戦略より理念--孫正義氏が考える、物事の重要順

孫正義氏(以下、孫):この25のそれですが、なぜ私がバージョンアップしたかと、実は昨日の夜中まではこの順番が違ってました。3行目のものが一番上の行にあったと。で、一番上のものが2行目でした。そして、4行目のものがその次の行で、2行目のやつが4行目で、5行目は5行目と。そういう順番にもともとなっておりました。

この順番を変えました。なぜ変えたというのが、この右側の青いピラミッドです。つまり重要順であると。物事には全て重要順があるということであります。物事は、ただ単に平たく考えればいいんじゃない。大事なもの順に常に頭に入れると。

意志決定しなきゃいけないときに、時間って限られてますでしょ。瞬間的にいろんな意思決定をしなければいけない、交渉のときとか、瞬間的に意思決定しなきゃいけないんですね。そのときに全部の項目をチェックできないときに、一番重要なものからパッパッパと頭で瞬間的に意思決定する時の要因として、チェック項目にすると。そういうことを普段から癖をつけてほしいと思うんですけども。

一番上の行。この「道天地将法」という風に書いてありますが、この「道」という字は何を意味するかというと、「理念だ、志だ」ということであります。この間、30年ビジョン発表しましたね。一番上のところに理念というものを発表いたしました。2番目がビジョン、そして3番目が戦略ということであります。

そういう意味で、この一番上の行は、「道」が表しているように「理念」のところが一番重要な部分であると。2番目の行の頂上の「頂」、これは「ビジョン」という意味であるということです。3番目の行が戦略の行であります。

4番目の行が将たるものの心構え。将たるもの、皆さんは、僕の後継者の候補です。つまり将たるもの。皆さん自身にとっての心得としての部分が、この4行目ということですね。5行目は戦術に相当するところです。

ですから「風林火山」というと、日本では武田信玄が戦の時の旗印に風林火山、書いてるんですね。僕に言わせれば風林火山、大変有名で、あれは孫氏の兵法の中から勉強熱心な武田信玄が学んで、孫氏の兵法の中の重要だと思うものを自分の旗印に書いたんだけど、僕に言わせれば「それは戦術にすぎない」という風に思うんですね。

でも大切な戦術、戦における大切な戦術なので、一応その戦術としての風林火山のところがこの最後の行に書いてあるんです。

この5つの行かける5つの縦、合計25。これは、僕自身はすべての文字、すべての意味をもう腹の髄まで入れております。僕の後継者になる皆さんもぜひ、この25文字についてはその体の底から、言われなくても思い出そうと思わなくても、もう瞬間的に体の中にそのまま入ってる、という状態になってほしいという風に思います。

戦いに勝つための条件「道天地将法」

:じゃあまず一行目、「道天地将法」と、戦いに勝つための孫氏の兵法の中の条件、ということになります。一番最初の文字、「道」ということであります。

:「道天地将法」の「道」、道ですね。じゃあ皆さんに聞きます、この道というこの一文字が、さっき理念とか志ということで言いましたが、ソフトバンクグループにとって「道」という一文字が意味するもの、我々にとってこの道という文字が意味するものは何だと思うか、手を上げてみてください。誰か、はい。

参加者:デジタル情報革命で、人々を幸せにする。

:素晴らしいじゃないか、正解だ。

参加者:ありがとうございます。

:これから、答えるときは名前を言って答えてくれね。名前は。

参加者:○○です。

:○○君。素晴らしい、いい目付きしてるじゃん。これから話をするときに、全員が指されると思って聞いてください。指されなくても自分からバシバシ手を上げて答えてほしい。そして答えるときに名前を、自分の名を名乗って答えてほしい。

それが素晴らしいなと思う答え、その立ち振る舞いも含めてそれが私自身のインプットにもなるし、皆さんがお互いに点をつけるわけで、お互いのインプットになると思いながらぜひやって欲しいという風に思います。

:この道「情報革命で人々を幸せに」ということですね。これは散々こないだのビジョン発表会で言いました。情報革命で人々を幸せにということであります。

情報ビッグバンの今は「天の時」。この幸運を活かせ

:次、「天」。この天という一文字が、我々ソフトバンクグループにとって何を意味するか。今までのソフトバンクの創業以来の歴史の中で、あるいはこれからいう中で何を意味すると思うか、分かる人、手を上げてください。はい。

参加者:○○といいます。お客様だと思います。

:お客様、はい。他には? ガンガン手を上げてこい。

参加者:○○といいます。

:はい。

参加者:世界一のグループ会社になるということだと思います。

:世界一のグループ会社、はい。他には。

参加者:○○といいます。300年続くDNAを作る。

:300年続くDNA。はい、どうぞ。

参加者:常に頂上を目指す。

:常に頂上を目指す。他に。

参加者:人々に最も必要とされる企業になる。

:人々に最も必要とされる企業。

参加者:志高く。

:志高く。

参加者:同じです。○○といいます。

:はい。他にないか。はい。

参加者:○○です。天から全てを見る。

:天から全てを見る。はい、他に、はい。

参加者:○○といいます。孤独な人のいない世界を作る。

:孤独な人のいない世界を作る。

みんな素晴らしい答えです。ひとつの答えがあるとは思いませんね。ですからみなさんなりにそれぞれ解釈するというのは、すでに頭が回転しだしているということで、一つ一つなかなかいい答えだと思います。私が思っております、あるいは孫氏の兵法の中に書いてあります「天」という言葉の意味。これは「天の時」と。

天の時、タイミングですね。つまり我々は、情報のビッグバンという絶好のタイミングに生を受けているということです。人類に20万年の歴史があるなかで、情報のビッグバンというのは50年前は無かった、100年前は無かった。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。