「辻元清美さんとはできません」 橋下徹氏、民主との選挙協力より野党再編を狙う?

橋下徹 #2/2

橋下徹
に開催

年内解散の噂が強まるなか、維新の党の一部には民主党との選挙協力を模索する動きが出ている。しかし代表の橋下徹氏は「日本のためにならない」と否定的。それより、然るべき立場の人間が主導しての野党再編を目指すべきだと主張した。

民主党との選挙協力は日本のためにならない

記者:今日この後、役員会議では選挙の話が中心になるんでしょうか?

橋下徹氏:これから会議するんですから(笑)。

記者:民主党との協力がやっぱり一番の議題になると思うんですけれども、昨日の立場から変わらないですか?

橋下:ええ、変わりません。

記者:ただ、国会議員団はなんらかの形で協力しないと勝負にならないということで、協力の道を模索していますけれども?

橋下:それはもう会議して議論しますけどもね。

記者:大阪と大阪以外を区別(して選挙協力を)するというのは、あり得る範囲ですか?

橋下:そりゃ僕が代表である以上は区別できないですよね。

記者:じゃあ大阪で調整が付かなければ、全国へ広げるのは難しいと?

橋下:調整もなにも、どうするんですか。辻元清美さん(大阪10区)とそんなのできないですよ。

記者:いや、だから大阪でできないのは理解できるんですけれども、その場合は全国的にも協力できない、と?

橋下:国会議員団はなにをやろうとしてるんですか? お互いに応援しあうんですか?

記者:候補者の調整だったり……。

橋下:なにをしようとしてるのかよく分からないですけどね。そんなことやっても日本のためにならないと思いますよ。なにをしようとしているのか、しっかり聞いてみます。僕は詳しいこと聞いていませんので。

民主・維新・みんな・次世代で野党再編を

橋下:1つにまとまったらいいんじゃないですか? 同じ想いの人達で。なんでそんなに党にこだわるんですかね。お金の話なのか、選挙運動員の話なのかよく分からないですけど、ここまで来たら民主党も維新の党もみんなの党も、同じ想いのメンバーが集まれば100人くらいになるんじゃないですか?

それで1つの党を作ってしまえばいいのにね。それくらいの事が出来なくて日本の国を変えていこうとか、日本の国を変える前にまず政党変えてくれって言うんですよ。今の野党の形すら変えれないメンバーが、日本の国の運営で、今の安倍政権よりも良い運営ができるなんてそんなわけないじゃないですか。日本の国家運営のほうがよっぽど大変なんですから。

こんなたかだか弱小政党の民主党や維新の党やみんなの党の、たかだか50名か100名いないくらいのそんな集団を1つにまとめることが出来ずしてね、国家運営なんてそんなのできませんよ。だからこれを1つにまとめられなかったら、国民もそういうふうに見るんじゃないんですか。かたや自民党のほうは、しっかり1つにまとまってああいう形でやっているわけですからね。

まあ、国のためにとか、自分の命を、身を賭しても、とかいろんなこと言う前に、こんな弱小政党を1つにまとめてくださいって事ですよ。それくらいの事が出来ずに、道州制と同じですけれども、大阪都構想もできずして道州制なんて、地方分権なんて出来るわけないんですよ。中央集権体制を変えるとか。

それと同じで、日本の今の国の仕組み、今までの社会システムを変えていくと。高度成長時代を終えてこれから少子高齢化社会に突入していってですね、外交・安全保障も含め、社会保障も含め、ありとあらゆる事を今後変えていかなくてはいけない、という時にですよ、こんな弱小団体を1つにまとめて、政党・野党のあり方を変えていくことができないメンバーが、国家運営で国を変えるなんてことはできません。それは今日、しっかり言おうと思ってますけどね。

記者:ただまあ、次世代の党とも別れることになったわけですから、その難しさというのはよくご存知かと。

橋下:そうです、そうです。だからそしたらもう、安倍政権でいいんじゃないんですか?

記者:想定されているのは、先ほども言われたように民主党の一部と、みんなの党の一部……?

橋下:いや、どこの党とかそんなこと言ったらまた狭まってしまうんで、大体考えていることは同じだと思うんですけれどもね。次世代の党もそうだと思いますよ。よほどの事が無い限り、だいたい同じことを考えているんだったらもう1つにまとまったほうがいいんじゃないんですか。

記者:総選挙の前に、再編をもう一度提案すると?

橋下:そうあってほしいですけどね。

記者:ただ、あまりにも時間が無いと思いますけれども。

橋下:ねえ。だから誰かが、こういうことでやっていくからやろう、というふうに民主党の閣僚経験者の皆さんかどなたかが、「このゆびとまれ」ってやれば、少なくとも維新の党はからは行くでしょうしね。

記者:維新の党の存続にこだわるお考えは?

橋下:全然です、そんなの。もう「つなぎ」ですから、維新の党は。

記者:民主党の閣僚経験者と仰られた思いですけれども、そこは代表のほうから呼び掛けたり、そういうのは?

橋下:うーん、でも僕がそんなのをやるような事なのか、それは国会議員団のほうでいろいろやってるでしょうからね。

Occurred on , Published at

スピーカーの話が良かったらいいねしよう!

ログミーNews

ログミーNewsに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、ログミーNewsに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 橋下徹氏「知事会なんて口ばっかり」 年10日の米軍訓練も拒絶する、全国46都道府県の現実
2 「辻元清美さんとはできません」 橋下徹氏、民主との選挙協力より野党再編を狙う?

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?