儲けを出そうとしない Amazon

湯川鶴章氏(以下、湯川):では、本当はAmazonはどんな動きをしているのか。AmazonはECサイトだと思っている人がほとんどだと思いますが、実際にはいろいろなことをやっています。

Amazonの哲学は“弾み車”と言って、昔のミシンには回転を速くするために弾み車というのがつけられていたのですが、それが会社の哲学だと言ってます。どういうことかと言うと、値引きで客が増える、儲かる、さらに値引きすると、さらに客が増える。弾み車のように、弾みをつけて、どんどん事業を拡大していくというのが、Amazonの哲学のようになっています。

このグラフは、Amazonのこれまでの売上高と利益の推移を示したものです。赤い方が売上で、青い方が利益です。売上はどんどん上がっていますが、利益は全然上がっていません。フラットなままです。儲けたお金は、すべて値引きや技術革新に使っているわけです。

でも、株価は上がっています。株価さえ上がればいいという考え方で、儲けを取りに行っていない。「あなたの利幅がわたしのチャンス」とジェフ・ベゾスは言っています。めちゃくちゃ怖くないですか。

EC事業者のみなさんは、当然儲けを出そうと考えていますよね。当たり前の話ですよね。でも儲けを出そうと考えた時点で、もう負けているのです。儲けを出そうとすると、Amazonは「この会社は儲けを出そうとしている、しめしめ。儲けがあるということは、うちは儲けがないからうちの方が勝つな」と考えて攻めてくる。

めちゃくちゃ怖い話です。ではAmazonは、どこで儲けているのかというと、クラウド・コンピューティング事業です。今でもAmazonは、クラウド・コンピューティング市場でNo.1です。しかも今後、クラウドにAIがどんどん載ってきます。それによって、クラウドコンピューティングは史上最大のビジネスになると言われています。AmazonやGoogle、Microsoftといったクラウドの企業が、過去に類を見ないような巨大なビジネスになると言われています。

クラウドAI時代の三強

AmazonとGoogleとMicrosoft。この3社がこの領域でめちゃくちゃ強いのですね。めちゃくちゃ儲かるようになると言われてます。パソコン時代はWindowsのMicrosoftが勝ちましたが、次のモバイル時代にはAppleとGoogleの二強時代でした。これからはAIの時代ですね。クラウドAIの時代なのですが、ほとんど三強時代とも言われています。どんどん大きくなっていくんですね。

あまりにも強いので「Amazonが嫌いだ」という話も出てきました。Amazonが参入するという噂だけで、先行企業の株価が落ちるのです。参入を発表していないのに、「Amazonが参入するらしい」という噂だけで、その前からいる会社の株価が落ちるのです。すごい話ですよね。今後、独禁法で取り締まられるのではないかと言われていますが、まだ分かりません。

ただご存知のように、トランプはめちゃくちゃAmazonを嫌っているので、どうなるかは分かりません。本当にトランプが嫌っているのか、それともポーズだけなのかということもちょっと分からないですしね。Amazonは「雇用を産んでいますよ」と一生懸命アピールしているのが現状です。

本当は怖いAmazonオリジナルブランド

先ほどもちょっと出ましたが、Amazonは自分たちのオリジナル商品を開発するようになってきました。この写真の上がAmazonでサードパーティが売っていたPCスタンドです。PCを載せるやつで、一番人気で星もいっぱい付いています。42ドルで売っているのですが、ところがAmazonがほぼ同じ形のものをAmazonオリジナルブランドとして、半値の19ドルで売り出しました。

Amazonのオリジナルブランドというのは、実は数年前からやっていますが、年間10個ぐらいしか出していなかったのです。しかし、去年ぐらいから40種類ぐらい一気に作ってきた。なぜAmazonが自分らの商品をこんなに一気に作ってきたのか。

アメリカでは、ECサイトとして独占状態になってしまったということなんだと思います。独占状態なので、好きなことができてしまいます。

日本のAmazonは、こんなことをしません。どうしてこんなことをしないかというと、まだ独占状態になっていないので、こんなことをするとサードパーティーのショップが怒って楽天に鞍替えするかもしれないからです。楽天に行かれては困るので、Amazonは日本ではこんなことをしてきませんが、もし楽天がダメになって、Amazon1社になったら、Amazonは日本でも同じことをしてくる可能性があると思います。

