「IWAI」ローンチ、特別対談

山川咲氏(以下、山川):11月22日って、いい夫婦の日じゃないですか。世の中的にはそう言われてて、私たちがCRAZY WEDDINGのオーダーメイドから「IWAI」という新しいサービスを今度ローンチするんですけど。

西野亮廣氏(以下、西野):それでIWAIっていうのはなんなんですか? ちょっと山川さん、インスタで「(ライブ中継)やってるよ」みたいなのことを言ったほうがいいんじゃないですか?

山川:あ、それやったほうがいいですよね。

西野:そうですよね。

司会者:それ、非常にありがたいです。

西野:これ、どうやってシェアしてるんですか?

山川:たぶん自分のインスタでってことですよね。

西野:できないですか?

山川:できるよね。

司会者:ライブのシェアは……。

西野:ライブのシェアはできないか。というか「やってるよ」って言ったらいいんですね。

司会者:あ、そうですね。ありがとうございます。

西野:そうだ。これを「やってるよ」って。

山川:お客さんは何人いるんですか?

司会者:今日は21名、お集まりいただいております。

山川:昨日か今日に、予定があったけど変えていらっしゃった方どれくらいいるんですか?

司会者:けっこう事前にお電話したんですけど、わりとお仕事なんかうまくやってこられた方が多い印象で。

山川:へえー。

西野:すごいですね。なんか広島から来るみたいな方もいらっしゃいましたよ。

司会者:今日、その方は結局お越しいただけなかったんですけど。

山川:来れなくなっちゃった。

西野:すごいですよね。

司会者:ガッツはすごい。

西野:ガッツがすごいですよね。でもみんな、なかなかこういうところに来れる機会がないから。すみません、話の腰を折って。はい、そう。IWAIね。

山川:そうそう、IWAI。表参道に新しく会場を持つんですよ。

西野:はあ、なるほどなるほど。

表参道に「IWAI」をつくった理由

山川:でもオーダーメイドのときは、会場なんて絶対に持たないってやってたんですけど。今回6〜7年目にして持つということに。

西野:なんでまた急に会場を持つとなったんですか?

山川:今オーダーメイドでできることって、すっごく限られてるんですよ。うちって2トントラックで毎回現場に行って。すべての現場にそれくらいのものを全部持っていってやってたんです。

全部セッティングしてって、じゃあ数をどんどん拡大していくビジネスでもないし。そんなに広げないで、プレミアムに作っていくべき事業だなと思ったときに、それでももっと多くの人たちに届けたいと思ったら、もっと多くの結婚式を届けられる新しいホールが必要だなと思って。

あえて結婚式という式場を持つ制約の中で、新しいことをやろうっていうね。

西野:これまでとなにが違うんですか?

山川:いや、ふふふ(笑)。

西野:僕、しゃべりすぎ? もし、その前にしゃべりたいことがあったら。

山川:じゃあ、あとで。

西野:あとで、はいはい。段取りがあるんですよね。すみません。

山川:いやいや。ありがとうございます。

西野:とんでもないです。

司会者:自由に。

西野:はい。

結婚式に「第2の革命」を起こす

山川:そうそう。それで、IWAIの全貌を11月22日に公開しようと思って。

西野:ああ、そういうことだ。(公開するのは)今日じゃないんですね。11月22日に。では、今日はなんなんですか?

山川:今日は11月22日に全貌を公開するにあたって、いい夫婦の日というのもあって、結婚式をとにかく解放したいというのが、私の思いなんです。6〜7年前にジャンヌ・ダルクぐらいの結婚式がもっとすごくない、みたいな。

もっとパワーあるのに、今の結婚式じゃまだまだ足りなくない? みたいなところで起業してるんですけど。第2の革命を起こそうというのがあって、結婚式で解放するのに、(西野氏が)結婚式が嫌いという噂も聞いてますし(笑)。解放するなら、この人しかいないんじゃないかってことで、西野さんをお呼びしました。

西野:いや、すみません。ありがとうございます。

(会場拍手)

西野:結婚式ね。マジで前に参加したのが、えーと、たぶん梶原(雄太)くんの結婚式で、それはもう10年以上前なんですね。

山川:それからしてないんですか?

