この世で1番エロいマンガは『うそつきパラドクス』だと思う--下田美咲×はあちゅう

下田美咲とはあちゅうの炎上女王対談in 早稲田祭2014 #5/6

人気ブロガー・はあちゅう氏とコールの女王ことタレントの下田美咲氏が、愛や性について語ったトークイベント。恋愛に対する価値感が全く異なる2人が、自身の恋愛観を赤裸々に告白します。炎上女王2人が語った、本物の愛とは?(下田美咲とはあちゅうの炎上女王対談in 早稲田祭2014より)

子育て資金は「兆」必要

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):子育てのマニュアル、まじで完成できなそうだったらどうする?

下田美咲氏(以下、下田):でもそうなってきたら、その子がどういうふうに育ってもいいように、どれだけ能力がなくて、何もいいところがなくても幸せに暮らしていけるだけのお金を私が用意してからかなって感じがする。

はあちゅう:何億とか?

下田:何兆とか。

はあちゅう:何兆か(笑)。

下田:何兆か。例えば旦那さんが結構トラブルを起こしてもその子に影響がいかないようなって考えると何兆か必要だなって。

はあちゅう:多分兆レベルの迷惑はかからないと思う。

下田:いや、兆持ってないとダメージが生まれるような状況って、普通に起こるよ。私が今まで下田家で体験してきた事件もそうだったし、親戚とかもいるから、親戚が起こすトラブルが、結構いろんなものに余波を残すから、誰が何をしてきても、その全部が痛くもかゆくもないレベルと考えると兆だなと。

兆がないと、何かあったとき「痛くもかゆくもない」とは言えない。「ちょっと痛いな」ってなっちゃうから、それがイヤ。

そのことで別にご飯が食べられないことにはならないかもしれないけど、この100万があったらもっと良かったなみたいになっちゃうと、それはもう影響力のあるダメージだから、「1千万や2千万を持ってかれても痛くもかゆくもないよ」っていうのは、レベル的に兆とか持ってないと言えないから。

はあちゅう:億でも大丈夫じゃないの?

下田:いや、兆だと思う。私、持ってる額が億だったら、そこから1千万取られるの嫌だもん。

(会場笑)

子供について悩む女性が多い

はあちゅう:でも、兆までいくんだったら何したら稼げるんだろうっていうところからまず子育て考えなきゃ駄目ですよ。

下田:多分、今は兆が先。

はあちゅう:兆は何したらいいんだろう。

下田:でも今取り組んでるけど、兆の人が周りにもいないから、いまいち……。

はあちゅう:私も知らないよ。

下田:そう。だから兆を目指してる、私は。はあちゅうさんは?

はあちゅう:私、全然兆とか目指してない。

下田:子育ては?

はあちゅう:楽しそうだなって思ってて、私最近ね、アラサーなんですけど、私はもう親が育ててくれたから、子供を育てるってことは当たり前だと思って生きてきていて、同じように子供を生むんだって。

でも、結構周りで子供を産むか産まないか悩んでる人が多くて、それはすごく新鮮に感じた。美咲ちゃんみたいに子供をいつか産みたいって思っている人もいるし、今じゃないという人もいるし、そうじゃなくて子供を持たない選択をする人もいるんだよね。

13歳で「エロ部」をつくった

はあちゅう:じゃあ、そろそろ性のテーマにいきたいんですけど。

下田:はい。

はあちゅう:それについて更に突っ込んで聞いても良いですか?

下田:はい。

はあちゅう:美咲ちゃんの性的な価値観ってどうやって培われたの?

下田:性的な価値観は歴代の元彼たちによって培われたなと思うけど。性的な事にすごい興味があって、研究し尽くしたっていうのもあるけど。

はあちゅう:どういうこと?

下田:中学生くらいの時にモデルを始めたんですけど、社会に出た時にもしかしたら学校の5教科は社会の役に立たないかもしれないって思って、もっと直接的に役に立つことを勉強したいなと思った時に、心理学とかやった方が儲かるんじゃないかなと思って、はじめは心理学を勉強していて、そしたらだんだん性心理モノのほうが偏っていて分かりやすいと思って、だんだん性的なものばっかり読むようになって。

それは本屋さんの妊婦さんコーナーにあるんだけど、たとえば隣の寝室っていう本があって、それは全国の夫婦の寝室事情のデータ集。

はあちゅう:へぇー(笑)。

下田:そういう性に関する本を読みまくってた時期があって、そこで整ったっていうか。

はあちゅう:凄い早熟な女の子なんだね。何歳?

下田:13歳。

はあちゅう:13歳……。

下田:私、知的好奇心が旺盛なんですよ。ほんとそれだけの理由。

はあちゅう:私も13歳の時すごい悪ぶっていて、13、14歳の時に「エロ部」っていう部活をつくったんですよ。で、陸上部の女の子たち集めて、みんなでエロ本研究してたんですよ。

下田:何か良い収穫ありました?

はあちゅう:女の子のためのエロ本っていうのは……。

下田:エルティーンスペシャル?

はあちゅう:あ、それそれ。

下田:ちなみに、それ、私のデビュー作です。エルティーンスペシャルの表紙が、私の、はじめてのモデル業だった。しかも2号連続。エルティーンスペシャル2号連続カバーガール。

はあちゅう:全然読んでる、それ!(笑)

1番エロいと思うものは?

