会場となったスマートニュースの事業について

司会者:本日はお越しいただきありがとうございました。まずは会場を提供いただいているスマートニュースについて、同社の谷本さんからご説明していただきます。

谷本尚子氏(以下、谷本):みなさん、おつかれさまです。こんばんは。今日はお忙しい中お越しいただきまして、誠にありがとうございます。

弊社、スマートニュースについて少しだけお話しさせていただければと思います。弊社は2012年にサービスを開始しまして、約6年が経ちます。「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」というのミッションを持って運営しております。

現在、日米3,000以上の媒体チャンネルとオリジナルチャンネル(クーポンチャンネルなど)を組み合わせた、新しいニュース体験を世界中に提供しております。

弊社は、よくキュレーションメディアだと思われがちなんですけれども、人為的な編集等はしておりませんので、どちらかというと情報を集約する、アグリゲーションに近いかもしれません。

多様性を訴求するために作った3本の動画

谷本:(スライドを指して)こちらは、3月30日より全国オンエアーしております、吉岡里帆さんに出演いただきましたTVCMです。こちらは「ねこ」篇ですが、そのほか、「ホームラン」篇と「はじめてのスマニュー」篇という3本のシリーズを作らせていただきました。

なぜこのシリーズを3本作ったかといいますと、弊社の人気コンテンツの使い方や300チャンネルあるということを、それぞれの視点からライフスタイルに組み込んだストーリーを展開し、「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことをミッションとする、スマートニュースの多様性を印象的に訴求するためとなります。

(スライドを指して)簡単に情報流通を書かせていただきました。今でも企業の広報の方から「スマートニュースにプレスリリースを送りたい」「取材に来てほしい」というお問い合わせをよくいただきます。残念ながら、弊社は報道機関としての機能は持っておりません。

私たちの役割は、「集めて伝える」ということにあるのではと思っております。記事を作成しているのはあくまでも一次メディア様なんですね。なので、弊社はその一次メディア様に対して常にリスペクトを持っておりまして、その表れとして、スマートニュースの場合は、発信元の媒体名を必ずトップに表示するようにしています。

広報・PR担当者の情報収集に使ってほしい

谷本:最後に、ただいまご好評いただいている千鳥さんのCMを流したいと思います。

(CM映像が流れる)

ありがとうございます。このこの「クーポンチャンネル」は、3月からスタートしたスマートニュースの新しいプロダクトです。今も参加企業様が増えておりまして、6月には上島珈琲店様、サーティワンアイスクリーム様にご参加いただきました。

このように、弊社はユーザーの利便性向上に努めており、より生活に身近な情報を届けてまいりたいと思っております。広報・PR会社のみなさまも、情報収集などがすごく大変だと思いますので、ぜひスマートニュースをご活用いただきたいなと思っています。

ご清聴ありがとうございます。

(会場拍手)

事業クリエイティブで企業をサポートする三浦氏

三浦崇宏氏(以下、三浦):こんばんは。マイクはこんな感じで大丈夫ですか?

司会者:大丈夫です。

三浦:こんばんは。株式会社GOの三浦といいます。よろしくお願いします。

自己紹介すると、もともと博報堂に10年ぐらいいまして。その間、「TBWA\HAKUHODO」という博報堂系列の外資系との合弁会社でずっと働いていました。

初任はマーケティング部に入って3年ぐらい。そのあとPR戦略部で、博報堂ケトルの嶋浩一郎さんと、『ウェブはバカと暇人のもの』の著者である中川淳一郎さんにPRをいろいろ教わって。そのあとTBWA\HAKUHODOへ行って、クリエイティブに行って、独立しました。

やった仕事でいうと、『やっちゃえNISSAN』ではマーケティング・PR・クリエイティブ全部をやらせてもらったり。最近だと、安室奈美恵さんとH&Mのコラボレーションのキャンペーンを。

それから、今僕がやっているGOという会社がわりと事業クリエイティブというやり方をしていて、マーケティング、クリエイティブ、PR全部のスキルを使って事業のお手伝いをまるっとするというようなことをやっている会社で、三井不動産さんのシェアオフィス事業を手伝ったりしています。

ケンドリック・ラマーを起用した「伝説の広告」

三浦:今日はちょうどタイムリーにもTwitterトレンドで1位が「国会議事堂前」という謎のワードになっていました。僕はもともとラップがすごく好きで。ケンドリック・ラマーという、世界でいま最も重要な黒人ラッパーがいて、ラッパーではじめてピュリツァー賞をとっているんですね。その彼が今度FUJI ROCK FESTIVALに来日するので、それを記念した広告を扱っていて。

内容についてあまり触れてはいけないと言われているのであれなんですが、みんなが知っている文書が黒塗りになっているところに、彼の「DAMN.(クソが)」というアルバムのタイトルが書かれています。

(スライドを指して)ちょっとめくっていただいて。こんな感じで、国会議事堂前と霞ヶ関駅に今掲載されています。わりと話題になっているので、たぶん今週末で掲載差し止めになって、伝説の広告になると思うので、ぜひ足を止めて見ていただけるとうれしいなと思っています。今日はよろしくお願いします。

(会場拍手)