ですね。

右側がサーボでバルブ制御するものです。実際に、MotionBoardでここからリモートで水をあげたりすることもできるようになっています。では、画面を出せますか。

大畠:そうですね、デモをやりたいと思います。

今の爆弾のようなものですが、すぐそこのミュージアムに小さな模型があるため、興味があったら後ほど見に行ってもらえればと思います。では、デモですね。リアルタイムのセンシングで、取れたデータをMotionBoardで可視化していく内容を見ていただこうかなと思います。

データは先ほど見ていただいた千葉にある農場のデータを、今、リアルタイムでセンシングしてみなさんに見ていただいています。気温が18.6度くらい。湿度が47パーセント。こんな感じですかね。

農園に6棟あるんですけれども、各プラントの土の中の温度や湿度の状態です。見ていただくとわかりますかね。ここは24.27パーセントですが、こちらの2棟目は7.85パーセント。ちょっと水分が足りないですよね。だとすると、このあたりから水を入れていけばいいかな、といったようなデータがわかります。

島澤:そうですね。課題として、センサーをそれほど深く埋められなかったので、作業しているときにセンサーに手が触れたり、そうしたノイズを拾ってしまって、温度が跳ね上がっているところもあります。作業していて、こうしたデータも取ってしまうのが、課題ではあります。

畑に水を撒くためだけに行かなくてもいいように

島澤:また、外の温度や湿度も出せますかね。

大畠:外の環境ですね。例えば、こういったかたちで、過去の推移がどうなっているかも、きちんと見られるようにしています。

島澤:こうしてデータが取れると、(何かが起きたときに)手を打てるようになります。それで、植物の生育状況とこのデータを突合させることによって、一番効くパラメータは何かといったことを検討できます。このあと、私がエンジンにかけて、この育成状況の分析や可視化をさらに進めていこうかなと考えています。

大畠:そうですね。(スライドを指して)こちらにカメラの画があるのですが、ここをクリックすると、ストリーミングで撮ることも当然できます。こちらは静止画像です。ある一定の間隔ですが、このようにクリックしていくと見えたりします。

島澤:これは1分に1回、スチールを撮っています。それをMotionBoardのDBに叩き込んでいくというかたちです。動画でもいいんですが、環境的にもプライバシーへの配慮といったところで、今回はこうした低解像度の画像にしています。

また、サーモグラフィも……今日はそこまでお見せできないんですけれど、サーモグラフィによる周辺温度の可視化にも挑戦しています。

先ほど「バルブ制御をやります」という話をしたのですが、水の制御はこんな感じのパネルです。これで「ALL:OPEN」とすると、一気に水がバシャッと出ます。

実際には、農園の管理者さんが土日などに回ってメンテナンスをしているんです。農園の管理者さんのなかには、埼玉県などから行っている方もいらっしゃいます。そうした方の労力軽減になればと思っています。

蛇口をひねるためだけに、電車で2時間揺られてというのは、働き方としてはあまりよくないかなと思って。私たちは、こういったデバイスを通じてそうしたことを改善していきます。まずは、自分たちでやってみたという話ですね。