LINE、サイバーエージェント、エウレカ、メルカリのデータアナリストが登壇

備前光隆氏(以下、備前):みなさま、こんばんは。本日はData Analyst Leaders Talk! 第2回にお越しいただきまして、まことにありがとうございます。本日モデレーターを務めさせていただきます、備前と申します。

つたない進行かもしれませんが、明日からみなさまが使えるようなことを、できるかぎりパネラーのお三方から引き出せるようにがんばっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

現在各社でデータ分析組織を統括しているお三方をお招きしまして、ちょっと大きいテーマになりますが、データアナリスト組織を語るセッションを展開していきたいと思っております。

大きく2部構成になっていまして、先ほど司会の方からもアナウンスがありましたとおり、1部はざっくばらんに我々が議論をしていくような時間になります。

第2部に関しては、本日お越しのみなさまが日々悩んでいることや、課題に感じていること、知りたいことをできる限り拾って、トークを展開していければと思っています。TwitterやSli.doをお使いいただくと、裏側で運営サイドがキャッチアップするオペレーションになっておりますので、ぜひお気軽にご活用いただければと思います。

また、本日は100名を越える方々にお越しいただいています。

倍率で言うと3倍以上になりまして、かなり注目いただいています。僕もパネラーの方々も少しだけ緊張しているかもしれませんので、ぜひ温かい目で見守っていただければ幸いでございます。

それではさっそく、パネラーの方々から自己紹介をお願いできればと思います。樫田さんからお願いいたします。

メルカリ分析チームのプレイングマネージャー

樫田光氏(以下、樫田):はじめまして。株式会社メルカリの樫田と申します。どうぞよろしくお願いします。

私は今、株式会社メルカリに入って2年半くらいで、分析チームのマネージャをやらせていただいております。

キャリアとしては、社会人の初めから分析をやっていたわけではなくて、(スライドを指して)こちらに書いてあるとおり、外資系の戦略コンサルティングファームにいたり、友達と起業したり、ニートをやったり、けっこういろいろとやっていました。

その末にたどりついた分析というキャリアを、いま満喫しているという感じです。そういった観点で、いろんなキャリアがある中での分析というキャリアについての意見とかはお話できると思います。

あとは、私は今プレイングマネージャでやっていまして、自分でも1日のうち半分くらいは実際の分析をしながら、チーム運営や採用などのマネージャー業務を兼任しているかたちになります。

ですので、そういったプレイヤーとマネージャーの違いといった観点のお話もできるかなと思っています。

(会場拍手)

備前:鉄本さん、お願いいたします。

エウレカでのデータチーム立ち上げ

鉄本環氏(以下、鉄本):よろしくお願いします。株式会社エウレカから来ました、鉄本と申します。

私はエウレカにインターンからエンジニアとして入って、そこからデータに携わるようになりました。開発言語をPHPからGolangというものに置き換えたときに、データベースも一気に刷新したんですね。

そのときにデータをすべて入れ替えるという作業をやったことから、サービスのデータをすべて把握しているというポジションで、データチームを立ち上げることになりました。

統計とかそういったところで、めちゃめちゃ専門知識があるというよりは、データをどう活かすか、サービスのデータをどう把握しているか、どう使うかといったビジネスサイドに強みを持ってやっています。

ですので、これからデータチームを立ち上げたい方に向けての話、データチームをどういうふうにつくっていくべきか、どうデータを活用するべきかといったところの話をできるかなと思っております。よろしくお願いします。

(会場拍手)

備前:牟田さん、お願いします。

日本の製造業が世界一だった時代の、統計やデータ分析方法への興味

牟田博和氏(以下、牟田):LINE株式会社の牟田と申します。よろしくお願いします。

私は現在、Data Labsという組織にいます。Data Labsというのは、LINEのなかでデータを専門的に扱う組織で、そのなかでいくつかチームがあるんですけど、Data Analysisチームという、いわゆるデータサイエンスをやっているチームのマネージャーを務めています。

経歴としては、この業界の方だとわりと珍しいほうかなと思うんですけど、6年間ぐらいSONYで半導体エンジニアとして、回路設計などをやっていました。そのときはデバイスを試作して、評価して、改善して、ということをぐるぐる回していたので、その頃からデータ分析に関わっていたということになります。

次に、監査法人トーマツにデータ分析チームがあって、その立ち上げに近いところで入らせていただいて、データ分析コンサルタントとして、いわゆるコンサルティングをやっていました。

2015年にLINEに入ったんですが、それから3年間社内でいろいろなデータ分析に関わってきて、今もこちらにおります。

私が最近興味があるのは、1980年代に日本の製造業が世界でトップを取っていた時代には、統計やデータ分析をうまく使っていろいろやっていましたよ、ということです。その辺の話って、今でも、我々が関わっている領域にも適用可能だと思っているんですよね。ですので、その辺の話もできたらいいなと思っています。よろしくお願いします。

(会場拍手)

全メディアをコンサルティングする横串組織を統括

備前:あらためまして備前です。よろしくお願いいたします。

ちょっとお三方とは毛並みが違いまして、ずっとデータ分析とかをやってきたわけではなく、2006年にサイバーエージェントに入社しました。

今でこそAmebaブログやAbemaTVなどのメディアサービスをがんばっていますけれども、当時はまだ立ち上げたばかりで、直前にライブドア・ショックが起きるというタイミングでサイバーエージェントに入社をいたしました。

もともと広告部門に10年間ぐらい在籍していて、1年半前ぐらいにメディア事業に異動し、メディアマーケティング本部という、全メディアサービスを対象にコンサルティングする横串組織の統括をしております。

例えばSEMとか運用広告の経験もありますし、エンジニアと一緒にアドテクプロダクトをつくってきた経験もありまして。広く浅くと言うと言葉は悪いんですけど、比較的いろんな経験をしてきた経緯かなと思います。

もし気になることがあれば、懇親会などでもぜひお声をおかけいただければと思います。