なぜカメムシはあんなにも臭いのか?

Why Do Stink Bugs Stink?

とんでもない悪臭を放つカメムシ。自宅にいるだけで嫌悪感を抱く人もいるのではないでしょうか。今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」は、カメムシが悪臭を放つ理由について解説します。

カメムシが悪臭を放つ理由

マイケル・アランダ氏:カメムシを潰す愚行を犯したことがある人なら、悪臭を放つ理由は当然ご存知でしょう。もしそんなことをしたことがないなら…しない方が得策ですよ。

悪臭を放つカメムシは、攻撃されたり、潰されたりすると、とんでもない臭いを放ちます。その力は身を守るために備わっているのですが、これがけっこう強烈です。

悪臭を放つ虫はさまざまな種類がありますが、みんなカメムシ科の虫たちです。なかでも、アジア原産のクサギカメムシは、どこにでもいる小さな虫ですが、世界中に生息しています。

その姿がはっきりとした台形型をしているため、「甲冑虫」という呼び方もされています。幅広の硬い甲を持ち、まるで捕食者や災害を防御している機甲師団かのようです。

とはいえ、彼らの最大の武器はその体ではなく、コリアンダーとスカンクを足して2で割ったようなとてつもない悪臭でしょう。

その強烈な悪臭は、酸素と二重結合し、水素と単一結合している中心炭素原子からなる、アルデヒド入りの液体から発せられています。アルデヒドの種類としては、組織を保存するために使われるホルムアルデヒドが知られています。

美術館や、生物学研究所の奥に行ったことがある人なら、この独特な悪臭に覚えがあるのではないでしょうか。普段あなたが使っている台所にも、アルデヒドの匂いは漂っています。コリアンダーもそうです。

悪臭を放つ要因であるアルデヒドは、胸部の下部、もしくは体の中心に位置する特殊な臭腺の中に入っています。

それは高濃度に濃縮されているので、ほんの少しでも、とてつもない悪臭を素早く放つのです。いくつかの研究結果から、アルデヒドには抗真菌性や抗菌性の特性があることがわかっています。アルデヒドは悪臭を放つ虫の身を守ることに一役買っているいます。

農作物にも危害を及ぼす

スカンクに噴射された経験のある人は、悪臭を作り出せるのは、よい防御方法だと思うでしょう。カメムシには天敵があまりいないことは頷けることでしょう。今やカメムシが世界中に広がる、とてつもない害虫となり得たのは、悪臭のおかげです。

カメムシは、リンゴやトウモロコシ、大豆などの貴重な農作物を含む、100種類以上もの農作物を食料とすることでも知られています。2010年の概算によると、アメリカ東部での農作物の損害は、リンゴだけで3700万ドルにも及びました。

ですので、カメムシの増殖を防ぐ手だてを探ることは、農業のカギを握ることです。

しかし、奴らは農家だけの悩みの種ではありません。寒くなると悪臭を放つ虫は、民家のような冬を越せる居心地の良い場所を探します。

そして、1匹が居心地の良い場所を見つけると、フェロモンを出して仲間を誘います。

カメムシは、あなたの鼻以外を害することはありません。だからと言って、家の中でくつろぎに来てほしくなかったら、窓や扉はしっかりと閉めておきましょう。

しかし、何をしようと家の中に入ってくる時は入ってきますので、そんな時は、悪臭を覚悟せず潰したりはしないように。

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

Published at

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?