Amazon VS Google

Amazonが次にどんなことをしているのかというと、対話ロボットを作っています。形のあるロボットも考えています。Googleが共通の敵なので、AmazonとMicrosoftが今一緒に動き始めました。MicrosoftのWindowsマシンのAIエージェントCortanaを通じてAmazonのAIエージェントAlexaに話しかけることが可能になりました。

一方でAmazonとGoogleの関係は悪化しているようです。ディスプレイ付きAIスピーカーのAmazonShow がアメリカではめちゃくちゃ売れていました。どうして過去形かというと、Amazon Showから、Google傘下のYouTubeへのアクセスが禁止になったからです。正確な理由はよく分からないんですが、業界内ではGoogleによる嫌がらせだという意見が主流です。

AmazonのECサイトでも、Googleの製品を扱わないという嫌がらせがあったので、その報復だとも考えられます。両社の関係は、もう明らかに悪化していますね。Googleからの嫌がらせへの対抗措置として、AmazonがYouTubeのような動画投稿サイトの開発を計画しているという報道も出てきています。

AIスピーカーが史上最大のメディアに

今後10年の消費者向けの最大のビジネスチャンスは、AIスピーカーだと思います。今はまだAIスピーカーは使い勝手が悪いですが、やがて秘書のようになり、最終的には親友のようになっていくのだと思います。そうした未来のシナリオを垣間見せてくれるのがGateboxだと思います。

Gateboxの開発者は30代で、彼女いない歴も30年ほどあるらしく、理想の彼女の姿を追求したら、Gateboxのようになったんだと言います。彼は「オレの嫁」といいますが、こんなに可愛く受け答えしてくれる嫁はいません。あり得ません(笑)。

Gateboxは独身男性向けなのですが、独身女性向けや、独居老人向けや、ご主人がまったく話を聞いてくれない主婦向けなど、いろんなニーズがあると思います。これからいろいろなAIスピーカーやチャットボットが登場してくるのだと思います。

何度も言いますが、こんな嫁はいません。

(会場笑)

そうしたAIスピーカーがいずれ、ユーザーのニーズを100パーセント理解してくれるようになるのだと思います。今のECは、その人の行動履歴を見て、この人は次にこういうものを買いたいのではないかと予測するわけですが、未来のAIスピーカーの場合はその必要がありません。

ユーザーが自ら「次に〇〇をしたい」と教えてくれます。ユーザーが「あーあ、どこかに旅行に行きたいなあ」と語りかけてくれます。そうすれば「旅行だったら、〇〇がいいよ。ホテルは、このホテルがいいよ」とレコメンデーションできます。

ユーザーのことを熟知し、しかもユーザーからの信頼を勝ち得ている親友のようなボットがレコメンドするわけです。そのレコメンドを実際に実行する可能性は、これまでのどのメディアよりも高くなります。

データをいっぱい取って、ユーザーが何をしたいかをするという、これまでのマーケティング手法は、アテンションエコノミー時代のマーケティングです。だれもが1日24時間しか時間を持っていませんから、メディア間でその時間を奪い合うわけです。しかしこれからはインテンションエコノミーになると言われています。ユーザー自らは、何をしたいかというインテンション、つまり意図を明らかにしてくれるようになるわけです。

ユーザーの意図ほど、ユーザーの次の購買行動に直結するものはありません。つまり、AIスピーカーや、チャットボットを超えるメディアはないと思うのですよ。新聞、ラジオ、テレビ。すべてを合わせたよりも強い、最強のメディアになっていくと思いますね。その最強のメディアの地位を取りたいので、AmazonもGoogleもLINEもMicrosoftも、みんなここにめちゃくちゃ力を入れているのだと思います。

AIスピーカーって今は安いときで3,000円くらいで買えますよね。3,000円であんなスピーカーはふつう買えませんよね。売るたびに赤字です。赤字を垂れ流してまで、今はAIスピーカーを売っています。なぜかというと、この地位を取りたいから。この地位を3、4年の間に取ってしまえば、最強のメディアを押さえることができてしまうからですね。

これはAppleの人材募集ページなのですが、カウンセラー経験を持つエンジニアを募集しています。AIスピーカー、Siriに対して悩みの相談をする人が結構いるようなのです。そんな人、本当にいるのかと思いますが、データとして取れているわけです。

実際に多くの人が愚痴を言ったりしているようなので、カウンセラー経験のあるエンジニアを雇うことによって、AIスピーカーを親友に変えていこうとしているわけですね。