なぜYouTubeが軸足ではないのか

武者慶佑氏(以下、武者):「バーチャルYouTuber」という言葉で括っていたんですけれども、けっこうお2人とも、東雲めぐちゃんと琴吹ゆめちゃんは別々の人ですから、別々のスタートがあって、別々の進み方がこれからできると思うんですね。一括りにはできないのかなって僕の中では思っています。

なので、YouTubeに固執しないで、いろいろ動かれてると思うんですね、今「世界に発信するには」という、映像で、というところがあったと思うんですけど、それだけグローバルじゃないところでも攻めてらっしゃる部分があると思いますし、めぐちゃんなんかは世界というよりSHOWROOM、日本の企業様と、というところもあると思うので。

ちょっと次のセッションとして、「なんでYouTubeじゃないのか?」という。もちろんYouTubeもやってるけれども、YouTubeじゃないところというお話も聞きたいなと思って。先にじゃあ、ゆめちゃんのほうから、僕はTikTokは衝撃的だなと思って。ちょっと見えづらいかもしれないんですけど、バーチャルTikTokerとしては一番最初でしたと?

松田一輝氏(以下、松田):いや、1人いたよね?

武者:いた?

松田:誰かいましたね。

武者:公式から公認をもらったのは一番?

松田:それは一番最初で。

武者:こっちだともう3万何千人とか。

松田:そうですね、3万2,000人。

武者:こういうアイドルの方だったりとか……。なんでしたっけ、ガールフレンド?

松田:GFRIENDという、K-POPグループですね。

武者:こういうものも、どっちかというと、より人に近い動きというか。人というか、アニメ方面とはちょっと違う部分のプラットフォームを利用されてるのかなとか、新しい方向に早くいったのかなと思うんですけど、制作側としてYouTubeではない理由についてはどうですか? 

作り込みのやつじゃ、あんまないかもしれないですけどね。もっとライトな。

内田悦弘氏(以下、内田):やはりバーチャルYouTuberという言葉自体が、キズナアイちゃんが発信した言葉というのもあって、バーチャルYouTuberの業界が先ほども松田さんも言ってた通り、アニメ好きとか、ゲーム好きとか、そっちのファン層が圧倒的に多い業界で盛り上がっている中で、YouTubeがそこにいきやすいのかなというのを感じていて。

TikTokでの中高生と繋がる

武者:アニメ方面にYouTubeはいきやすい?

内田:そうですね、そこのファン層が圧倒的に多いプラットフォームになっているので。映像キャラクターを発信するというコンテンツを使って、他のプラットフォームにも出していけるのもあった上で、ゆめちゃんに関しては、ちょっと若い子向けの施策を、それこそマス系で一般の方々にも届けたいなという思いで、今中高生に爆発的に人気のTikTokを始めたという部分はありますね。

武者:タレントマネジメント的な視点で、どうですか?

松田:いや、本音を言うと、YouTubeがもうレッドオーシャンだったので(笑)。

(会場笑)

(YouTubeでは)伸びなかったんです。最初の四天王と言われるキャラたちを見てて、始めたら伸びると思ったら、ぜんぜん伸びなくて。それで「今なにが流行ってるかな? TikTokだ」って言って、「じゃあ、ゆめちゃんでやってみよう」ぐらいのノリでした。本当、最初はただのノリです。

武者:TikTokは実際伸びます?

松田:伸びてますね。

内田:伸びてます。

松田:あと、これは中の話なんですけど、フォロー返しとかをすると「友達」というマークに変わるんですよ。中高生からしたら、この子が、架空の存在なのに友達になれるわけですね。

それで、ある小学生の女の子からダイレクトメッセージが来て。「私、今まで友達がいなかったんですけど、ゆめちゃんが初めてのお友達になってくれますか?」というコメントが来た時に、僕ちょっと泣きそうになって。もしかしたら、本当に学校の中でいじめられてる子とかが、ゆめちゃんを見てるだけで救われてるかもしれないと思って、「こっちだ!」って思ったところはあります。大きなお友達よりも、小さなお友達のほうが(笑)。

武者:ゆめちゃんは友達を増やすということを1つのミッションみたいにしてますよね?

松田:はい、してます。すごくこだわってますね。

武者:友達というのは、どういうことを示すんですか?

松田:いや、もう、すごいライトな感じ。「友達」という言葉にしがみついてるんですけど、その理由は1年後ぐらいにちゃんとお伝えします。この子の過去にちゃんとした傷があり、そこを自分で乗り越えるためにやっているということだけお伝えしておきます。

武者:わかりました。

琴吹ゆめはパリピ用キャラ?

