オタクファンだけでは限界がある

武者慶佑氏(以下、武者):そろそろこのパートを終わりますよ。エンゲージメント率はキズナアイさんは今25パーセントだったんですけど、65パーセントの方がいます。僕が知ってる中では圧倒的ですね。その方は誰かというと、東雲めぐさんなんですね。東雲めぐさんはファンのコミュニティの熱量がすごく高いというのがあります。なので、本日は東雲めぐさんをお呼びしています。

そしてもう1つ、リーチを伸ばしていくことも実はコミュニティ運営だったり、バーチャルYouTuberさんがこれから増えていくにあたってとか、なんか企業さんとの、組むだけじゃない方法であると思うんですよね。

ただ、ちょっと言い方がきつくなっちゃうかもしれないんですけれども、アニメファンや声優ファンなど、いわゆるオタクファンの人たちだけは限界があるとも思いますし、新しくないと思っていて。

「オタク以外」って言い方をしちゃいますが、いわゆるマスとか、新しい領域。バーチャルYouTuberで、アニメがあまりアプローチできなかった領域に対して、新しいリーチを作れている人もいます。「TikTok」を使って届けてる人がいる。それは誰かというと、琴吹ゆめちゃんなんですね。「バーチャルTikToker」なんて言ってるわけです。なので、今日は琴吹ゆめちゃんと運営している方にもご登壇いただく予定です。

それで、今日ご登壇いただくのが、Gugenkaプロデューサーの三上さん、株式会社vivitoの内田さん、株式会社KOUENの松田さんということで、三上さんがめぐちゃん、内田さんと松田さんがゆめちゃんといったところでお話をいただく予定です。それではさっそくGugenkaの三上さん、よろしくお願いいたします。

(会場拍手)

三上昌史氏(以下、三上):よろしくお願いします。

武者:よろしくお願いします。自己紹介、企業紹介的なものを。

三上:そうですね、自己紹介、企業紹介なんですけども、ここに書いてある通りで、AR・VRをずっとやり続けて来ていまして。主に映画とかアニメ業界のプロモーションから、こういうAR・VR界隈のことでやってきました。

やっぱり2016年のVRの盛り上がりがある中で、私がすごく驚いたのが、このVTuberと呼ばれるジャンルに、キズナアイさんのおかげで出会うことができまして。

実は今回、東雲めぐちゃんについては、去年の年末から動き出して、今年の3月1日からSHOWROOMさんで配信させていただいているんですけども、ここまでの流れが本当に早くて、驚くことばっかりだったんです。今日ちょっとそういったお話とかもさせてもらえればなと思っています。

深夜帯の萌えとは違う部分を感じた

三上:当社のほうでは、ちょっと野暮な話になってしまうかもしれないんですけども、モデリングや3DCG、そのマネジメントの部分であったりをやらせていただいておりまして、エクシヴィさんの「AniCast」という配信ツールを使って配信させていただいております。

武者:ちなみに今日はTシャツがお揃いだということはグミの日(9月3日)が近いので。私、めぐちゃんと今、グミグミしておりますと。

三上:そうですね。

武者:そういうところでも、三上さんにもグミTシャツを着ていただいて。今日は名刺、もう三上さんはなくなっちゃったんでしたっけ?

三上:そうですね、ちょっと数が少なくて。もしよろしければ、FacebookとかTwitterのほうからもご連絡いただければと。当社は受託のほうもやっておりますので、ぜひよろしくお願いします(笑)。

武者:ちなみに僕が東雲めぐちゃんに気づいたのは、2月20日とかだと思うんですね。すぐ記事を書いて。すごいなと。

やっぱりSHOWROOMさんでそうなるって思わなかったのがあったりとか、あとはバーチャルギフティングっていったところに対してのリアル感というか。あとは、僕の中でアニメじゃなかったんですよね。いわゆる深夜帯の萌え萌えとはちょっと違う部分を東雲めぐさんに感じまして。

三上:ありがとうございます。

武者:はい。なので、これがバーチャルYouTuberというか、新しいことなのかなって思って、記事を書いたところ、なんでしたっけ、GOROmanさんからのつながり?

