なくても生きていける臓器がある?

ハンク・グリーン氏:人間の体は驚くほど複雑な機械のようです。すべての臓器が連携しあって、スムーズに動いています。そのうちの1つでもなくなれば、全身が動かなくなると思うかもしれません。ところが、実際には臓器がないまま生きている人が世界には大勢いるのです。

例えば、臓器が病気や障害の原因になっているなら取り除いたほうがいいでしょう。しかも重要度の高い臓器、肝臓や肺であっても同じことが言えるのです。確かに人体は精密に調整された機械ですが、幸いなことに急激な変化にも適用できます。今回は、なくなっても生きていける臓器をいくつか紹介しましょう。

その1つは脳です。「そんなバカな」と思われるでしょうか。脳は他のどの臓器以上に、一部がなくなるだけでも大変なことになると感じるかもしれません。実際、脳は他のすべての臓器の基本的な部分を制御しています。

ですが、中には半球、つまり脳の半分だけで十分生活が送れている人もいるのです。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。