下田:当時、エルティーンっていうファンッション誌があって、エルティーンの中に一部エロいコーナーがあったんだけど、そのエロいコーナーを抜粋したのがエルティーンスペシャルですよ。

はあちゅう:それだ!

下田:あれエロかったですよね。

はあちゅう:やばいですよ。漫画と、文字と。こんなエロいことが世の中にはあったんだって。

下田:そう、今まであんなエロいの見たことがない。

はあちゅう:あれもうなくなっちゃったんですか?

下田:廃刊しちゃったんですよ。私が表紙をやったすぐ後に。

はあちゅう:短い……。

下田:すごいエロいの。私、今も取ってある。

はあちゅう:あれすごいよね。中学生が読んでるの画期的。

下田:今読んでもやっぱエロいなコレって思うもん。

はあちゅう:こんなにエロいことがあるんだと思って皆で凄いまわしよみとかしていて。

下田:あれすごいよね。

はあちゅう:あと、アダルトビデオの鑑賞会とかをしてた。

下田:アダルトビデオを一時よく見ていた時があったんだけど、どんなのが1番良かったですか?

はあちゅう:そんな論評出来るほど見てないよ。それを見てるっていうことでドキドキしちゃって、ぶっちゃけ物音とかしたらテレビ消しちゃったりしてドキドキしてた。画面の中のことより皆の反応のほうが気になっちゃってたし。どんな顔して見てるか。

下田:そういう時代もあったんだ。私が今までで観た中で1番気に入ってるアダルトビデオは……

(自主規制)

はあちゅう:(笑)。美咲ちゃんは、何をエロいと思うの?

下田:同じ描写でも、映像で観るより、文章で読む方がエロいと感じるかな。でも官能小説とかは違くて、あくまで普通の女性作家さんが書く「私、今回は官能の限界にチャレンジしました」というようなエロ小説。

これが1番エロい。官能小説を専門に書いている作家さんのエロ小説ではなくて、あくまで普段は普通のラブストーリーとかを書いている有名な作家さんの書く「今回は企画として、エロい描写に注力しました」的な短編集とか、これが1番エロい。

シャワーシーンで丸々3話使うエロ漫画『うそつきパラドクス』

下田:あとはエロ漫画も大好き。私がこの世で1番エロいと思っている作品は『うそつきパラドクス』っていう漫画! 超オススメ。すごくエロくて全部で10巻なんだけど、8巻ぐらいまでは1回も契りを交わしていなくて、まさに「出会った日からが前戯」状態。

(会場笑)

ずっと前戯状態の2人のストーリーがあって、8巻ぐらいでようやく契りを交わすんだけど、シャワーシーンだけで1話丸々使っちゃう感じ。描写が丁寧なの。

はあちゅう:えー(笑)。

下田:ちょっとも、すっと飛ばさないの。普通は脱ぎ始めましたあたりでパンと飛ばして翌朝となっちゃうところを、うそつきパラドクスは、全部細かく描写していくの。ほんとにシャワーシーンだけで3話ぐらい費やして、その後のベッドシーンにまた3話費やして、丸丸1巻でワンナイトを描く感じ。そこがもうすごいなと。

はあちゅう:何か保健体育の教科書みたいな感じだね。

下田:保健体育には書いていないエロい描写です、あれは。なんか逆に『ふたりエッチ』っていう漫画分かる?

はあちゅう:わかる。

下田:あれは、なんか保健体育寄りだなと私は思うんだけれども、エロくなくて、割とプロセス寄りというか

はあちゅう:あれエロいと思います、私。

下田:あれはエロくないですね。プロセスすぎる。

はあちゅう:あんなエロいもの電車の中で読んだら恥ずかしいじゃないですか。

下田:全然読める、あれは。全然机の上に置いて出かけられる。

はあちゅう:マジで(笑)。

チュートリアル・徳井は本物の変態

下田:でも『うそつきパラドクス』は本当に芯食ったエロい人じゃないと書けないという感じ。この作家さん、変態だろうなという感じ。チュートリアルの徳井さんぐらい変態。

徳井さんについては、私は中学生ぐらいから「絶対この人は変態だ」と思っていて、エロの師匠として尊敬していて、いつかエロに関しての疑問を全てぶつけてみたい、徳井さんに質問したい、と思っていて、去年それが叶って、それ以来ますます私の師匠ということになっているんですけれども。彼は本当にエロいと思います。

はあちゅう: 徳井さんのどういうところがエロかった?

下田:変態的だし、変質的だし、私には出せなかった答えを沢山出してくれた。その具体的な内容については、DVDで語っていることなので、ここでは話せないですが(笑)。

はあちゅう:なるほどね。 徳井さんは美咲ちゃんにとって性行為の対象としてあり得る?

下田:いや私、想像力が全然ないから。エロい行為を実際ともにするまでは、そもそもエロい目で見れない。

はあちゅう: でも芋掘りで誘う人員になる?

下田:それにはなるけど(笑)。

制作協力:VoXT

Occurred on , Published at

Haruka Ito

Haruka Itoに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、Haruka Itoに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?