どういうチームを作りたいか、自分に問うたことがない

質問者3:貴重なお話、ありがとうございます。お三方は、今までの人生経験で、いろんなプロジェクトや会社をみてこられていると思います。そこで質問なんですが、結論から言うと、現時点で「どういうチームや組織をつくりたいのか?」についてお聞きしたいです。

背景をお伝えすると、さっきの図でお話があったように「無理難題について、私とあなたで解決していく」となったとき、それをチームで難題を解決していくこととしてとらえると、トップに立つ人や難題を解決したいと思っている人が「どういうチームをつくって解決したいと思っているか」かが人によって違うのではないかと思っていまして。その点について、お三方の視点からお聞きできるとすごくうれしく思います。

伊藤羊一氏(以下、伊藤):すごいですね。僕の本(「1分で話せ」)のパターンで質問してくださいましたね。

質問者3:読みました。

(一同笑)

篠田真貴子氏(以下、篠田):まず、どういうチームをつくりたいかについてですが、課題の状況に最適なチームであるべきで、それは私の趣味とは関係ないです。それが第一です。それこそ尾原さんや(伊藤)羊一さんが経験された震災のような非常時は、「みんなでちょっとアイスブレイクしよう」なんて状況ではないんですよ。超トップダウンでバシバシいかないと、人命がかかっていますから。

それと、クロスカルチャーの人たちで集まってクリエイティブな問題を解決しなければならないときとは、やるべきことがまったく違うんです。「どういうチームが作りたいですか」という質問にたいして、私からすれば「それを自分にあまり問うたことがない」というのがこたえです。   過去にいろんなチームで仕事をしてきて、「このチームでよかったな」と思うことはたくさんあるんですけれども、ほぼ日でいっしょに上場に取り組んだチームは、とくに私のなかで大きいですね。

僕はいろんな人の「ポケモン」でありたい

篠田:わりと最近、ある媒体がチームを取材してくれていたので、もしご興味のある方はぜひ読んでいただきたいです。上場ってわりと大きなプロジェクトで、課題が多いんですよ。それぞれが自分の課題をちゃんと担当して、重なることはお互いに相手をフォローし合いながらも、一人ひとりが課題解決のために輝いていて。

私は手を動かさず、ただ口を動かしているだけという立ち位置でした。このチームのありようは、私の理想に近いですね。

尾原和啓氏(以下、尾原):そもそも組織はもういらないですよね。みんな「チームビルディング」が大好きなんですけれど、チームミーティングがいつでもできる時代って、チームビルディングはいらないと思っていて。

ひとことでいうと、僕はいろんな人のポケモンになりたいんですよ。羊一さんが「Yahoo!アカデミアで、変わった働き方をしている人を呼びたい。ポケモーン!」と呼ばれたら行ってくるし。

(会場笑)

僕はポケモンみたいなものだから、どこかが炎上事故を起こしたら「チームに入れておいたらトラブルの切り分けをしてくれるポケモン」として呼ばれるときもあるし。だから僕は、「この人にポケモンとして呼ばれたらぜったいにいく!」と決めている人の数がどれだけ多いかが、自分の人生の財産だと思っていて。

僕はそう思っているから、別に押し付けではなくて。僕も伊藤羊一という、人を熱湯に巻き込む松崎しげるのようなポケモンを手に入れたと思っていて(笑)。「伊藤羊一、行けーーー!」と言ったら、火がどわっと出るみたいな。

伊藤:(笑)。なるほど、「とりあえず伊藤かー」みたいな。

「有事はフォローミー、平時はアフターユー」の精神

尾原:そういう関係でいいと思うんですね。仕事をプロジェクトごとに、一番得意で、楽しくやってくれる人が呼びだされて、問題解決したら解散し、じゃあまた会おうね、と。そうしてまた別の場所で集まるように変わっていくだろうと言われていて。僕はお互いのポケモンになれたらいいなと思っています。

伊藤:ビジネススクールの先生として、みなさんに1つ伝えておくと、まず「前提によって違うよね」というところで。非常時にはトップダウン。そうではないときにはエンパワーメントということですね。リーダーとしてのあり方のようなところで言うと「有事はフォローミー。平時はアフターユー」と言っていて。

