突きつめれば「遊びはスポーツ」
Techベンチャー代表らが語る、次代のスポーツの定義

トークセッション #9/9

SportsTech 2018
に開催
2018年2月28日、インキュベーション施設「Plug and Play shibuya」にて、スポーツ×テクノロジーをテーマにTechベンチャー6社の経営陣がトークイベントを開催。成長産業の一つとして注目されているスポーツビジネスの発展に向けて、Sports Techスタートアップが目指す世界を語ります。本パートでは、協業による今後の展開や、参加者からの「そもそもスポーツとは何なのか?」という質問に回答しました。

1社ではできないことを協力して実現させる

福田浩士氏(以下、福田):今のところ、他社と積極的に協業ということはあまり考えてはいないです。逆にハードウェアを作ってらっしゃる会社さんには、とても期待しています。

例えば僕らでいうと、Apple製品は使ってますけど、Appleが次に何を出してくるかとか、Xenomaさんのような会社がHADOに使えるようなプロダクトを作ってくれるかというところで非常に期待をしております。それも1つの協業ですかね。

ハードウェア部分は自分たちでは作りきれないところがあるので、そこは他社に期待するということです。あとはスポーツ市場を作っていくというところで、先ほど尾形さんがお話しされていたように、決して1社でできる話ではないので、いろんな会社が組み合わさってやっていく。

例えば僕らでいうと、プロリーグを作りたいんです。プロリーグは、絶対1社じゃできないので、じゃあ誰を巻き込んでいくのか、どうお金を集めるのかというところは、協業するしかないと思います。

泉友詞氏(以下、泉):ありがとうございます。大谷さんはどうですか?

大谷宜央氏(以下、大谷):もちろんいろいろ協業したいです(笑)。

まずオシャレな文化を作りたいので、オシャレなダーツバーでちょっと大手の運営の、例えばBeeとかで、うまい感じでグループにちょっとずつ置いてくれるとか、そういうコラボはとてもウェルカムです。

イベントもこれから大きく仕掛けていきたいので、そういう音楽運営しているようなメディアともつながりたいです。

あとは、今後はプロモーションに力を入れていきたいので、売れてないアイドルとかタレントさんを、プロモーション兼ねて「使っていいよ」と言ってくれるような会社さんとも(笑)、うまいことできたらと思っています。

:なるほど。

他社のサプライチェーンを借りるという戦略

網盛一郎氏(以下、網盛):うちはそもそも、e-skinを着ただけではなにもできないので、絶対ソリューションにつなげなきゃいけない。

自社ソリューションを作るという選択肢もなくはないんですが、僕らは大学発スタートアップという性格もあって、汎用的な技術なんです。これってもう致命傷で、スタートアップは、絶対汎用技術やらないほうがいいです(笑)。

(一同笑)

何に使えるかわからないじゃないですか。僕はほぼマゾのように、あえて趣味でこれをやっていますが。ほぼすべてのレイヤーで、全部サプライチェーンを作るわけにはいかないので、すでに持ってるところと組む。

HUGO BOSSさんもそうですし、医療機関だと、これも発表してますが、ドイツのエッセン大学と一緒に、認知症の患者さんのシャツを作ってます。あとは言えないのが、まだもう2、3個ぐらいあります。

さらにそこから先、サービス展開するとサーバーの会社さんとか。上流に上がれば、当然アパレルとかはサプライチェーンがすごく長くて、僕らでは作りきれないので、アパレルと協業を始めています。僕らはなんでもかんでも協業でやってますね。

:ありがとうございます。確かに、協業でかなり活きるようなビジネスモデルだと僕は思っていて、東急さんも親和性が高いと思うので、ぜひよろしくお願いします。

網盛:よろしくお願いします(笑)。

:太陽くんは、協業についてはどうですか?

尾形太陽氏(以下、尾形):電鉄のほうの東急さんとは、実際に協業させていただいたりしています。東急電鉄さんは渋谷をエンターテインメントシティ化させたいというプロジェクトがあって。2020年も近いので、「スポーツコンテンツを使って、どういうふうにエンタメ化させていこうか?」というような文脈で組ませていただいています。

プラットフォームとスポーツコンテンツは相性がいい

尾形:我々メディアって、歴史的にも協業というか、どこかと組むことにすごく親和性が高いんです。世界で一番大きいメディアの企業は、ESPNという、スポーツ専門の放送局があって売上が1兆円ぐらいのところですが、その一番大きい企業も、ディズニーという大きなエンターテインメントプラットフォームの傘下にいます。

日本で一番大きいWebメディアのスポーツナビも、ヤフーの傘下です。プラットフォームとスポーツコンテンツは、すごく相性がいい。

東急電鉄さんも渋谷というプラットフォームを持っていますし、メディアと大きなプラットフォームとかは、そういう意味でかなり協業のポテンシャルがある。いろんなところと進めています。

:ぜひ、不動産さんとも、どんどん進めていただければと思います。峯岸さんは、どうでしょう?