三上:そうですね。

武者:それで、突然という感じです。三上さん、(東雲めぐ氏の登場は)大丈夫ですか?(笑)。

三上:僕は大丈夫です。

武者:大丈夫ですか。めぐちゃん、よろしくお願いします。

東雲めぐとの対話

東雲めぐ氏(以下、めぐ):こんにちはー!

武者:こんにちは。

めぐ:あっ、こんばんは〜。

武者:じゃあ、軽く自己紹介していただいてもよろしいでしょうか?(笑)。

めぐ:私の名前は東雲めぐです。高校1年生で、今は夏休み中です。歌手を目指してがんばっています。以上〜。

(会場笑)

武者:歌手を目指してるということなんですけど。高校は夏休みで、夏休みはいつまでです?

めぐ:31日。

武者:31日まで……。でも今年は土日がまだあるのか。9月の1、2日も土日ですもんね。はい。

めぐ:あっ、そっか。

武者:そうです(笑)。めぐちゃん、お客様がカメラで見えますか? たくさんいらっしゃっておりまして。

めぐ:カメラが今ついて……。おー! 見えます!

武者:見えます?

めぐ:わぁ、ありがとうございます。見えます、見えます。

武者:(笑)。そうですよね。「とらんぴ」と「たくあんマン」のうちわもありますからね。

めぐ:あ〜! 本当だ、うちわ。ありがとうございます! すごいうれしい。

東雲めぐが目指している歌手とは

武者:今日は僕からこういう機会なので、ビジネスビジネスなタイミングで、めぐちゃんに質問することってあんまりないと思うんですけど、思い切って聞いちゃいます。

めぐちゃんはさっき、歌手を目指しているというお話があったと思うんですけど、めぐちゃんが目指している歌手って、どんな音楽で、どんな世界、どんな大きさを持ってるのか教えていただくことはできますか?

めぐ:目指している人がいて、私はボーカロイドの初音ミクさんがすごい大好きで。初音ミクさんみたいに、いろんな人がミクさんの絵を描いたり、コスプレしたり、曲をたくさん作ったり、いろんな人が参加できるような音楽を、私もやりたいなって思っています。

小さい子どもたちにも自分を知ってほしい

武者:やっぱり、いろいろ二次創作というのかな、いろんな人がPVを作ってくれたり、踊ってみたり、いろんな人が参加できる音楽みたいな感じになるんですかね?

めぐ:そうです! みんなで一緒に、なんかいろんなものを作っていけたらいいなと思っています。

武者:なるほど。例えば大きなところでライブをしたいとか、そういうこともあったりするんですか?

めぐ:あー! できたら、武道館でライブしたい!

武者:8,000~1万人ぐらいですね、リアルで来ていただく。

めぐ:そうです。

武者:そういうボーカロイドの音楽がお好きだったということ?

めぐ:ボーカロイドの音楽、すごい好きです。いろんな人が作曲されるので、いろんなジャンルの曲があって、探すのがすごい楽しいです。

武者:自由ですよね。いわゆるアーティストさんがCDを作って出すだけではないところで、新しい音楽のかたちをしてますよね。なるほど、ありがとうございます。

じゃあもう少し、音楽の話から少し離れちゃうかもしれないんですけど。活動し始めてきて、もうすぐ半年くらい経ちますよね。

半年間活動してきてみてよかったこと。ここはもっとこうしていきたいなという、めぐちゃんの夢と照らし合わせたときに、もっとここをこうしたいという気持ちや課題はあったりしますか?

めぐ:よかったなって思うのは、いろんな人が私の絵を描いてくれていて、これとかも描いてもらったイラストなんですけど、こういうものを使って、自分の歌のPVを作ったり。ミクちゃんが憧れなんですけど、それにちょっとずつ近づいていけてるのかなという感じで。みんなで一緒に作品を作るというのは、すごくいいことだなと思っていて。

それで、もうちょっとこうしたいなぁと思うところは、もうちょっと小さい子に知ってもらいたいなぁというかたちです。ただ、小さい子でも少しずつ応援してくださっている子も増えているんですけど、まだちょっと少ないかなぁと思うので、もうちょっと増えたらいいなって思います。

武者:そういうふうに新しく、みんながめぐちゃんのために描いてくれたり、最初始めたときはこんなにいっぱい来るって思ってました?

めぐ:ぜんぜん思ってなかったです。どんどん増えていきました。