世界を変えられると本気で信じる人が、本当に世界を変える

横山弘毅氏(以下、横山):みなさん、こんばんは。今日はお忙しい中、月曜の仕事の後にお集まりいただいてありがとうございます。今日のイベントを主催させていただきます、横山と申します。よろしくお願いいたします。

今日はお二方、ゲストに招いてお話をさせていただきます。昨日ちょうど台風が来て、「イベントの開催大丈夫かな」って、かなり心配していたんですけど、幸い昨日、夜のうちに過ぎ去ってくれましたね。

実は2月ぐらいに1回イベントやったんですけど、その時は、ものすごい大雪の日にヒットして泣く泣く中止したことがあったので。今度は台風か、と思って、ちょっとドキドキしていたんですけど、無事に開催できてよかったなと思っています。

今日の会場は、ユーザーグラムというWeb解析ツールを提供している株式会社ビービット様に、いろいろちょっとご無理を言って、無料でお貸しいただいています。ビービットやユーザグラムに仕事の関係で興味がある方いらっしゃったらお声がけいただければ、と宣伝させていただきます。

今日のテーマは「Think different Again- in Nepal」ということで、元Appleの、このThink differentのキャンペーンをやっていた責任者の方と、「ネパールで学校を作ろう」というプロジェクトをやってらっしゃるライさん、お二方をゲストに招いて進めていきたいなと思っております。

Think differentに「自分が世界を変えられると本気で信じている人たちこそが、本当に世界を変えている」という一節があるんですけれども、実際に仕事で、プロジェクトで、そういう現場に携わっているお二方なので、いろいろなヒントや学びがあるんじゃないかなと思っております。

ご登壇者の紹介です。まず元Apple Japanで、Think differentのキャンペーンで日本の責任者をやっていらっしゃった河南順一です。どうぞ。

河南 順一氏(以下、河南):よろしくお願いします。

(会場拍手)

横山:今は某大手会社ですごい偉い方なんですけれども、昔からいろいろお世話になっていて、今日お声がけして来ていただいた次第でございます。

虎の出るネパールの村からやって来たライさん

横山:それからNPO法人YouMeNepalの代表を務めていらっしゃるライ・シャラドさんです。

ライ・シャラド氏(以下、ライ):よろしくお願いします。

(会場拍手)

横山:ライさんはつい先日まで、故郷のネパールに2週間くらい戻っていて、ライさんが作っている学校の視察など、いろいろ見てきたそうなので、その辺りのお話もいろいろうかがえればと思っています。

ネパールで野生のベンガルトラが絶滅寸前だったのが、「頭数が回復してきて倍増した」っていうニュースが出て。ライさんのツイッターを見たら、ライさんはヒマラヤのすごい田舎のほうだそうで、「虎が増えて村の牛が毎週消える」ってツイッターがあって(笑)、「まじか!」みたいな。

そういう場所なんだって改めて感じたんですけれど、そういうところでどういうことをやってらっしゃるか、うかがえればと思ってます。

対談の後半は、ライさんと河南さんでトークセッションとなります。ジョブウェブという採用の支援の会社をやってらっしゃる佐藤さんにモデレーターをお願いしております。ここの会場も、実は佐藤さんに紹介していただいてつないでいただいたんですけど、佐藤さんも筋金入りのAppleマニアだそうです。

すごい昔からMacを使っていたということだったので、お話をつないでいただければと思っています。あと、飛び入りでお願いして、もう一方、ゲストをお呼びしております。こちらにいらっしゃるんですけど、元Apple Japanで、今はcloudpackというサービスのマーケティング責任者をやっていらっしゃる増田隆一さんでございます。

増田さんも元Appleで、河南さんの部下で。上司と部下という関係で、当時キャンペーンでいろいろお仕事をされたということなので、また後でお話うかがいたいなと思っております。よろしくお願いします。

(会場拍手)

Apple起死回生のきっかけとなった「Think different」

横山:さっそくなんですけれども、ちなみにThink differentのキャンペーン自体をご存知……あまり知らないという方、いらっしゃいます? 半分くらいですね、はい、ありがとうございます。

逆にけっこう、すごい知ってるっていう方は? そんな感じですかね。はい、ありがとうございます。ちょうど20年くらいですか、経つので。

ちなみに今日、パッと見た感じは大丈夫そうかなと思うんですけど、Appleが、今でもそう、iPhone、Apple Watchなどがいろいろヒットして世界一の企業になってますけど、ちょうど21年前、22年前ですか。96年、97年にこのキャンペーンの直前で、Appleが倒産寸前になってたって、リアルに覚えてらっしゃる方っていますか?