西野:いえ。もちろん結婚式のお誘いはいただくんですけど、まずおもんないんで(笑)。

(会場笑)

そんなことに時間を使いたくないじゃないですか。なんか司会者の方が出てきて、別に食べたくもない料理を食べさせられて、なにこれみたいな感じで。

あ、違います。ごめんなさい。違います。前回が10年前って言いましたけど、そうじゃなくて、今年の夏にサロンメンバー同士が結婚したんですよ。そこは行かなきゃと思って。

山川:サロンで出会って? すごーい。

西野:そうなんです。それで「西野さん、どんな結婚式だったら逆に来るんですか?」みたいな感じで。「そんなもん、バーベキューに決まってる」って話をして。みんなでバーベキューをしながら、なんかこうみんなで「イエーイ」とか言えるほうが、僕は居心地がいいので。だから「僕、バーベキューなら行くね」みたいなことを言ったら、本当にバーベキュー会場で結婚式をしやがったんですよ。

山川:へえー!

西野:それはだから行きましたね。それが10年ぶりぐらいに行ったやつで、その前が梶原くんの結婚式で。それ以外はずーっと断り続けましたね。

山川:出ないことに?

西野:はい。

西野氏、結婚式は「おもんない」

西野:だから僕、基本的に行かないんで。まず、「おもんない」が1つですね。一番大きな理由が、おもんない。あと僕が劇場出身なので、地下の小屋出身なので、どの照明がどれぐらいお金がかかって、このセットを組んだらどれくらいっていうのは、だいたい計算できるじゃないですか。するとやっぱり……。

山川:計算が合わない!

西野:計算が合わないんですね(笑)。

(会場笑)

せっかく晴れの日じゃないですか。めでたい日に、これ新郎新婦がけっこう持ってかれてるなっていう。

山川:悲しくなる?

西野:悲しくなっちゃうんですよ。

山川:あ〜。

西野:それがいやなので、見たくないなと思って、あんまり行ってないですね。だから、(行かない理由は)その2つですね。おもしろくないというのと予算問題ですよね。

山川:なるほど(笑)。

西野:例えば、予算がかかってて、ムチャクチャおもしろかったら、それはいいんですけど。ライブに行くノリで、むっちゃ楽しいなみたいだったらいいんですけど。お金はかかってるけど、だれかの結婚式のコピペみたいなのをずーっと見させられるじゃないですか。あれはちょっとなあ、みたいなところで。逆に行かれるんですか? 結婚式に。

山川:いやあ、なんか呼ばれなくなりましたね(笑)。起業してから。

西野:確かになんかケチ付けられそう。

山川:ハードル高すぎて呼べないって言われて。

西野:確かに。

司会者:僕は呼んだんですけども。かなりプレッシャーを感じながら高砂に座ってました。

西野:確かに。ああ、それあんのね、とか見られてるんでしょうね。

山川:そう。だからCRAZY WEDDINGの結婚式以外には、最近あんまり行ったことがない感じですね。

司会者:そうですね。

西野:ああー。

山川:すごく呼んでくれるんですけど。

西野:なるほど。でもみんな、そうじゃないですか? 結婚式って、人間関係があるから、一応行くは行くと思うんですけど。

アップデートされていない現代の結婚式

西野:(結婚式の出席は)なかなか断るのって難しかったりするので、行くのは行くと思うんですけど。予算のことはさておき、退屈さみたいなのは絶対ありますよね。

山川:やっぱり、ありますかね。

西野:いやもう、ありますね。やっぱり、これだけエンタメがいっぱい転がってて、楽しいものがこれだけいっぱいある中で、そこはあんまりアップデートされてないじゃないですか。

山川:アップデートされてない具合がすごいですよね。

西野:すごいです。

山川:いつから止まってるんですかね?

西野:逆にいうと、なんで(アップデート)しないんですかね。まだまだキャンドルサービスをやるんですか?

(会場笑)

山川:あるところはありますけど。

司会者:だいぶ減りましたけどね。

西野:減りました? 今、結婚式ってどんな段取りなんですか?

司会者:でも、ケーキカットは永遠に生き続けます。

西野:ああー。

山川:すごく高いやつ。

司会者:ここだけしか切れないケーキは、いまだに健在です。

西野:へえ〜。そのケーキってみんなで食べるんですか? あの高いケーキは。

司会者:ほとんど食べないです。

山川:うん。食べないんですけど、ケーキ代っていうのは見積もりに入ってるので。

司会者:5万円とか。

山川:デザートの他にケーキも出てくるっていう。

西野:ああー。

山川:あれって私的にはちょっと不思議なんですけどね。

西野:確かに。じゃあ、あれはずっと残ってるんですね。

司会者:残ってます。

西野:へえー。いやあ、でもちょっといやだなあ。せっかくだったら、やっぱりおもしろいものを見たいです。

山川:いいですね。これをあとでもう少し詳しく聞けたらと思ってるんですけれど。