松田:すごい技術的なことを言うと、1時間でYouTubeの作品が2本撮れるところを、TikTokだと1時間で15本以上取れちゃうんですよ。僕ら、実は2時間で30本、1ヶ月分、1日1本投稿を目標にしてるんですね。なのに、それだけ熱量が高くなって。要はそこからYouTubeに移行してきて、「TikTokから来ました」というコメントで、YouTubeのチャンネルが伸びているという結果になってますね。

内田:あと単純にTikTokというプラットフォームで一番最初に公認というかたちで始めたのは強いのかなと。

松田:うれしかったのが、でんぱ組のえいたそちゃんが、「アイドル横丁」というアイドルイベントの楽屋にゆめちゃんが入った時に、「琴吹ゆめちゃん知ってますー!」って言って動画を撮りながら寄ってきて。ほとんどのアイドルとかが「あっ、TikTokで見た子だ」って言ったんですよ。だから、もしかしたらYouTubeより若い子たちには見られてるんだなというのはありますね。

武者:わかりました。僕は実際数字を見たときに、これはいろんなバーチャルタレントさんというか、めぐちゃんも含んでるんですけども、女性比率がゆめちゃんは34パーセントで、これはあくまでTwitter上でツールで取ってこれる範囲なので、本当は中でしっかりインサイトを見たら違う数字かもしれないんですけど。あくまでも僕が同じツールを使って調べたところ、女性の比率が高いというようなのが出て。

松田:そうなんです。YouTubeだと40パーセントぐらいは女性で、しかも10代が多いので、たぶん他とは圧倒的に違うんじゃないかなとは思います。

武者:それはちょっとアニメファンとは違うんですかね?

松田:違う子たちが多い。

武者:TikTokにいる人たちは、そもそもそういう人たちじゃないとか?

松田:そうですね。なんか「パリピキャラ」って言われてますから(笑)。

(会場笑)

SHOWROOM とバーチャルギフティング

武者:なるほど、ありがとうございます。じゃあ、今度はSHOWROOMの、日本のプラットフォームから始めためぐちゃんなんですけれども、なぜSHOWROOMさんから始めたのかというのはどうでしょう?

三上昌史氏(以下、三上):VR・ARをやってた時に、目指していくというか、こうなるかなというところが、日常の拡張だったりとか、現実の拡張というのがある中で、コミュニケーションが双方向に取れるというのはすごく魅力的だなって思っていて。

めぐちゃんという存在自体も、「こんな子がいたらいいな」ということだったりとか、毎日の活力になるというか、そんな子がいたらいいなという中で、SHOWROOMさんはそこの双方向性が、もともとすごくすばらしいサービスもあったんですけど、それ以上にこの話をご相談に行った時に、ものすごいスピード感を持ってご一緒にやらせていただけた。

バーチャルギフティングというのをエクシヴィのゴロマンさんが打ち合わせの時に発想されて、「やろう」ということになったんですけど。今でこそ、ちょっとずつここ1~2ヶ月で目にすることって増えてきたと思うんですけど、あれを最初にやれる行動力と発想力が、モノマネではなくて、オリジナルで最初にこれをやれて、3社のいい連携が取れたと思います。

あと、ギフティングって「貢ぐ」というイメージをもっている方もいらっしゃると思いますが、実際配信を始めてみると、それ以上に、コンテンツに関わるというか、コミュニケーションを取る1つになれたのも、バーチャルギフティングという表現があったからかなって思ってまして。

最初に僕がちょっとお話しした「現実の拡張」という意味では、これまで一方的に見るものだったものが、自分もその中に関われるという概念が生まれつつあるんじゃないかなと思いますね。

スタートもプラットフォームも違う2人

武者:めぐちゃんというか、Gugenkaさんは、日常の拡張やVRなどのフィロソフィーが強い部分から始まっていらっしゃるのかなと思っていて。

三上:そうですね。

武者:一方でゆめちゃんというのは、もっとおもしろくというか、タレントさんとしての位置付けといったところから始まってる部分があるのかなって。けっこうスタートから違う、だからプラットフォームも違うのがあるのかなと僕は思いました。ありがとうございます。

次のテーマを少し話したいんですけど、今度は、さっき僕が前段の方でお話をしたコミュニティ。今、コミュニティという理解をされていらっしゃるかどうかわからないです、あくまで「フォロワー」だったり「お友達」という話かもしれませんが。

けど、そのお話と、あとはリーチといった部分で、これから少し生々しくなるかもしれませんけれども、コミュニティを増やしていったり広げていくという必要性があると思うんですね。そこに対して、どのようにお考えかを、じゃあどちらかお話しできる方からいらっしゃいましたら。

三上:そうですね……。先?

(会場笑)

武者:めぐちゃんは、コミュニティ感は僕は勝手に感じていたりします。

三上:そうですよね。もしかしたら、この会場にいるみなさんのほうがプロフェッショナルだったりすると思います。我々はタレント事業をやってたわけではないので。

今回VR・ARやバーチャル YouTuberが出てきてすごく思うのが、魂がそのまま出るというか。こういうオーディションをするにしても、いろんなキャラクターを見ていても、僕のリアルな体とはまた別に、バーチャルな体が出た時に、その人の本質がどういうものなのかを、すごく関わってくるかなって思った時に、そのファンの強さは、たぶんめぐちゃん自身の固有の魅力なのかなと思ってまして。

決して僕らがなにかすごく演出して作り出しているものじゃなくて、彼女自身の魅力の中に、リスナーさんというか、ファンの方たちが共有し、共鳴し合ってるのかなと思うので。