そんな感じなんですね。ありがとうございます。これ本当かどうかあれなんですけど、当時、運転資金が残り14日をきってたみたいな。「あの会社に買収される」「この会社に買われるんじゃないか」とか、人もどんどん辞めていってとか。

そういうどん底の時に、河南さんがAppleにいらっしゃって、ちょうどその時にジョブズが復帰して、このキャンペーンが始まって、そこから本当に奇跡的なV字回復を遂げたというところで、そういうきっかけになったキャンペーンです。

これがキャンペーンの全文なんですけど、このCM見たことないっていう方いらっしゃいます? それかあんまりよく覚えてないとか。ないですか? せっかくなんで1回流そうかなと思っております。

わずか1分足らずのCMで、Appleの商品も一切出てこないし、ロゴも最後にちょっと出るくらいで、あとは昔の偉人やメッセージが流れるだけのCMです。これがきっかけで本当に劇的にAppleが復活しました。なんでこれがそういう効果をもたらしたのか、どういう経緯でAppleが再生していったのかを、河南さんに今日詳しくおうかがいしたいなと。

アジア最貧国のネパールにThink differentを

横山:世界中のマーケティングの担当者、河南さんもアメリカの本社に呼ばれて、試写会があったらしいですけど、最初に見た時に、まったく意味が解らず「なんじゃこりゃ」みたいな。どの国もそんな反応だったそうです。倒産しかけてて、やばいやばいって言ってる時に、このよくわからないメッセージが流れるCMを、えらい金をかけて流すという。

「これはなんなんだ」と、最初はちんぷんかんぷんだったらしいですけど、やっていくうちにその意味が解っていったと。その辺をいろいろうかがいたいと思っています。

今日もう1つ、ライさんの国、ネパールです。ネパールでの教育改革に取り組まれており、「アジア最貧国ネパールにThink differentを」というテーマでお話をしてもらいたいなと思っています。

ネパールに行ったことがある方? あら! 多いですね。ありがとうございます。逆にそういうテーマだから来ていただけたのかなと思うんですけど、ネパールがどこにあるかとか、実は僕も知らなくて。

インドのちょっと上ですよね。本当に小さい国で人口が2900万人くらい、日本の首都圏ぐらいしかなくて、非常に貧しい。特に教育が非常に厳しくて、ほとんどまともに教育が受けられない。一応、公教育もあるんですけど機能していないと。そうすると、基本は肉体労働をするしかなくて、海外に出稼ぎに行く。

ネパールの失業率は42パーセント、国では稼げないので外に出るしかないと。ただ非常に危険な……これどこですかね? どっかの国だと思うんですけど、こういう危ない工事現場に行って、亡くなる人も大勢いると。平均すると毎日4人~5人くらい亡くなって、国に戻ってくるのがあって。

これをなんとかするには、やっぱり「教育を何とかするしかない」とライさんが立ち上がって今いろいろなプロジェクトをやっており、実際にネパールに学校が2つ作っています。

それだけだといろいろ限界もあるということで、今3校目の学校を作る資金を集めるために、クラウドファンディングに挑戦しています。

Appleのキャンペーンが人々を変革に巻き込んだ

横山:縁があって、ライさんと知り合って、僕も本業で教育系の仕事をやっているんですけど、共感することもあり、何かお手伝いや応援できないかなと、こういうイベントを開催しました。ネパールの現状やどういうことをやろうとしているのか、その辺りをこの後、詳しくうかがっていければと思います。よろしくお願いします。

私が長々としゃべってもあれなので、河南さんからThink differentのキャンペーンについてお話をうかがえればと思います。バトンタッチしたいと思います。

河南:私、河南と申します。先ほどご紹介いただいたんですけど、私はライさんみたいに何か変革を起こしたとか、起こしてるとかではなくて、基本はただのサラリーマンです。

このAppleのキャンペーンに携わったということで「元Appleの責任者だ」とかいって、いかにも胡散臭い感じなんですけど。実際に「変革に巻き込まれた」という意味では自分の人生も確かに変わりました。

これはAppleの社員やユーザー、開発者、関係している人たちだけでなく「実際に世の中に何かしらの影響を与えた」「その中にいつもいた」ということでは、みなさんにもなにか共有させていただき、ヒントになることがあるかなということで、今日はお話をさせていただきます。

まず最初に、これをご覧いただきたいと思います。ちょっとうまく動いてないですけど、これってご覧になった方いらっしゃいますか? これが何かご存知の方って? あ、お1人いらっしゃいますね。

「これ素晴らしい広告なんですよ」って言われて、みなさんどんな反応をされますか? まさしくさっき横山さんが使った言葉なんですけど、この「なんじゃこりゃ」というのが、私が最初にThink differentのブリーフィングを受けた時に、実際に感じたことなんです。

「これはこれで広告的にもすごく意味があってすばらしいものが」っていう説明をしなくちゃいけなかったんですけど、Think differentの1つの局面は「シンプルに物事を済ませる」というところで、非常にスティーブ・ジョブズやAppleがこだわっていたことにあるんです。