子役の経験で知った『優劣』や『競争』の存在

藤岡清高氏(以下、藤岡):まず、稲田さんの生い立ち、幼少時代のお話から聞かせて下さい

稲田武夫氏(以下、稲田):家族構成は父・母・姉と私の4人家族で、非常に一般的なサラリーマン家庭でした。幼少時の記憶としては、子役をやっていたことはよく覚えています。

沢山のオーディションを受けていましたが、とても辛かった記憶があります。「泣いてください」と言われても泣けなくて…。合格した年下の女の子が目の前で笑っていた情景を覚えています。

なので、小さい頃から「自分には苦手なことがあるのだ」という気付きや、競争の存在などはかなり冷静に見ていたように思います。

中高時代はハンドボールにうち込むも、病で運動制限に…

稲田:中学・高校は桐蔭学園という私立の学校に通っていました。ハンドボール部に所属して、基本的に体育会思想で育ちました。私の世代は他の部も強く、サッカーでは全国2位、ラグビーでは花園に出場したりしていました。

しかし、中高6年間の集大成となる最後の1年で心臓を悪くしてしまい、運動制限をかけられてしまいました。一番やりたいことができなくなり、元気なのが逆に辛く、勉強とのバランスが上手く取れなくなってしまったこともありました。

起業家に囲まれ、ビジネスの世界に魅了された大学時代

藤岡:大学では、どんな学生時代を過ごされたのでしょうか。

稲田:慶應大学に進学し、WAAVというビジネスコンテストなどをやるサークルに入りました。大学1・2年時はそのサークルで活動していました。サークルの1期上には株式会社スポットライトを起業した柴田陽さん、同期の友人にはラクスル株式会社の松本恭攝さんが所属していました。

起業が盛り上がっている時期で、周囲が起業する中で「自分もいつか」という感覚は持っていたので、大学3年生時に先輩が起業するというのでジョインしました。新卒採用のサポート事業でした。この時、会社経営やベンチャーの面白さを味わうことができました。渋谷のオフィスに寝泊まりして、議論をした日々もよい思い出になっています。

起業家を多く輩出するリクルートに入社

藤岡:その後、稲田さんはリクルートに入社されましたが、なぜリクルートを選ばれたのでしょうか。

稲田:大学3年の夏頃に「やはり1度就職をしよう」と決めました。色々もがいてみた結果、勢いだけでの勝負に限界を感じ、漠然とですが、大きな事業を作る経験が欲しいと考えました。そこで調べたところ、刺激を受けた経営者の何人かがリクルート出身だと分かり、リクルートに入社しました。

リクルートでは、まずは人事部にいましたが、リーマンショックの煽りで採用中止が決定し、程なくブライダル事業部に異動になりました。インターネットの企画部署で、大規模なシステムのリニューアルや、クライアント向けのシステム構築の新規事業に携わりました。

3年目には人事に戻り、新卒・中途のIT専門職の採用基準の策定や採用活動全般を行いました。当時のリクルートは営業中心の会社からITの会社への変革の最中で、そのフェーズの中でIT専門職の採用を進めるプロジェクトに関わっていました。

人事でのプロジェクトの目処が付いた後に、 (株)リクルートライフスタイルという子会社に移りました。そこから3年間はずっとインターネットの新規事業を創っていました。

「新しい事業を半期に1回立ち上げる」というのがミッションで、リクルートの経済圏を生かし、スケーラブルな事業であることが必須条件でした。いくつもの事業を検討し、本当に苦しみながら0→1を模索していましたが、数えきれない失敗と、事業家としての最初の成功体験を得られた、充実した3年間でした。

リクルートでの新規事業開発のかたわら、入社5年目に起業

藤岡:オクトの起業とリクルート在籍期間に2年ほど被っている期間がありますが、その間オクトの活動はされていたのでしょうか。

稲田:その頃、現在CTOの金近と、その他エンジニアで共同生活をしながら、色々なサービスを作っていました。当時はとにかく皆で色々なWEBサービスを創るのが楽しくて仕方がなかったです。多いときは10人くらいエンジニアが集まっていました。会社が終わって、帰宅すると誰かしらは黙々と作業している状態でした。

皆でいつかは独立すると薄々気が付きつつも、「やはりリクルートで新規事業をやり切らないと自信を持って起業できない」という意識があったので踏ん切りがつかず、両方並行してやっていました。