峯岸孝次氏(以下、峯岸):協業は絶対にしていかないといけないと思っています。我々は製造業かつITなので、販売という面でも、研究開発・特許・商標とか、はたまた企業だけではなく、人、アンバサダーという文脈でコラボレーションしていかなきゃいけない。

スタンドアローンでグローバル企業になるという選択肢は我々にはないです。このグループコミュニケーションの中で、とくにスポーツ分野で拡大していくというところでは、基本的には海外や日本の企業、協業のチャンスは常にくまなく探っていくのが我々の戦略です。

:なるほど。そうですね。でも実際、インフルエンサーも含めてそうですが、つながりやすいというか、コミュニケーションツールというところもあるので。

ヒアラブルデバイスという観点でいうと、センサーとかもそうですが、おもしろいデータプラットフォームを使ってビジネス展開するというようなことも、今後は考えたりしてるんですか?

峯岸:そうですね。AIでビッグデータ解析ですとか、音声認識とか、自動翻訳とか、そういった方向性まで考えています。

そうするともちろん1人ではできないし、それのスペシャリストのエンジニアの採用とかだけでは対応できないので、協業していくことが基本的には大事な選択肢の1つです。

スポーツとはなにか?

小泉真也氏(以下、小泉):うちはけっこうやらせていただいていまして、毎日新聞さんとか博報堂さんと提携させていただいていろいろ進めています。スポーツのデータって間違いなく、それこそさっきの、野球のデータだけじゃなくて、トレーニングデータ1つ……。

今の流れとしては、放送という意味では、ほぼDAZNと、甲子園ライブとか、バーチャル甲子園とかっていうのがあって。それとは別に、海外では、ほぼ買収しましたが、ランニング系のアプリのRuntasticやNIKE+や、Under Armourが買ったアプリとかもあるんですけど。そういったもので、今後、ライフログにつながるようなログを取っていきましょうという感じです。

僕は、次に来るのはDoスポーツという領域だと思っています。そのデータを「どこで活かすの?」「どこでまとめるの?」というときに、僕らだけで取れるデータって本当にわずかなんです。

ウェアラブルの話も、さっきのランニングの話もそうですし、もっというと経歴の話もそうですし、いろんなデータを組み合わせたうえで、「スポーツってこういうものだよね」って示す以上、いろんなところとやっていきたいと思っています。実際そういうふうに動き出しているので、ぜひ。

:ありがとうございます。せっかくなので、今日お越しいただいているみなさんで「これ聞きたい」という方がいらっしゃいましたら、挙手いただければと思います。

(会場挙手)

質問者1:本日はお話ありがとうございました。みなさんにそれぞれお聞きしたいんですが、「スポーツとは何なのか?」ということを考えていまして。とくに日本とヨーロッパではスポーツというもののとらえ方がまったく違うことは、よく聞いているんですが。

例えば、ヨーロッパではチェスはスポーツですが、日本では将棋はスポーツではない。「eSportsはスポーツなのか?」ということも、最近は議論として出ています。そういったところで、みなさんのスポーツのとらえ方を、少し聞けたらおもしろいなと思います。

:けっこう、切り口が難しいところではある。

尾形:そうですね。スポーツ……。

遊びの極致はスポーツ

:とくに誰に聞きたいとかはありますか? けっこう議論が分かれると思うんですが。

質問者1:もともと私、アルペンという会社でバイヤーをやっていたんですが、そこの上長に一度言われたのが、「けん玉はスポーツじゃない」(笑)。

(会場笑)

一時的にめちゃくちゃ仕入れてめちゃくちゃ売れたんですが、撤退をしたという経緯もあるので、けん玉はスポーツかどうかというところも含めてお願いします。

大谷:あー(笑)。

:(笑)。

大谷:残念ですねー。けん玉はスポーツです。捉え方はまさに文化によって違うんです。似たような感じでいうと、BMXとか、スケボーとか、「スポーツなのか?」って思われがちな部類にはもちろん入ると思います。

でも、本当にけん玉やる人だと、1日8時間とか9時間とか、ひたすら練習してるような人ももちろんいます。最終的な「スポーツとはなにか?」だと、僕は「遊びはスポーツって言っちゃっていいんじゃないか」ぐらいのゆるさで考えています。

eSportsでも「格闘ゲームがスポーツなのか?」というと「ん?」と思われがちですが、これものめり込んで、1フレーム、0.0何秒を見切るような勝負まで持っていくと、もうそれは遊びの極致ですよね。

フィジカルのサッカーにしても、テニスにしても、野球にしても、そういうゲームにしても、詰めるところまで詰めたら、すごく感覚的ではありますが、そんなに変わらないものとして扱っていいと思います。

:じゃあ、電玉さんが「けん玉はスポーツだ」と言って、アルペンさんに売り込みに行けば(笑)。

大谷:グローバル版が出たらぜひ取り扱っていただければ(笑)。

:そうですね(笑)。そういうこともできそうな気がします。その他の方、いかがでしょうか?

(会場挙手なし)

:今日は6名の経営陣の方々にお越しいただいて、セッションさせていただきました。みなさん、ご登壇ありがとうございました。

(会場拍手)

Occurred on , Published at

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?