いい瞑想のポイントとは?

質問者2:今日はお話ありがとうございます。

菅原:いえいえ。

質問者2:瞑想についておうかがいしたいんですが。「瞑想しなさい」と私も最近よく言われるんですけど、瞑想って、目をつぶるじゃないですか。

菅原:つぶりますね。

質問者2:いろいろな雑念が入ってくるんですが、どんな瞑想がいい瞑想? 先生はどのような感じで。

菅原:僕は、瞑想のプロフェッショナルというか、そんな達観のレベルまでいっているわけではないんですが、大事なことがあります。雑念が出てもいいんだけど、呼吸をしているということだけに集中をするという。

質問者2:息が入ったり出たり。

菅原:そうです。入ったり出たりしているってことになってくると、だんだん無の時になっていくと言われているんですが、やっぱりなかなか難しい。だけど深呼吸をする、呼吸をするということで、自分の副交感神経が整っていくので、まずそこだけでも十分です。雑念が出てくるのは当たり前ですから。

瞑想が自分にとって本当に必要か考えることも大事

小谷:当たり前なんですね?

小松田:雑念はあっていいんですね?

菅原:当たり前ですし、「瞑想しなさい」と言われていることに疑問を持った方がいいと(笑)。

(会場笑)

小松田:そこからですか?

質問者2:どういうことですか?

菅原:瞑想が自分にとって必要かどうか、ということです。瞑想はいい方法なんですが、「私にとって役に立つかどうか」っていうことを改めて考えて、必要だったらやればいいですし。くわしく瞑想の方法を書いてある本もありますし。実際、本当にヨガの達人みたいな方もいるので、そういう方にお話を聞きに行くという行動を起こしていくのがいいかな、と。

ただ、やり方の最初の初期段階としては、呼吸に気づくということだけでいいと思います。

質問者2:ありがとうございます。

小谷:自分に合っているかどうかも大事ということですよね。

菅原:そうですね。

「やりなさい」と言わずに気づいてもらう方法

小谷:なるほど。うーん。他にいらっしゃいましたら、ぜひ。

菅原:何でもいいですよ。はい。

質問者3:すみません。さっきの“職場の人がメモを取っても覚えてくれない”という質問で、ちょっと気になったんですが。「無視した方がいいんじゃないか」という感じだったんですが、私は会社の中でちょっと偉い立場なので(笑)。

菅原:(笑)。なるほど、なるほど。

質問者3:その時に例えば、「もしあなたが同じことをやって間違えたら、私は無視するよ」と宣言してしまってもいいんですか?

小松田:ああ。

菅原:宣言をするというか、だいだいその仕事のトラブルというのは、大局が見えていない方がけっこう多いと思うんです。例えば営業職だとしたら、営業活動をして成功するだけじゃなくて、この営業がうまくいくことによって会社が軌道に乗って、会社の理念や社会貢献につながる、という想定ができている人は、たぶんそういった問題は起きないんです。

質問者3:はい。

小谷:うーん。

菅原:だから、そこで「やりなさい」と言うんじゃなくて、その先をちょっと見せてあげるというのが、僕は大事じゃないかなと思います。

小谷:ああ。

質問者3:枝葉のところばかり言うんじゃなくて、まず全体を……。

菅原:そうです。だから会社の理念というか、いわゆるミッション、社会貢献としてこういうことがありますよね、って。

質問者3:あっ、こういう「理念」……。

菅原:そうそう、この仕事に対してどういう意味があるか、自分たちはわかっているけれども、若い人や会社に入ったばかりの方ってわからないことが多いので。仕事のための仕事をしてもしょうがない。それは部活とかでもよくあるんですけど、練習のための練習をしてもしょうがなくて。

小谷:なるほど。

菅原:甲子園出場という目標を持ったりしてから、素振りをするわけです。素振りをすることが大事なわけじゃなくて、「甲子園に出場したい」とか「優勝したい」とか、「地区大会で優勝したい」とか。目標は人それぞれでいいんです。

だいたいそのポイントしか見えていないことが多いので、「これはこういった意味だ」ということを、少しアドバイスしてあげると、ポッと気づくかもしれません。

質問者3:ありがとうございます。

大事なのはミッションを達成すること

小谷:今、彼女が隣の席で働いているんですけど、彼女が置かれている状況を考えて、非常に。

小松田:きっと、頭の中でいろいろ広がったんですね。

小谷:なるほど。悩んでいるとね。

質問者3:勉強になりました。

菅原:逆に言うと、みなさん、優しすぎるところもあるんじゃないかなと思います。その方を心配しすぎてしまうよりも、自分でできたら自分でカバーしちゃえばいいじゃないですか。

小谷:うーん。

菅原:そこでずるいとか、そういう思いが出てくるから。「あいつが働いてないから」「ずるいから」「私はやりたくないから」と。大事なことは、そのミッションを達成させることじゃないですか。だから、自分が余力があればやったらいいんじゃないかな、と思います。

だけど、それでストレスを抱え込むことはなくて、うまくチームでまとまるといいですよね、って思いますけど。

質問者3:ありがとうございます。

社会的孤立を感じている高齢者は認知症になりやすい

小谷:先生。私からちょっと1個、いいですか?

この前ラジオを聞いていて、AIと医療、AIと脳って、今は切っても切り離せないものがあると思うんです。ちょっとテーマがズレちゃうかもしれないんですけど、今よく言われるのがペットとシニア系で、(高齢者の方が)お一人になっちゃったりとか。

ペットセラピーのようなものが流行っていて、ペットがいると脳が安定したり、寂しさを感じないということがあると思うんですけど。この前、AIBOが出たじゃないですか。新しくて、20万とか。Pepperくんも今、だいたい20万とか。そういう人間じゃないAIを人間とか動物に似せた物で、本当に人って癒やされるのかなって。そういうの、ありなんですか?

菅原:なるほど、いい質問です。いや、僕はありだとは思います。それはぜんぜんいいというか。

小谷:お金を払う価値がある。

菅原:自分に親身になってくれるロボットの方が、意地悪をする人間よりもぜんぜん優しいんじゃないかな、と思いますけどね(笑)。

(会場笑)

小松田:裏がないですから。

小谷:シンプルにね。

菅原:そうそう、シンプルに。やっぱりコミュニケーションというのはすごく大事で、社会的孤立を感じている高齢者は認知症になるというデータがもう明らかに出ています。

小谷:書かれてましたし。