篠田:覚えた! 覚えました。

伊藤:「有事はフォローミー、平時はアフターユー」。リーダーシップも局面によって違うし、そういう意味ではつくるチームもぜんぜん違うということですね。

僕が今、どんなチームをつくりたいと思っているかと言うと、自分がなにも言わなくても、みんなが「これ、オレがリーダーやるわ」って勝手にやっているようなもので。ある意味で尾原さんがおっしゃったことと近いのかもしれないけれど、そういった構成員がいるなかで、勝手にプロジェクト的に起きて、勝手にプロジェクトが解散してというような。ティール組織ですね。

それで、僕は「うんうん。いいねぇ」と言っているだけのようなチームが理想かなと。もちろん僕は働かないわけではなくて、必要なときはちゃんと動きます。「勝手に動いている」という、ヒエラルキーではない世界でチームが動いてる。こんな面白いことはないですよ。みんながワクワクしているから。こういう感じが理想ではありますね。

質問者3:ありがとうございます。

尾原:イエーイ。次行こう。

(会場拍手)

ロールモデルへの憧れと、自分だけの価値観と両立

質問者4:今日はありがとうございました。質問は、「自分の人生におけるロールモデルのみつけ方や掘り出し方」というのが近くて。今までの自分の人生の中で「この人、いいな」「素敵だな」と思ったことがたくさんあるんですが、具体的に「こうなりたい」と思い浮かべるようなものが、まとめられていないような気がしていて。

それを目指すに当たって、自分の中でも具体化したいと思うことが多々あります。かつ、思うこととしては、尾原さんがおっしゃっていたように「人と違ったところに自分の価値がある」とおっしゃっていたことと相反するのではということで。

ロールモデルとして糸井重里さんを目指したときに、人と違う自分としての価値はどう見い出せばいいんだろうかが気になっています。

伊藤:「ロールモデル」をどう考えるということですね。

尾原:先にこたえると、別に唯一無二の存在にならなくてもいいですよね。糸井重里さんは呼べないけれど、あなたを呼べる友だちがたくさんいればいいので。だから「おらが村の糸井重里」でもあなたはぜんぜんステキだよ、というのが1つ。

もう1つは、「ロールモデル」は1人にしなくてもいいので。場が詰まったときに、日常と視点を変えるようなことを言いたいときは、あなたという糸井重里を呼びだして。それを実行するときは伊藤羊一を呼びだして「うぉー」と。

伊藤:どんだけですか(笑)。

尾原:(それ)でもいいんです。パッチワークの仕方がオリジナルになるかもしれないから。

ロールモデルがいることで得られるものは

篠田:もし言葉尻をとらえただけだったら申し訳ないのですが、ロールモデルと呼べる具体的な人が「いたほうがいい」と思っているように見えました。それはなぜかについて、ご自身への問いかけをしたいと思います。その先に何があるのかなと。

尾原:(質問者4に対して)なんでだと思う? それはあなたのエネルギー源かもしれない。

質問者4:たぶん、具体的にロールモデルをもったほうが自分の中でモチベーションをもちやすいからかなと。

尾原:それならたぶん、さっきの伊藤羊一さん的な、駆動車的なエネルギーがあなたの中にあるということだから。それをつきつめると、もしかしたらすごいブレイクスルーになるかもしれない。

僕はそういう駆動的なことが好きではないので(笑)。僕が言いたいのは、ラクをしたかったらパッチワークでいいじゃんと言っているだけだから。

伊藤:僕にはロールモデルではないけれども、すごく感謝しているという恩人が3人いて。まずはソフトバンクの孫さんですね。なぜかと言うと、「ソフトバンクアカデミア」というところで僕を目覚めさせてくれたからなんですね。「おまえ、面白いなあ」と言われて、その瞬間に「ピーッ!」ときたことがある。だから、その瞬間のことは絶対に忘れないです。ということで、それを与えてくれた孫さんが1人目。

2人目はグロービスの堀(義人)さんですね。グロービスという学校をつくってくれて、リーダーシップの先生ができるようになったのは堀さんのおかげ。性格とか雰囲気は堀さんとぜんぜん似ても似つかなくて、水と油みたいなものなんですけれど、僕は堀さんのことがすごく好きですね。だから、堀さんのやっていることが気になります。

3人目はプラス(株)の今泉さんですね。自分を拾ってくれて、育ててくれた。ヤフーへ行ってからも今泉さんとは仲良くさせてもらっています。みんなロールモデルというものではないけれど、「今泉さんになりたい」という気持ちはちょっとありますね。

その3人はそういう恩人です。